「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味・冷やしそば ~NDソフトスタジアム山形

美味・冷やしそば。冷たいけれどコクのあるスープが絶品

 久しぶりに余裕のある毎日を過ごしているので、取り貯めていたスタジアムグルメの紹介をひとつ。画像はNDソフトスタジアム山形で食べた「冷やしそば」。冷たいそばにつけ汁をかけたものではなく、普通のそばの出汁が冷たいもので、いわゆる「ぶっかけ」と呼ばれるうどんやそばとは全くの別物。以前、山形へ言ったときも食べたのですが、そのときと値段は変わらず、しかし、内容がグレードアップ。今回もおいしくいただきました。

 なんといっても特徴はその出汁にあります。ざるそば等のつけ汁と違って薄い色をしていますが、それでいて、深いコクのあるしっかりとしした味に仕上がっています。尋ねてみると、出汁は、鶏がらと昆布、椎茸などから取ったもので、詳細は秘密とのことでした。具財の鶏肉は親鳥を使用しているそうですが、程よい噛み応えがシンプルなそばと冷たい出汁にマッチして美味。これで400円(500円だったかも)は食べなきゃ損です(笑)。キックオフ前には売切れてしまうので、スタジアムに到着したら真っ先に食べることをお勧めします。

山形と言えば米と牛。こちらは煮込みとおにぎりのセット
 さて、そばだけでは少々物足りなさを感じながら歩いていると、どこからともなく煮込みの匂いが。大の煮込み好きの私としては見過ごすわけには行きません。焼きおにぎりのセット(しょうゆ味と味噌味)と一緒に早速購入しました。煮込んだモツの味と、シンプルなおにぎりの組み合わせは最高。ぺロッと食べてしまいました。我ながらたいした食欲です。

 おにぎりといえば、昨年の6月に山形を訪れた際も、三川町のかつらぎ会の皆さんが、午前3:00から用意した「弁慶にぎり」という手作りおにぎりを食べましたが、具が何も入っていないシンプルなおにぎりにもかかわらず、お米の味だけで十分に満足できるのが、ここのおにぎり。今回食べたものは以前のそれには叶わないものでしたが、それでも十二分にお米のおいしさが味わえました。さすがは米どころ山形です。う~ん、山形恐るべし。

 さあ、これでお腹一杯。後はスタジアムで試合を見るだけと、記者席に戻ろうとした私の目に、あるものがとまりました。既にお腹は十分に膨れていたのですが、どうしても食べないわけにはいかない。そう思わせる一品でした。その正体は・・・

どんどん焼きの出来上がり。結構ボリュームがある。 

 山形ジャンクフードの決定版「どんどん焼き」です。長さは私の手のひらをゆうに上回り、太さも大きな口を開けてようやくかぶりつけるほどの太さ。かなりのボリュームです。作り方は以下の写真の通り。楕円形に伸ばした生地に魚肉ソーセージのスライスと、海苔を乗せ、程よく火が通ったところを1人前ずつ切り分けて、割り箸にクルクルと巻きつけて、上からしっかりと押さえて出来上がり。ソースか醤油をたっぷりと付けていただきます。福岡の縁日の屋台で見かける「箸巻き」と似た食べ物ですが、具はほとんど入っていません。

 ドンドン焼きのルーツは「もんじゃ焼き」。大正時代に東京の屋台で売るようになった際、おなじみのユルユルの生地では持ち帰りに不便だったため、固くする必要が生まれました。それが現在の「どんどん焼き」の始まりだそうです。もともとは、クレープ程の固さの生地の上に具を乗せた「即席お好み焼き」のようなもの。小さい頃、東京に住んでいたことがあるのですが、おばあちゃんがおやつ代わりに焼いてくれていたのを思い出します。関西の「一銭洋食」も、この流れの中から生まれたものだそうです。

「どんどん焼き」と呼ばれているのは、屋台で売り歩くときに太鼓をドンドンと鳴らしながら売り歩いたから。関東や、関西では平べったいままや、あるいは半分に折って売られていましたが、山形では、子供たちが持ちやすいようにと箸に巻いて売るようになったことから、現在の形になったと言われています。余談ですが、関西のお好み焼きは「一銭洋食」が発展したものとされていますが、ということはすべてのルーツは東京の「もんじゃ焼き」ということでしょうか。しかし、これには関西の方は黙っていないでしょうね。いつか、じっくりと調べてみたいテーマでもあります。

まず、生地をうすく広げて焼き始めて・・・ 割りばしにくるくると巻いていく。 ギャル曽根も食べた山形自慢(?)の「どんどん焼き」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。