「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津戦で見えた課題

勝利を目指した草津戦だったが・・・

 福岡が目指している戦い方のポイントは2つあります。ひとつは最終ラインを高くして中盤をコンパクトに保つこと。そしてもうひとつは、90分間を通して一貫した戦いを続けることです。先日のブログで少し触れましたが、私が気になっているのは後者の方。甲府、徳島、岐阜、そして山形の試合では同じようなパターンから、それまでのリズムが一転してピンチに追い込まれる傾向にありました。そして、草津戦でも同じ顔を見せてしまったように思います。

 守備戦術という点では、岐阜戦までと、それ以降には明確な差があります。最終ラインを上げることで中盤のスペースを消すようになってからは3試合で1失点。対戦相手の攻撃力の違いも考慮しなければいけませんが、相手のFWをオフサイドに仕掛けたり、ピンチの場面で体を張ってゴールを守るというプレーも見られるようになり、十分に効果が表れていると見ていいと思います。ただし、ゲームの進め方という点では課題は依然として残っているように思います。

 第10節までのうち、仙台戦を除く勝てなかった3試合で共通する傾向は、スコアが動くとチームのバランスが崩れ始めるということです。自分たちのゴールか、相手のゴールかにかかわらず、攻撃の選手は前がかりになり、守備の選手がラインを押し上げなくなり、間延びした中盤を相手に使われてしまいます。そして、縦に大きく蹴りだしたクリアが直接相手にわたり、そこから二次攻撃を受けて、時間の経過とともに状況がどんどん苦しくなるという試合を続けています。

 そして草津戦。スコアに関係なく同じやり方を続けることを確認して試合に臨んだのですが、後半に入ると福岡は戦い方を変えてしまいました。出てくる相手に対して攻め返そうとして前に出る前線と、守る意識が働いたのかラインを下げた守備陣。久永辰徳が奪ったゴールは守備から転じたもので、チームの狙いとする形でしたが、相手に合わせてバタバタと前へ出る攻撃陣と守る守備陣という図式は変わらず、同点に追いつかれたのは当然だったと言えます。

 前線にボールが納まらないという問題はありましたが、この日の前半は狙い通りのサッカーで主導権を握っていました。しかし、90分間を思い通りにプレーすることは不可能で、そういう時間帯には一度ゲームを落ち着かせることが必要です。それを試合前にチームとして確認していながら実戦の中で全員の意思統一ができなかった。それが草津戦でした。なぜ、ゲームを落ち着かせることができないのか。徹底して話し合い、徹底して具体的なトレーニングをする必要があると思います。戦術を整えても、その使い方を誤れば効果はありません。

コメント

リティになってからずっと同じ課題です。
まったく改善していない。
話し合いをしても無駄でしょう。

戦術?あったんですか?ドイツ人の監督ではダメなんですよ。ドイツ人の監督で昇格できると思う理由は何ですか?

いまのアビスパの戦い方を人間でいうと「テンパっている」状態というやつでしょうか。
テンパらないようにするにはどうすればいいか?ということなんでしょうが、現状から見るといまひとつその解決方法が見つからないという印象がありますね。

中倉さん、観戦お疲れ様です。私の周囲では変わりやすい天候のせいか体調を崩してしまう人が続出しております。どうかお風邪など召されることのありませぬよう。

「戦術」というのは難しいですね。チームに戦術があったとしてもチームが機能してるように見えなければ、無いのと一緒。逆にチームが結果を出していれば、あまり問題にもされなかったりもする。中倉さんは戦術とはどの様なものとお考えですか? そのうちブログの中ででも話題にしていただけたら嬉しいです☆

草津戦は残念でしたね。今のアビスパを見ていると「逆上がりが出来ない子」のようにも思えてきてしまいます。やりたいのだけど、出来ない。練習の仕方を変えたらいいのか、筋力に弱いところがあるのか、それとも心の何処かに弱さがあるからなのか。でも、やりたいことはちゃんとあるのに上手くいかないということは、人生にはよくあることだったり…(苦笑)。今のアビスパはそんな難しい状況にあって悪戦苦闘中なのかも…と思うと、私は余計に応援したくなる性格のようです。厳しく現実を見る目を忘れず、全ての戦う人たちへのリスペクトを忘れず、この先に何があるのか見守っていきたいです。甘い!と仰る方もいそうですが。

こんばんは。

草津戦、勝点3がほしいところでしたが残念でした。

今シーズンは戦術を180度変え、選手も大幅に入替えて
スタートしました。
チームとして力を発揮するには、1クールは必要になると
思っています。
ですが、そろそろチームとしての戦術を浸透させ、目指す
サッカーをやれていないといけない時期です。

