「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブの決断

前へ進む大きな力を与えること。それがフロントの仕事

 世間で言われている「3試合の結果」ということではなく、第1クールの結果、内容を見て、解任も致しかたなしと思っていましたが、すでに報道されている通り、クラブが出した結論は「リトバルスキー監督続投」というものでした。C大阪戦では多少なりとも手応えが感じられたとはいえ、課題は山積している中での続投という決断は、クラブを囲む様々な問題を総合判断しての結論だとしても、正直、意外な気持ちで受け止めています。

 この結果を受けて、布部陽功、そして久永辰徳は次のように話してくれました。

「ピッチの上で集中してやりたい。その一方で、同じ失敗を繰り返してきたということもあるので、しっかりと話したい。こういう状況だからこそ、ひとつにならなといけない。話し合うことが必要だと思う」(布部陽功)

「ここ数試合、選手が言い分けをしやすい状況にあった。自分はそれは好きではない。それがなくなったので、あとは昇格に向けてひとつ、ひとつクリアしたい。一番つらい思いをしているのはサポーター。彼らに対して、次のホームの試合で勝つのが僕たちの答え。勝利に執着して、ボールを追いかけて、今の流れをホームで変えたい」(久永辰徳)

 様々な状況の中での最終決断だったとはいえ、チーム状況が最悪の中、選手たちに監督の去就云々という余計なプレッシャーを背負わせ、さらに仙台との対戦も、その余波の中で戦わなければならないという状況を作ってしまったフロントの責任は重いと言えます。結論そのものはクラブの考えを優先するしかありませんが、どんな結論にせよ、もっと早く出せなかったのかという思いが消えません。優柔不断な対応が3試合を無駄にしてしまったと言っても過言ではありません。

 また、14試合を戦っての結果は本当の実力。同じ体制、同じやり方で進めば、同じ結果しか生まれません。今の状況は昨シーズンの東京Vに似ているとも言えなくはないですが、福岡にフッキはいません。続投にせよ、解任にせよ、「何か」を大きく変えない限りチーム状況が変わらないことは明らかで、それが出来なければ、チームはさらに泥沼に陥る危険性があります。そして残念ながら、今のチームには自らを大きく変革させる力はありません。

 その中で、この決断を正しいものにするためには、フロントが死に物狂いでチームを変革させる「何か」を起こさなければいけません。しかも、早急に、見える形で。シーズンの三分の一が終わった時点では、時間も、余裕も、説明している時間さえもない。しかも、チームは引き分けさえも許されない状況に置かれています。フロントに求められるのは、チームが迷うことなく力を発揮できる環境を作ること、チームが迷うことなく進めるように最大の後押しをすること、そして勝ち続ける力を与えること。すべてはフロントの態度と行動にかかっていると言えます。

コメント

典型的なダメな社会人の判断と行動です。ダメなのはわかっているけど、代わりはいないし・・・っていうか、本気でないから、誰もあいてにしない。だめな人間はとりあえず、結果はどうあれ、後、半年のりきれば、すべては終わる。サポカンは、いや、今後、だめならすぐ替えるとか、言ってごまかして、あとは、GM}にまかせて・・・、べつに、つぶれるわけないし、つぎの人が苦労すれば・・・・・でも、あびすぱがあればぃぃなんて・・・・・・・・・・・・・・・・・。所詮、その程度。いっそのこと、一度、なくなればよいのに。本当に必要ならば゜、また、甦るでしょう。

今始まった事じゃないですからね。
フロントが変らなければこのチームの未来はない。
大体、アビスパをどうしたいかまったくわからない。(七社会、行政)
BLUXの頃から応援してるんでホンと悲しくなります。

この社長さんの下で約2年。
松田監督から川勝監督へ
グラウシオがいたら何とかJ1に残っていたかもしれない。
その思いを応援席の僕らは持っていました。
そして今の監督に。
3試合の結果ではなく、
今のフロントになっての2年間をきちんと
振り返り、総括することなく、
現監督続投の決めた。
この人たちは何なんだろうと思います。
監督続投の結論を出したんならいい。
でもその中で、チームを支えるフロントとして、
どうだったのか。
このことをまず語るべきではないかと思います。
決してうまくはいっていない現在のチーム状況。
そのことに対してフロントとして
どうだったのか。
そんなことも語れない人がトップなのか。
とがっかりしました。

