「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重な勝ち点1



「いまできることをすべて出さないと勝てない」。広島との戦いに備えて久永辰徳はそう話していましたが、その言葉通り、現時点での力を出し切った試合だったと思います。俗に言う「いいサッカー」ではなかったかも知れません。しかし、1対1の局面での競り合いに表れていたように気迫溢れる試合でした。監督、スタッフ、選手の思い。サポーターの思い。そのすべてをぶつけて戦った1戦でした。ロスタイムの田中佑昌のスーパーゴールは、そうした気持ちが結実したゴールだったと思います。

 この日の狙いは「できるだけ長い時間帯を無失点でしのぐ」(リトバルスキー監督)こと。そのために準備した守り方を徹底し、事前のスカウティングをフルに生かした戦いでもありました。押し込まれる時間帯が多かったのは予め分かっていたこと。「高い位置からボールを奪いに行ったら、かわされて自分たちが振り回されるだけ。相手に回させているイメージでプレーできればいい」(中村北斗)。その通りの試合運び。先制点を奪われても崩れなかったのは、やるべきことが整理されていたからでしょう。

 もちろん問題点もありました。ひとつは中盤のスペースへ入り込んで前を向いたときの展開が遅く、チャンスの芽を広げられなかったこと。もうひとつは、前半に後方から駆け上がってくる槙野智章を捕まえることができなかったことです。前半、ゴールポストが防いでくれた2つのシュートは、その槙野の攻撃参加から生まれたものでした。それぞれの選手が持つ1対1の強さは広島相手にも通用することを示しましたが、余った選手をどう捕まえるかという点において、さらに今の守り方を進化させる必要があります。

 それと先制点につながったパスミス。マンマークを外してビルドアップするためにセットした瞬間のパスミスでしたが、あの場面で選択するプレーとしてはあまりにも不用意だったように思います。布部陽功が振り切られたことよりも、そういう状況を作ってしまったことに問題がありました。結果的に敗戦は免れましたが、普通ならばゲームを壊してしまうミス。これからも続く厳しい戦いに向けて絶対にやってはいけないプレーでした。

 さて、山形戦では相手の変化に対応できずに崩壊してしまったチーム。広島戦では、あの手、この手で攻撃を仕掛けてくる広島に最後まで喰らいついたチーム。どちらも同じ福岡。いまはC大阪戦から始めたシステムを自分たちのものにする過渡期なのでしょう。しかし、だからと言って悠長なことも言っていられません。その日の結果を確実にチームの進化に結び付け、とにかく勝ち点を取り続けなければなりません。負け、引き分けと来て、次節のC大阪戦は勝利が絶対条件。いい分析と、いい準備をして臨んでほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。