「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形戦をどう戦うか その2

ミニゲームで激しく競り合う選手たち

 熊本戦が明けてから2日間、福岡はフィジカルの回復に努め、2、3の確認を行ったほかは軽めのメニューで山形戦への準備を終えました。少しずつ手応えを感じつつある戦い方に選手たちは一様に明るい表情。それでいて、山形戦へ向けてのモチベーションはしっかりと上げてきているようです。「J1昇格がクラブの目標。それが難しい状況にならないように第2クールは結果を出さないといけない。全勝するつもりで、1試合、1試合大事に戦っていきたい」と中村北斗は力強く話してくれました。

「ホワイトボードでのシミュレーションと、実際のピッチの上では違いが出る。それを選手たちが早く感じ取って、監督の指示を頭に置いた上で臨機応変に戦わないといけない。内容も大事だし、自分が点も取りたいけれど、いま一番大事なのは勝つこと。どんな内容でもいいので4連勝したい。山形はチームとしてまとまっているし、うちにとって難しい試合になると思うが、負ける相手じゃない」と力強く話してくれたのは大久保哲哉。山形戦でも変わらぬ献身的な働きをしてくれるはずです。

 そして、「山形はチームとして動いているので、この前の熊本戦のようなわけにはいかない。自分としては交代出場のプレーにもなれたので、あとはアシストやゴールに絡みたい」とは鈴木惇。試合を重ねるごとに進歩の跡を見せ、まるで何年もトップチームにいるかのような落ち着いた様子でトレーニングに励み、海外遠征から戻って来た直後でも疲れを感じさせずにプレーする姿は、入団して間もない頃の中村北斗の姿にだぶります。

「点を取ります」と話したのは柳楽智和。「この前、そう言って北斗は点を取りましたからね」と笑顔を見せてリラックスした様子を感じさせてくれました。しかし、試合の話になれば自然と表情が引き締まっていきます。「相手の2トップの関係がいい。ゴール付近でプレーさせると怖い。左サイドからいアーリークロスが入ってくるので、そこにきちんと対応したい」。出場機会がないときも腐らずに我慢してトレーニングを積んで来たことで手に入れた今のポジション。その成果を山形戦でも見せてくれることでしょう。

 そんな選手たちを見ながら、リトバルスキー監督は話します。「山形戦は勝てば上位進出が見えてくる大事な試合。しかし、何も特別なことをする必要はない。今は相手の良さを消して勝っているし、選手たちも高いモチベーションを維持してくれている。一番大切なことは今までやってきたことを続けること。何も変えずにこのままの姿勢で戦いたい」。迎える大一番。監督、スタッフ、選手、そしてサポーターの力を総動員して最高の結果を掴みたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。