「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形戦の引き分けをどう見るか

遅ればせながら山形戦

 さて、遅ればせながら山形戦について。
「(試合内容からすれば)両チームにとって公平な結果だった」。リトバルスキー監督が厳しい表情で振り返ったとおり、互いに攻め手を欠く展開では勝点1を受け入れざるを得ない試合でした。細かな部分に違いがあるものの、まずは守りから入ってカウンターを狙う両チームだけに、こういう展開もあるかなという気もしていましたが、その予想が見事に的中することになってしまいました。

 勝点3を取れなかったことには残念な気持ちを抱いています。しかし、決して悲観しているわけでもありません。いま福岡がしなければならないのは、キャンプ中に取り組んでいた戦い方を思い出すこと、そして、それを真剣勝負の中で熟成させていくことだからです。キャンプ中の共通理解は「負けないサッカー」をすること。J1昇格のために割り切って結果を手に入れるサッカーをすること。その前提となる無失点試合を2試合連続で達成したことは、チームにとっては明るい兆しだと思います。

 第7節までに失った勝点は決して少なくはありません。特に、徳島、岐阜で失った勝点6は今でもチームにとっては大きな痛手とも言えるものです。もちろん、それを挽回する機会は十分に残されていますが、自らが崩れて失った勝点をすぐに取り返せるほど勝負の世界は甘くありません。この6を取り戻すためには、それ相応の努力と、時間と、我慢が必要。それは覚悟しなければなりません。ただ闇雲に取り戻しに行けば、間違いなく墓穴を掘ることになります。

 今は、挽回のチャンスが巡ってきたときに、そして、自らその機会を引き寄せるために、自分たちのスタイルを確立することを何よりも優先させる時期だと思います。その上で、チームが自信を取り戻すために成功を重ねていく必要があります。今の福岡にとって、それは相手を無失点に抑えて勝点を1以上取り続けていくことに他なりません。じれったく思えることもありますが、上位に離されない位置をキープしながら内容を高めていくことが、いまやるべきことだと思います。

 そういう意味ではチームとしては半歩、守備としては一歩前進したと言える試合だったように思います。もちろん、守備の課題が十分に整理されたわけではありませんが、出来ない部分は体を張って跳ね返すというシーンが山形戦では見られました。「無失点で抑える」という目標のために、やるべきことを実行し、それが上手くいかないのであれば、今できる最善の方法でカバーする。当たり前と言えば当たり前ですが、そういう姿勢が出てきたのはチームにとって収穫であったことは間違いありません。

 ただ、その守備面にもいくつか気になる点も。それは後ほど整理したいと思います。

コメント

中倉さんの仰る気になる点が今日の試合で露呈しなければ良いのですが・・・

お久しぶりです。
久々にコメントします。
今日の草津戦は、勝ちゲームをみすみす
引き分けにされてしまいましたね。

さすがにリティのサッカーがわからなくなって
きました。交代後の意識がバラバラでDFラインは下がり、FWは攻撃的にいってしまいましたよね。
幸か不幸か今年は混戦のJ2なんでまだ
まだ盛り返せるとは思いますが、年々各チーム
の戦力が拮抗していると思います。
ある意味どこにでもJ1へあがるチャンスがあると思います。
精神論は、あまり好きじゃないですが、あとは
選手・監督含めたコーチ、フロントが本当に
J1へあがるために強く願うことと各自の仕事を
まっとうすることだと思います。

>hyak さんへ

先ほどブログにも書きましたが、その気になる点が出てしまいました。
前半、草津に全くサッカーをやらせなかったにもかかわらず、落ち着きを失わない彼らの落ち着きぶりを見ていると、相手にも知られていると思ったほうがいいかもしれません。実際、草津には後半で勝負できると思っていた様な事を話す選手もいました。

単純に気持ちの問題ということだけではなく、フィジカルの問題、コーチングの問題等々、あらゆる角度から、どうしてそうなるのかを突き詰めなければいけません。
九州ダービーの勝利は、徹底した話し合いを持った上で、それを具体的な形に変えてトレーニングしたことにあるのであって、この問題も同じように、具体的な形で徹底して突き詰めてほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>東京住い さんへ

こちらこそ、ご無沙汰していました。
さて、おっしゃる通り、DFとFWの意思統一が図れていない試合でした。ブログにも書きましたが、その傾向が表れだしたのは後半の頭からで、記者席で「まずい、まずい」とつぶやいていましたが、その悪い予感と寸分たずわぬ試合展開になってしまいました。

「スコアが動いたから」「相手が攻めてきたから」と言ってやり方を変えるのではなく、90分間、同じサッカーをすること。そのために、相手の出方に合わせてバタバタと攻めに出るのではなく、そういう時間帯は一度ゲームを落ち着かせることを確認しての試合でした。そういう意味では、全員の共通理解はあったのでしょうが、それをやらなかった(やれなかった)理由は私にはちょっとわからない部分もあります。

しかし、チームが認識している「やるべきこと」と「やっていること」に違いがあるのは紛れもない事実ですから、そこを徹底して突き詰めてほしいと思っています。「誰が悪いのか」のではなく、「どうすればいいのか」を全員が徹底して突き詰めることですね。
東京住まいさんのご指摘の通り、それは選手・監督含めたコーチ、フロントが各自の仕事を全うすることに尽きます。

工夫はしていると思いますが、勝負の世界はやはり結果です。それぞれの部門が目に見える形で成功を示すことで支援の輪が広がりますし、クラブ体質、チーム体質が変わるのだと思います。結果にこだわる姿勢を見せてほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。