「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない出口

080519_ニッパツ三ッ沢球技場

 長いトンネルの出口は、またも見つけられませんでした。選手たちは戦っていましたし、気持ちも表せるようにもなってきました。しかし、試合の内容が全く変わらないところに、迷い込んだ道の深さがあります。試合後の記者会見での都並敏史監督(横浜FC)の言葉にもあるように攻め込む時間帯もありましたが、ラストパスの精度の低さは相変わらず。足元へのパスが多く、連動しない攻撃も今までと同じ。そして、失点シーンも過去と同じことの繰り返しでした。

 いまさら指摘するまでもありませんが、特に守備の不安定さは致命的です。ここまでJ2ワーストタイの26失点。そのうち、福岡がどうしようもなかったのは仙台戦のPKと、熊本戦で高橋に喫した直接FKのゴールくらいのもの。他の24失点はミスから生まれたものか、点を取られるのが考えにくい状況から生まれたゴール。粘る気配さえ見せず、あまりにも淡白にゴールを割られています。そして、この日の2ゴールもそういうゴールでした。

 この1週間。チームは練習量を増やし、細かく、ハードに、トレーニングを積んできました。しかし、その成果は全く現れませんでした。過去、いい雰囲気の中でトレーニングを積んでも、その直後の試合では悪い内容で敗れることの多かった福岡ですが、その繰り返しでした。あれだけのトレーニングをして、話し合いをして、何故、その成果が全く感じられないのか。戦術でもない、気持でもない、福岡の本当の問題点は、ここにあるように思います。

 自分たちの問題点と改善の方向性は、みんな理解しているはずです。しかし、誰が、いつ、どこで、何をするのかを具体的に突き詰めているのか。納得できない部分を残しながら試合に臨んでいないか。それが非常に気になります。監督、スタッフ、選手それぞれが、個々の役割と責任を果たそうとしている。けれど、自分の役割と責任を具体的に説明させたら、それぞれの間に少しずつ差異がある。それが今の福岡のように思います。そこを徹底的に詰めない限り、事態が改善を見ることはありません。

 互いの意見を調整するために話し合うのではなく、自分の考えを包み隠さずにぶつけて、全員が納得する答えを見つけられるまで議論すること。やるべきことが定まったら、どんな事情があろうと、自分にも仲間にも、少しの妥協も許さないこと。それがプロとしての話し合いですし、チームに貢献することだと思います。この先、どんなことが待っていようと、いま自分が置かれている状況の下で最善を尽くすのがプロ。C大阪戦ではプロとしての姿勢を示してほしいと思っています。

コメント

球場でお見かけしたのですが、ちょうどお食事中だったようで、「後ほど…」と思っていたら、
次に振り向いた時には姿がありませんでした…。
一度、振り向いた時に手を振っておられたのですが、あれは私に気づいて頂いたから…?
ではないですよね?

試合のほうは…。
サイドチェンジは良く見られましたが、そこからの攻め方が一辺倒で、
何故もっとドリブル突破するとか、動いてボールをもらうとかしないんだろうかと、
感じる事は同じでした。。。
ナギが粘って、タレイがあげて、ジャンボが決めてくれた時は、
本当に嬉しくて飛び上がって喜んだのですけどね。
あの瞬間は最高でした。これをもっともっともっと選手と一緒に感じたいんです。
ジャンボの最後まで諦めないあの姿には、本当に心打たれるものがあります。
次も厳しい状況ですが、何とか“チーム一つ”になって闘ってほしいと切に願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

出口・・・
なかなか見えないですね。

しかし試合は続きます。
次節C大阪戦は、北斗もいない事により、これまでサブにまわっていた選手にも
出場のチャンスがあると思います。
チャンスを掴んだ選手は萎縮することなく、思いきったプレーをしてほしいです。


>ひとぽん さんへ

試合前の長居スタジアムから書き込んでいます。
食事中ということは、横浜メガドッグをほうばっていたときですね、お恥ずかしい(笑)。
おそらく、そのとき、ひとぽんさんのそばにアビスパのTシャツを着ていた4歳くらいの女の子がいたはずです。東京でいつもお世話になっているサッカー仲間のお子さんで、食事をしながら、その子に手を振っていたように思います。
今度見かけたら、食事中だろうが、なんだろうが、遠慮なく声をかけてください。

さて、おっしゃるとおり大久保は本当に献身的にプレーしいました。ああいう選手がいてくれることが、今の福岡の救いのような気がします。練習後も、試合後も、決して不平不満を漏らさず、ただ懸命プレーすることだけを考える姿勢には、いつも、こちらが元気付けられる思いです。あの頑張りが今日の試合で実を結ぶことを願っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ

その通りですね。
結局のところ、自分たちの手で出口を見つける以外に方法はありません。
ピッチに立った選手には、自分の実力と思いを精一杯ぶつけて欲しい。結果は、その後についてくるものです。苦しい今だからこそ、チャレンジする気持ちが必要だと思います。キックオフまで、あと40分。精一杯気持ちをためて、ホイッスルとともに爆発させて欲しいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。