「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信と謙虚さ

ピッチの上で話し合い、細かな部分を詰めていく選手たち

 九州ダービー2連戦となる熊本戦に向けて、雁の巣球技場では念入りにトレーニングが続けられています。最も重点が置かれているのが布部陽功を最終ラインの後ろに残す布陣の成熟度を上げること。ゆっくりとしたパス回しからのビルドアップに加え、相手のパスコースの切り方、ボールを奪いに行くタイミングと場所、守から攻への切り替えの速さを上げるところまで、リトバルスキー監督が、ひとつ、ひとつのプレーを細かく指導しながらトレーニングが進められています。

「細かいところを詰めていっているところ。成熟しつつある感じがある」とは長野聡。連日行われているゲーム形式のトレーニングで目立つのは、ボールを奪われた後に素早くプレスをかけてボールを奪う意識と、そこからカウンターを仕掛ける意識の高さです。「奪われた後が一番危ないという意識がある。少しでも早く取り返したほうがいいし、攻撃面でもやることがはっきりしているので、奪い返してからのカウンターでチャンスを作ることが多くなっている」。5日の練習でも、何度かいい形を作り出していました。

 その一方で、「多少なりとも手応えを感じている」としながらも、課題を口にするのは久永辰徳。「ボールの奪い方や、プレッシャーのかけ方など、自分たちが仕掛けて奪いにいく部分が課題。ここ2試合は先制しているのでいいリズムで戦えているが、引いた相手に対して自分たちからボールを奪いに行かなければならなくなった時の、チームとしてのボールの奪い方を整理しないといけない」。守備が安定しつつある福岡ですが、状況に応じて臨機応変に戦うためには、更に進化していくことが求められています。

 そんなチームを最後方からコントロールするのが布部陽功。「いまだ、強く行け」「行き過ぎるな、そのままでいい」等々、練習形式のトレーニングでは大きな声で指示を送っています。「これから相手に研究される部分もあるし、自分たちの欲が出てくる部分もある。細かいところを詰めていかないと。負けてからやるのではなく、いまのうちに詰めておく必要がある。勝つことで自信が付き、みんなも非常に頑張っている。いまはこの状態を継続することが大事」。そう語る目はまだまだ満足していないことを物語っていました。

 新布陣で得た結果で取り戻しつつある自信。それでいて、まだまだ足りない部分が多いと客観的にとらえる謙虚さ。いまの福岡には、この二つが同居しています。それがチームの落ち着きと、集中力の高さ、90分間を緩むことなく戦える強さを生んでいます。その謙虚さと自信、そして現状を打破しようとする強い気持ちを持ち続ける限り、福岡は一歩ずつ階段を登っていってくれるのではないかと思います。

コメント

こんにちは。

明日の熊本戦は、KKウイングじゃないのが残念ですが、
伝統ある水前寺で、チームは完全に復活したんだという
ところを見たいですね。

反町さんへのアピールの意味も込めて、北斗のゴールも
見たいです!


それから・・・
アレックスのお兄ちゃんがテストに来てますが期待してしまいますね。
アレだけ似てると(笑)

>あび☆ さんへ

熊本戦は苦しい戦いになりましたが、北斗の素晴らしいゴールで試合の流れを引き寄せたように思います。気持のこもったいいゴールでした。五輪代表の最終メンバーが決まるのはこれからですが、北斗の頭の中は非常にクリーンに整理されているように思います。いろんなことで心を惑わされることなく、常に意識するのは目の前のプレーに全力を尽くすこと。口で言うのは簡単で、中々実行に移すことは難しいものですが、それを平然とやってのける北斗に強さを感じています。山形戦でも見せてくれると思います。

さてアレックスとアラン。本当によく似ています。動作から後ろ姿まで、何から何までそっくりです。しかし、私は2人を見分ける方法を見つけました。アレックスは表情が柔らかいけれど、アランは少ししまっています。10日に雁の巣クラブハウスにいたアレックスを一目で見抜き、その理由をアレックスに話すと、「そうそう、ブラジルでもそう言われていた」と言っていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。