中倉さん こんばんは
正直このケースは、あるのではないかと思っていましたが事実知ってまだ信じられません。
昔からファンだったわけではなく、正直スタジアムに行って観戦を始めたのは2002年に就職して福岡に帰ってきてから。
どんぞこだったあのころよりは戦力的に今のほうがはるかに上、なのにこの結果・・・
まずこのクラブは、母体が曖昧というか柱がないでよね、福岡七社会が悪いわけではなくその七社会の舵取りがいないからこういう状況になているのではないかと感じます。
サッカーで言うとボランチということになりますか・・・
Jリーグの規定はわかりませんが、海外のリーグのように日本人以外がクラブオーナーになり根本から変えてしまわないと本当にこのチームはなくなってしまうのではないかと思います。
観客が集まらないこともホークスがあるからとかとんか理由つけてますが、浦和の近くには昔からライオンズがありましたし、すこしいけばヤクルト、巨人、ベイスターズとプロ野球チームがあります。
プロならばプロとしてやるべきことをやってほしいと感じます。
今でも忘れはしません2002年9月14日横浜FC戦を。なぜならば、母親の本命日なんです。
負けるたびにそのことを思い出してしまいます。
だから負けてほしくないんです、勝ってほしいんです。
チームが強くならないと人は集まりません。
アビスパ福岡というクラブは、七社会と福岡市の天下り先ではありません。もうすこしお金だけの支援でなく人的な支援をしてほしいと切に願います。

正直言って、今回のことで私たちサポーターの気持ちがバラバラになっているような気がします。このままではサポーターをやる気持ちになれない、もうやめてしまおうということになれば、いろんな意味でマイナスになるのは目に見えています。
とにかく、サポーターの気持ちを考えて動いてもらいたかったと思います。

監督が続投しようが、社長が超が付く素人だろうが、GMが名ばかりだろうが、フロントが能無しだろうが、アビスパ福岡が世間から笑いものにされようが、アビスパ福岡はJFLに降格すること無く、来シーズンもJのチームには違いない。

この騒動は、Jのチームを持ちたくて、全国の地域リーグで目指せJFL、目指せJを目標にしている人たちからすれば贅沢な悩みかも知れない。

もし、降格が有れば、来シーズンはJFL行きとなれば、、と思えば。
どれだけ、地域リーグ、JFLのチームが苦労してるか、こういうリーグが存在してることを知っていれば。
・・・この対応は無いと思う。

アビスパ福岡というチームに社長以下フロントは 愛 はあるのだろうか?

アビスパがJFLに落ち様が、九州リーグに降格し様が、俺は 福岡の人間 だから応援は止めない。

社長kyuリーグまで落ちることを想像したことありますか、またフロントにその覚悟はありますか。

近い将来J2にも降格が現実のもになってくる。
降格はしないから、何でも有りは無い!

こんにちは、
監督続投は結局、他に選択肢が無かった、と言う事でしょうか。内部に代行を出来る人材が居ないのが異常な事だと今回気付きました。これも一昨年頃から続いてる流れなんですね
クラブは組織を調整できず共存を恐れ切りやすい方を切ってきた結果でしょうか。
切ったと言うより大切なものを守る事が出来なかった気がします。
前回のサポカンは中倉さんとノブリュウさんが突っ込んだ意見を言ってくれて良かったと思います。今回は行け無いのが残念ですクラブは前回みたいに言い訳に終始するだけで無く自ら提案するくらいの準備をしてると期待したいのですが…。
また次回の更新を楽しみにしてます。

長居に行きました!

長居の駅から続くセレッソの旗、
ゴール裏に待ちかまえるサポーター
スタジアム全体のあの一体感!
正直負けたと思いました。

でも、選手達は、後半バテたのか押し上げが
今ひとつだっかけど
いい動きに見えました。結果は残念だったですけど。
鈴木もだいぶ溶け込んできたし、試合後に
ユニフォームをかぶって泣いていた。
試合にでたかっただろう吉田は一番に
サポーター席に来ました。
キャッチミスの神山は、必死に耐えていた。
なぎは、切れてたけど大久保が抑えてた。

私は、彼らを信じてあげたい!
と切に思いました。
フロント、経営陣、いろいろあるけど
それは、どこの会社も同じ、
もっとひどいかも(笑)

この逆境が、選手達に必ず糧となって
今後に生かされると思ってます。
今は、信じてあげたい、彼らがこの逆境を
はね返すことを、
明日からいよいよ第二幕!
相手は第一幕で初黒星をつけられた
仙台、相手にとって不足はない!





こんにちは。

3試合の結果をみて判断すると言っておきながら、
やっぱり決断できないフロントに呆れております。

GMは何しにアビスパに来たのでしょう?
社長は何故アビスパにいるのでしょう?

