「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しく、そして厳しく

頼もしい選手が帰ってきた

 14日、11:00過ぎから始まったゲーム形式の練習は合計6本にも及びました。フルコートを使った紅白戦から始まり、ピッチの長さを80メートル程度に短縮した9対9、そして最後はフィールドをフットサル程度にしてのミニゲーム。12:00までの予定のトレーニングが終わったのは13:00を過ぎてからでした。その狙いをリトバルスキー監督は「90分間集中力が維持できていない。それを修正するためにゲームと同じ状況下でトレーニングをするため」と話しました。

 激しい。ゲーム形式の練習はその一言でした。コーチングはもちろんのこと、ポジショニングのミスや、曖昧なの守り方に対しては激しい叱責の声が容赦なく飛びます。この日の最後になったミニゲームでは、けんか腰になって怒鳴り合うシーンも見られました。春のトレーニングキャンプでも見られた光景ですが、その時とは少し様子が違います。より厳しいというか、遠慮がないというか。トレーニングを終えても険しい表情のまま引き揚げる選手もいました。これはキャンプにはなかったことです。

「仲がいい=チームワークがとれている」ということではありません。チームとは、性格も、考え方も、特徴も違う選手の集合体。それぞれが異なった考えを持っていること自体は問題ではありません。必要なことは、チーム共通の目標を達成するために与えられた役割と責任を全員が理解すること。そして、その責任を果たすことにあります。誰かが責任を果たせなければチームの目標は達成できません。自分自身にはもちろん、仲間に対しても責任を果たすよう強く要求することも選手の責任と言えます。

 遠慮、会釈のない要求は、一時的な感情のぶつかり合いを招くかもしれません。しかし、そうすることでチームから妥協が消え、どこかでずれている役割や責任についての理解が明確になっていきます。励まし、慰めあうことで、どこか曖昧になっていたものが形をもって目の前に現れることにもなります。それがプロサッカーチームにとってのコミュニケーションの取り方。それが「勝利に向かってひとつになる」ということだと思います。福岡にとってはいい傾向。あとは、この厳しさを継続することです。

 そして、頼もしい選手が戻ってきました。久藤清一。左ハムストリング筋挫傷で戦列を離れていましたが、フルコートの紅白戦15分×2本ではレギュラー組のボランチとしてプレー。時折、厳しい表情で味方に指示を与えながらの30分間でした。「ボール感覚はまだまだ。まだミスが多い。もう少しやらないと」とは本人の弁。大事をとって、紅白戦が終わったところでトレーニングを上がりましたが、フィジカルコンディションは問題なく回復しているようです。早ければ、次節の横浜FC戦での復帰があるかも知れません。

コメント

記事を見る限りいい練習ができてるようですね。
しかし練習の成果を試合でだせなかった
チームです。
試合でいい結果になるよう必死に取り組んでほしいです。
あとは監督ですね。
選手の能力を存分に発揮できるように采配するのも監督の役目です。
でもいまだにそれができてないと感じます。
もう少し選手と対話しポジションなど確認して欲しいです。

>蜂 さんへ

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。昨年もそうでしたが、いい練習が必ずしも試合結果に結びつかないのがアビスパです。これはもう意識の問題としか言いようがありませんが、自分たちの力で結果を引き寄せてほしいものです。

また、細かな部分について曖昧なままというのも今のチームの印象ですね。
選手のレベルに合わせてもっと細かく指示する必要を監督には感じますし、曖昧だと分かっていながら、それを放置したままプレーする選手たちにもプロとしての物足りなさを感じます。練習方法などではかなり選手の意見が取り入れられていますが、なぜか、肝心な部分では曖昧になったままです。私は双方に問題があると強く感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。