「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらぬ流れと手応え

C大阪戦での手ごたえを形にできるか

 過去4戦とは違って、落ち着いた、狙い通りのサッカーを展開していましたが、結果は敗戦。「(初ゴールも)全然嬉しくないです。今日は勝ち試合だったのに」と柳楽智和も厳しい表情で試合を振り返りました。この日はオールコートでマンマークするシステムで臨みましたが、それぞれが相手を自由にせず、C大阪の良さを消し、そしてパスを丁寧につないでC大阪のゴール前まで運んでいました。しかし、ひとつのミスが命取りになってしまいました。

 この日の福岡は、3枚のDFラインの後ろにスイーパーとして布部を置き、中盤を5人、前線は大久保哲哉の1トップという布陣。原則としてマークの受け渡しをせずに、相手に徹底的についていくという戦い方でした。この布陣がチームにひとつの道を示したように思います。過去2戦の3バックよりも個々の役割がさらにはっきりしたことで、ファーストディフェンダーが明確になり守備が安定。90分間にわたって落ち着いたゲームができたのは、そのためでした。

 そして、チームに一体感が感じられるようにもなりました。「自分たちが出来るというのを、またみんな感じたと思う。しっかりボールをつないで相手ゴールまで運べるというのが分かった」(布部陽功)。その要因は、守備において個々が自分の役割を責任を持って果たしたからでした。逆にいえば、チームが機能するためには、1人、1人が自らの責任を果たすということが欠かせないという当たり前のことを改めて知らされた試合だったとも言えます。

 一方で、C大阪との間に差を感じさせられる場面もありました。一番の違いは仕掛ける姿勢。ボールホルダーがまず仕掛けようとするC大阪と、ボールは回すものの肝心なところで仕掛けられない福岡との差は明確でした。そして、狙い通りに試合を進めながらも、結果的には2失点という事実は、やはり守備に問題を抱えていると言わざるを得ません。失点の直接的な要因は香川の突破と自らのミスでしたが、肝心なところで踏ん張れないという事実が今の福岡を物語っています。

 結論として流れを変えられたのかと問われれば「否」と答えるしかありません。この日のシステムも緊急避難的なもので長く続けられるものではないでしょうし、他にも解決しなければならない課題は山積しています。しかし、トンネルの出口の明かりが見えたという点では、ようやく手応えがつかめた試合でもありました。あとはひとつ、ひとつ積み重ねていくしかありません。14位という現実から目をそらさないこと、そして、この日のように個々の役割を責任を持って遂行すること。そこから始めるしかありません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。