他チームも必死で勝点を取りに来る訳ですからそう簡単には
勝ち続けられません。
特に今年のJ2はチーム力が拮抗している様ですし。
しかし、J1復帰を目標にするのなら、勝点を積上げていくしかありません。

明日からの湘南、熊本、広島の3戦はアビスパのスタイルを貫いて、
勝点3を積み上げていって欲しいですね。

スタイル

最近のゲームを見てると攻守のバランスが
いまいちのようですね。

素人(私)が「外からガチャガチャ」いってもしょうがないので、ここは監督を信じるしかありません。

監督(スタッフ全員)の立場になれば
「湘南戦はなんとしても勝点3」
がほしいはずです。

落ち着きのある「大人のプレー」福岡スタイルを期待してます。

初めまして、いつも拝見させて頂いております。

一部??の方たちは、負け始めるといつも監督のせいにしますが、練習で言われている事が
出来ないのは選手にも問題があるのでは??

自分は、このチームにしか居られないということ・後が無い事をもっと自覚して、
危機感を持って毎日を過ごして欲しいと思います。

会社員は、上司が変わってやり方がかわったからといって、上が悪いから出来ない!
なんて言うでしょうか?(内輪で言う事はよくありますが・・笑)

プロスポーツ選手も同じだと思います。
一流と言われる選手は、徹底した自己管理のもと、現監督の目指すサッカーの中で、
どう自分を生かすか日々考えていると聞いたことがあります。

シロウトの自分がホームゲームを観ていても、サッカーが好きでやっているのかな?
勝ちたいの?もっと声掛け合ったら?!と思うことが多々あります。

もっと、観ている側に「この人達は、本当に昇格したいんだ!」と思わせてくれる
試合をして欲しい!!

ダラダラ!まとまりの無い文章で申し訳ありません。
気持ちを文字にする事も本当に大変ですね・・・(汗)

取材、これからも頑張ってください。

とりまきもレベルが低いことがわかりました
それより
早く湘南戦のコメントをしてください。甘=アマのコメントを・・・・・・・・

甘いですか~(笑)

へちまさんは何時も熱くて元気な方なんですね。毎回コメントが面白いです! 御自身でブログでも運営されたら宜しいのに。私もへちまさん同様、現状には満足してないですし問題が山積していることも承知です。解決策があるなら知りたいです。ただ、それを見つけることも実行することも簡単でないと思ってます。だからこちらで中倉さんや皆さんのご意見ご感想を読ませていただいてるという部分もあります。それに自分と意見が違う人がいたとしても、それをレベルが低いと見下したり、自分が気に入らない人たちを一緒になって批判しない人たちを甘いと吐き捨てたりしたくないんですよ。
あと、「とりまき」というのは自分の利益のために金銭や権力のある人にすり寄って機嫌をとる人たちのことだと思ってました。もし間違ってましたら、ごめんなさい。

中倉です。
みなさん、コメントありがとうございました。
ネットをつなげる環境に長い間おらず、取材も重なり、さらに頭を整理するのに時間がかかり(汗)・・・。言い訳ばかりでコメントが遅くなってしまって申し訳ありません。いつものようにまとめてレスさせていただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
>蜂 さんへ

ご指摘の通り、ずっと変わらない課題ですね。
どうしたらいいのか、それぞれの意見があると思いますが、私は、まずは危機感をもって徹底的に詰めることが最初にやることではないかと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>へちま さんへ

どんなご意見を持たれても、私はそれを否定する気はありません。
ややもすれば、人間は流されてしまうものですが、皆さんからいただく様々な意見は、私が自分自身を見つめなおすきっかけにもなっていますし、自分の考えを改めて確認することにもなっています。きついご意見にはへこむこともありますし(汗)、温かいコメントに勇気をいただくこともあります。すべては私の力になっています。

ただし、人種で物事を決めつけるような発言は慎んでいただければと思います。よろしくお願いします。また、どんな監督、どんな選手であろうと、私はリーグ中に「昇格できる」と思ったこともありません。いつも考えているのは、「この体制で、どうやったら勝てるのか」ということだけです。それは今も、これからも変わりません。
--------------------------------------------------------------------------------
>ロボコン さんへ

ご指摘の通りだと思います。
湘南戦の戦いを見て、そんな思いを強くしています。いろんな状況を最悪にシュミレーションしてみても、私の想像しえないことが次々と起こります。私の見方が甘いということなのでしょうが・・・。
監督も、スタッフも、選手も、もっと原点を見直さないといけないのかもしれません。
--------------------------------------------------------------------------------
>関東者☆ さんへ

