「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたゴリ

帰ってきたゴリ

 膝の故障のために、第5節の愛媛戦を最後に戦列から離れていた「ゴリ」こと神山竜一がピッチに帰ってきました。通常メニューに復帰したのは22日の練習から。まだ試合メンバーには加わっていませんが、以前と変わらぬ動きで藤川GKコーチからのシュートに飛びついています。「まだ少し気になりますけれど問題はないです。場所が膝だったので、しっかり治してからやればいいと思っていましたけれど、やっぱり復帰するのはうれしいですね」。笑顔で答えてくれました。

 チームが苦しい時に外から見るだけという悔しさを味わいましたが、今のチーム状態について次のように話してくれました。「九州ダービーに勝って勢いに乗れると思うので、この前のサッカーを続けてしっかりと戦えば問題なく勝てると思います。首位とは、まだ勝ち点4しか離れていないし、全然問題はありません。自分たちが、いかにしてきちんと勝ち点を伸ばせるかということだけです」。もちろん、その中で自分もピッチに立つつもりです。

 今シーズン、福岡は吉田宗弘をC大阪から獲得し、昨シーズン全試合にフル出場したGKが2人いるという強力な体制で臨んでいます。的確なコーチングが武器で、まるで哲学者のような空気を持つ吉田宗弘。恵まれた体格を生かし、1対1に絶対的な強さを発揮する神山。それぞれに違う持ち味を持つ2人のGKは、どちらが出場してもまったく遜色のない状態。第4節以降は吉田がゴールを守っていますが、再び激しいポジション争いが繰り広げられることになります。

 現在、正GKを務める吉田にポジションを渡すつもりがあるはずはありません。ストイックにサッカーに打ち込み、トレーニングだけではなく、ありとあらゆるものをサッカーに費やす吉田を追い抜くのは簡単なことではありません。しかし、その吉田との高いレベルでの競争が神山本人を大きくし、そして、チームの力を伸ばすことになります。「まずは、チームがしっかりと練習できることに貢献するところから入りたい」。もちろん、その言葉の先にはレギュラー獲得への強い思いがあることは間違いありません。

「神山は持っている能力は高いが、勢いで守るだけではなく、GKの基本と哲学に基づいたプレーを身につけないと成功しないし、代表には入れない。自分が教えている限りは代表に入ってもらうという気持ちでやっている。順調に伸びれば、野性味と安定感を兼ね備えた、今までのGKとはスケールの違う選手になるんじゃないか」(藤川GKコーチ)。吉田と切磋琢磨しながら、大きく羽ばたいてほしいものです。

コメント

六反がいる事も忘れないで下さい…

神山選手の復帰を聞き、安心しました。
けがの情報を知らなかったので・・
ゴリのFWに当たり負けしない体格で、センス抜群のゴリですが、あと課題はコーチング。吉田選手から勉強ですね。吉田選手は、試合中も常にDF,MFに甘いところに声かけてますからね。
六反選手も含め、頼もしいGK陣、切磋琢磨して失点を少なくしてほしいですね。熱い男、藤川コーチとともに!
明日は、山形戦!小林さんが率いておられるので、中倉さんも特別な思いがありますか?光平選手や、長谷川選手、内藤選手もいますし、
楽しみです。

そうだったんですねぇ

徳島戦の前の日から別メニューでした。顔色があまり良くなかったので心配してました。チームからの発表もなかったし 先日のTRMにも出てなくて…。もう大丈夫?でも無理は禁物!まだまだ先は長いのだから、しっかり直してくださいね。六反にも頑張って欲しいなぁ。良いお手本が二人も居るんですからねぇ。

中倉です。
本当にすいません。バタバタしていたとはいえ、あまりにもレスが遅れてしまいました。いつものようにまとめてレスさせていただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
># さんへ

将来が嘱望される選手ですから、熱い男・藤川GKコーチに徹底的にしごかれて、その才能をフルに発揮できるようになってほしいですね。私も期待しています。
--------------------------------------------------------------------------------
>北九州男 さんへ

吉田宗弘には経験から裏打ちされた長所があり、神山隆一には人にはない野性味がある。互いの特徴をぶつけ合って、お互いにサッカー選手として成長を続けてほしいものです。

山形戦は引き分けも受け入れざるを得ない結果でした。ともに守備に重心を置いているチームですから、ああいう展開も予想していなかったわけではなかったのですが・・・。福岡にとっての収穫は無失点で抑えたことだと思います。
特別な思いという言葉が適当かどうかわかりませんが、気になるチームではあります。場所が変わってもサッカーの世界にいる仲間同士ですから、それぞれの場所で成功してくれることを願っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>ルイのママ さんへ

そうですね。
昨年のシーズン前、神山がこう言っていました。
「GKは4人いるので、みんなで切磋琢磨し合って、それぞれのレベルを上げることがチームのためになる。試合に出るのは1人だけれど、4人で守っているというスタイルで臨みたい」
今年も、その思いで3人で頑張ってほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。