「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての力をひとつに

すべての力を一つに

「まだ1回勝っただけ。喜ぶのは今日だけにして、明日からは次の鳥栖戦に向けて練習できるように準備したい」。仙台戦後のミックスゾーンで、そう話していた大久保哲哉。その言葉通り、雁ノ巣球技場では再び緊張感あふれる練習が続いています。連敗中の重苦しい雰囲気はなくなったとはいえ、チーム状況が厳しいことには変わりなく、また、自分たちのスタイルを確固たるものにできたわけでもありません。まだまだやらなければいけないことは山ほどあります。

「勝つことでチームの雰囲気は良くなるし、チームを良くするためには勝つしかない。けれど、勝利したからと言って忘れてはいけないこともあるし、やり続けなければいけないこともある。この前の試合も全然満足はしていない。チームは一辺には変われないし、もっと求めていかなければならない。試合の中で出た課題を練習で改善してこそ次の試合に臨める」。そう話す布部陽功が、最終ラインの後ろから指示を出しながら厳しい表情でボールを配る姿が印象的でした。

 もちろん、他の選手たちも危機感は同じです。紅白戦でのワンシーン。ルダンがロングボールを縦に蹴り込むと、「何で練習通りにやらないんだよ、ちゃんとやった通りにやれよ!」と叱責する大きな声が選手の中から起こりました。連敗は脱出したけれども、チームが抱える問題の多くは解決したわけではありません。たったワンプレーであっても、いい加減なことは許さない。とにかく、ひとつ、ひとつのプレーにこだわっていく。その積み重ねでしかチームは変われないということを誰もが認識しているようです。

 そして、監督も、スタッフも、選手たちも、自分を変えようと必死に戦っている姿が印象的です。大騒動の末に、現体制でリーグ戦を戦っていくことが決まりましたが、それは現状を容認するということを意味しているのではありません。誰もが求めているものは勝利の2文字だけ。ならば自分たちが変わる以外に手段はありません。自分たちが一つになって戦い、自分たちの力で現状を変えていく。そんな強い意志がピッチから感じられます。

 そんな気持ちを形に現したのが前節の仙台戦での勝利だったと言えます。いろんな問題がある中で「チームがやらなければいけないことは何か」ということを示してくれた試合でした。しかし、それだけでは勝ち続けられません。チームの力とは、フロント、クラブ職員、監督、現場スタッフ、選手、サポーター、メディア等々、チームにかかわる人たちの力の総和。難しい状況の中、それらの力をどうやってひとつにするか。いま、それが試されているのだと思います。

コメント

本日、雁ノ巣前の信号で少しだけ話しを
させて頂きました蜂です。
鳥栖にも快勝しようやく波にのってきましたね。
でもこれから夏場が正念場でしょう。
監督も信頼を取り戻すには更なる努力が必要だと思います。
あとフロントとも一体にならなければJ1昇格は無理だと思います。

>蜂 さんへ

今日は少しの間でしたが、お話をさせていただいてありがとうございました。
いまは危機感からチームが一つになっていますが、J1昇格に対する状況が厳しいことに変わりはなく、いつまでも選手たちの力だけでは勝ち続けることは難しいといえます。最終的には、フロント、現場、選手、サポーター、そしてメディア等々、福岡にかかわるすべての人たちが一つにならなければ昇格は難しいと私は考えています。
その中で選手はひとつの答えを出してくれたわけですから、次はリトバルスキー監督とフロントが答えを出す番だと思っています。そうすることで、本当の意味での一丸となったチームが出来上がるのだと私は思っています。
監督は勝ち続けることで信頼を取り戻すこと。そしてフロントは、サポーターに対するネガティブな考えを捨てて、正面から向き合ってほしいと思っています。誰もクラブやチームが憎いわけではありません。向き合うことで必ずいい方向が見つかると私は思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。