2日の18:00に夜行バスで博多を発ってから、4日の10:30に福岡に夜行バスで戻ってくるまで、試合を含めた4時間以外は車に揺られていました(汗)。こんな無理ができるのも体だけは頑丈にできているからですが、歳も歳なので気をつけたいと思います。ありがとうございます。

さて、「戦術」という言葉は頻繁に使われますが、確かに、それが、何をどう指すのかは漠然としていますね。おそらく、誰と話しても大まかなところではあっているのでしょうが、突き詰めて話していくと、その範疇も意味も微妙に違う部分が出てくるかもしれません。面白い問題ですので、一度、整理してみたいと思います。ちょっと考えてみます。

ところで、草津戦も残念でしたが、湘南戦後は言葉が出ませんでした。「厳しいな」というのが率直な感想です。内容にも大きな差を感じざるを得ない一戦でした。練習でやってきたこと、試合に臨むにあたって心がけてきたことが、試合になると発揮できない。試合後の選手たちの落ち込みようは、そうとうなものでした。

そうはいっても、結局は自分たちで解決する以外に方法はありません。この苦しい現実に、どれだけ正面から取り組めるかということだと思います。鳥栖戦の前の1週間の取り組みを見ていた者としては、あの頑張りをもう一度見せてほしいと願っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ

外国人3選手を欠く中、チームは勝点3を目指して湘南に乗り込みましたが、逆に厳しい状況になってしまいました。守備の形が見えてきたかと思ったところで、マークミスから大きく崩れ、そのあとは悪循環だったように思います。

練習でやっていること、したいことが、ひとつのミスでできなくなってしまうのは、自分や仲間を信じる力が足りないのかもしれません。しかし、その自信は勝つという結果によってしか得られません。納得がいかないことがあるのなら、それは練習中にとことんぶつけ、その上で、自分たちがやっていることを試合で表現してほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>新宮一刺会 さんへ

いま必要なのは勝点3。全員がその認識で臨んだ湘南戦でしたが、ひとつのミスで歯車が狂い、バランスの悪い戦いになってしまいました。鳥栖戦前と同じように、後がない状況になってしまいましたが、次の熊本戦でチームの意地というか、思いというか、それを見せてほしいと願っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>ぴちょんくん さんへ

初めまして。コメントありがとうございました。

チームとして戦っている以上、誰か1人だけに責任があるのではないというのが私の考えです。チームを統括する者としての責任はありますし、ピッチの上で戦っている選手にも責任がある。誰かの責任に特化するのではなく、監督、スタッフ、選手、そしてフロント、職員に至るまで、それぞれが自分の役割と責任を自覚し、全うすることでしか事態は打開できないと思っています。

もちろん、それぞれが必死で考え、必死で準備していると思います。ただし、それをピッチの上で表現できないのであれば、もっと厳しく、もっと激しく、自分に求めないといけないとも思います。まずは個人の責任を果たすこと。まずは、そこからがスタートだと思います。もちろん、監督、スタッフ、選手、フロント、職員全員がです。

「少なくとも、見ている人たちが、選手が頑張っている、チームとして一体感を持って戦っているという気持ちが感じられるゲームをしなければいけない」。徳島戦での敗戦のあと、吉田宗弘が言っていた言葉です。それを次の試合で見せてほしいものです。

中倉です

いろいろと考えているうちに、新たな書き込みをいただきました。行き違いになりましたが、改めてレスを書きたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>へちま さんへ

先ほども書きましたが、私はどんな意見も一度自分の中で咀嚼しています。それは、皆さんも同じだと思います。それに、今の状況認識は、ほとんどの人が同じではないかと私は思っています。「厳しい」「このままではいけない」と感じていると思いますし、満足もしていないと思います。それに対して、どう考えたらいいのか、どうしたらいいのか、皆さんが考えての発言にレベルの高い、低いはないと思っています。

物事は一つの側面だけではありませんから、その人の立ち位置や、見る角度によって、それこそ山ほどの意見があります。そして、そのどれもが意味のあるものだと私は思っています。現状を強く憂う「へちまさん」の思いも十分理解しているつもりです。でも、「へちまさん」と違う意見を持っている方たちも、同じく福岡が好きだし、福岡のことを考えての意見であることを、ご理解いただくようお願いします。

それに、コメントをいただく皆さんは、私と特別な関係にあるのではなく、私を中心にしたグループでもなく、それぞれの人にとってのサッカー仲間だと思っています。できましたら、それも、ご理解いただければと思います。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
>関東者☆ さんへ

コメントありがとうございました。
繰り返しになりますが、ここでの様々な皆さんのコメントは、どんな意見も私に勇気と力を与えてくれます。これからも、よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。