昨オフに大量解雇を断行し、監督が望む選手と入替え、
監督が望むコーチ陣も集めました。
チームに渇を入れ(当時はそう思うようにしました)監督の
希望に応えた田部GMに私は期待しました・・・
浅はかでした。

だからと言って今の成績やゲーム内容がフロントだけの責任とは
思いません。指揮を取る監督、それをピッチで表現する選手みんなの
責任です。特に選手には頼りないフロントを言い訳にしてほしくありません。

明日はまた試合があります。
サポーターが抗議の証としてレベスタに足を運ばなくなる事、
声援を送らなくなる事を恐れています。
サポならこれまで以上にチームを応援し(もちろんそれぞれのスタイルで)、
抗議やブーイングは、試合結果に係わらずゲーム後に行なって欲しいと思います。

せめてサポーターは(私もサポーターのつもりです)選手の味方でいたいですから。

支離滅裂な文章で申し訳ないです・・・

中倉です。

みなさん、コメントありがとうございました。
今日はサポカンの様子を気にしながら、豊田スタジアムでキリンカップの取材でした。どのような内容だったのでしょうか。そして、選手たちの手の届かないところで起こっていることで、選手たちが余計なものを背負って仙台戦を戦わないですむように願っています。勝てないことで辛い思いをするのは選手たち。少なくとも、試合に集中できる環境で戦わせてあげたいと思っています。

さて、皆さんが書き込んで下さったコメントは、どれもうなづけるものばかりで、非常に心を痛めています。ひとつ、ひとつのコメントにレスするのではなく、自分の思いを書くことで、皆さんへのレスにさせていただければと思います。ご了承いただければ幸いです。

私は99年から福岡を見るようになりましたが、ここまでを振り返ると、今回の件も含めて、全ては同じことの繰り返しのように見えます。フロントが変わっても、監督が変わっても、そして選手が変わっても、目の前で起こることはいつも同じです。個別の事情もあるのでしょうが、根本的な原因は個人にあるのではなく、クラブの構造上の問題にあると感じています。

誰が、いつ、どうやってこの問題にメスを入れるか。非常に困難で、難しい問題です。「プロなら、どうすればいいのか意見を言え」と言われてしまいそうですが、簡単に口に出来るような問題ではないと私は思っています。その態度について批判を受けても、私自身、何を言われても黙って耐えるしかありません。

繰り返される出来事に、それぞれの方が、それぞれの意見を持っていることも当然だと考えています。どの意見も否定する気持ちは全くありません。そういう状況の中で、私自身は、これからも変わらない姿勢でクラブと付き合っていくつもりでいます。そして、多くの人たちに、アビスパを「おらが町のクラブ」として愛して欲しいと思っています。なぜなら、どんなクラブであろうが彼らが福岡のクラブであることは間違いなく、そして私が福岡に住んでいるからです。

我慢のならないことも多くあります。こんなクラブを誇れるかという意見があることも承知しています。それでも、私はいつかは必ず変わってくれるときが来ると信じています。それが1年先なのか、2年先なのか、あるいはずっと先のことなのかは全く分かりません。けれど、歩き続ける限り、その日はやってくると思うからです。

もちろん、ただ待っているだけでは変わるわけもありませんから、私は私なりに、自分のできる方法で何かをしたいと思います。そして、わずかでもいいから、クラブの力になれればと思っています。その全てを皆さんに見せられるわけではありませんが、それが私がサラリーマン生活をやめて福岡にとどまることを決めた理由だからです。そのために私が何をしなければならないのか。それは、私自身のこれからの課題だと捉えています。

そして、どんな事情にかかわらず、チームは戦い続けなければなりません。明日も、明後日も、そしてずっと。ですから、選手たちをクラブの問題に巻き込みたくないというのが正直な感想です。私にはそんなことを出来る力はありませんが、福岡にかかわる、1人、1人の力が合わされば、それも可能になるんじゃないかと考えています。

同時に選手たちには、ゴタゴタを言い訳にして欲しくないとも思っています。過去、それを言い訳にしている選手を見てきました。根本の原因はクラブにあるとしても、それにしても情けなさ過ぎるぞという選手も見てきました。厳しいかも知れませんが、それはプロの態度として間違っていると言わざるを得ません。「選手たちが言い訳しやすい状況にあったが、僕はそういう環境は好きじゃない。もう決まったことなので何も言うことはない。クラブが決めたことに対して自分が100%やって初めて物が言える」。こう話した久永辰徳の言葉をしっかりと受け止めて欲しいと思います。

最後に、こうしたことも、クラブが具体的に変わった姿を見せることが大前提だということも付け加えておきたいと思います。毎日のビラ配りでもいい。ポスター張りでもいい。とにかく、何でもいいから、クラブの職員全員が「変わったな」と言われるようにならなければ、何も始まらないことを肝に銘じて欲しいと思っています。それがなければ、たとえ多くの人たちがクラブを支えようとしたとしても、その全ては無駄になってしまいます。

社長とGMと監督だけが批判されているのではありません。3人はクラブの代表として批判されているのであって、批判は3人を含めたクラブの職員全員に向けられたものです。それを理解しないのであれば、本当にクラブの未来はありません。まるで人ごとのように「社長も、GMも、監督も大変だな」と言う職員がいるのなら、その態度がクラブを悪くしていることを、しかと認識して欲しいと思います。

はじめまして。
社長、監督、GM三位一体でアビスパを潰しに来たとしか言い様がない。
もう、アビスパは駄目だと思うと悲しくなります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。