「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京へ向けての第一歩

目標に向かって突き進め

 中村北斗のU-23日本代表候補メンバー入り。福岡に朗報が届きました。午後17:00、U-23日本代表候補メンバー入り記者会見のために雁の巣球技場に戻ってきた中村北斗は、待ち構える報道陣から拍手を送られて「まだ早いでしょ」と照れくさそうに笑顔を浮かべた後、ぺコリと一礼。平静を装ってはいましたが、その仕草には、自分がいるべきところに戻れたことと、北京オリンピック代表に向けて一歩を踏み出したことに対する喜びがにじみ出ていました。

 誰もが複雑な心境で迎えた18日でした。一昨年の11月21日のU-21韓国代表との親善試合で負った右膝前十字靭帯損傷から本格復帰を果たしたはいえ、中村北斗本来の出来には遠いのは、本人はもちろん、誰もが感じていたこと。本来の自分に戻す目安を夏場に置く中村北斗に対し、日本サッカー協会は、18日の代表候補メンバー発表後は追加招集をしないとの方針を打ち出していたからです。雁の巣で取材をする報道陣が声高にオリンピックの話題を持ち出さなかったのは中村北斗の心中を察していたからでした。

 そんな時に届いた朗報。記者会見に合わせて在福のメディアが雁の巣に勢ぞろいしたのは仕事のためではありますが、誰もが彼のU-23代表候補への復帰を祝福したい気持ちで一杯でした。大怪我を負ってからここまで、少しの弱音も感じさせることなく、半月板損傷で再びリハビリ生活を強いられた時も周囲の喧噪に惑わさることなく、そしてコツコツと復帰を目指してトレーニングを積んできた1年と4か月。その姿を見てきた報道陣にとってもうれしい報告でした。

 記者会見では珍しく緊張気味の表情を浮かべながら、中村北斗は第一声を上げました。「自分の中には選ばれるかなという気持ちと、選ばれないかも知れないという気持ちが半々でしたが、久しぶりに代表に行けるんだなと本当にうれしく感じています。18歳の時に初めて代表に選ばれた時から、自分たちが最年長になる年に北京オリンピックがあるということは意識していました。自分にとって北京オリンピックはその時からの目標で、そこを目指して頑張ってきたので最終メンバーに残れるように頑張ってきます」。

「怪我をした時からずっと応援してくれていたことに対して、自分が代表に入ることや、チームで活躍することが一番の恩返しになると思っています。『福岡からオリンピックに行きたい』とずっと前から言っていましたが、それを本当に実現したいと思います」。そして、こう締めくくりました。「オリンピック代表に入るのと、入らないのでは、自分のサッカー人生は全然違うものになると思っているので、オリンピックには絶対に出たい」。

 最終メンバー入りにはさらに厳しい競争が待ち受けています。その競争に打ち勝って、北京の空の下で君が代を聞く中村北斗の姿を見たいと思っています。

コメント

希望の光

岐阜戦でゴールを決めた時 去年一年間ずーっと雁の巣で見てきた北斗の様子が(リハビリの日々)頭に浮かび涙が溢れました。去年の大量の戦力外通告をクラブが出した時 もうアビスパを応援するのは辞めようと思いました。でも「もう一度森のピッチに立つ北斗を見たい!代表のユニフォームを着せてやりたい!」そう思って応援続ける事にしました。まだキャンプに呼ばれただけですが、北斗自身にも私たちアビスパのサポにとっても「希望の光」が差して来ましたねぇ。

こんにちは。

北斗、第一段階突破ですね!
まずはスタートラインに着けたといったところでしょうか?

北斗自身は、自分のプレーに納得出来ていないようですが、
月曜からの合宿と、その後のリーグ戦では思いきったプレーで
アピールをして、最終メンバーに勝ち残ってほしいです。
そして夢を実現させて欲しい。
北斗の夢はアビサポの夢でもありますからね!


明日の鳥栖戦、きっちり勝って北斗を合宿に送り出せる様に、レベスタで応援します!

初米です。が毎回、レベスタに行く度に、PRESSのカードをぶら下げた中倉さんを見かけています。
中村北斗選手、ようやく候補ですが五輪代表に選ばれましたね。雁ノ巣でも、いつもさわやかにサインをもらえるので、ファンサービスという面でも良い選手だなと思ってみています。(アビスパの選手はみんなやさしいですけど)昨年のオフにどういう決断があったかわかりませんが、福岡の選手として五輪代表に復帰すると言ってくれたことに、とても嬉しく思っていました。
今回の選出に対して、報道陣からも、記者会見の場で、祝福する空気があることを知り、とても嬉しいです。こういった情報もこれからもよろしくお願いします。また、雁ノ巣の状況も教えていただきいつもありがとうございます。明日の鳥栖戦はこの勢いで良い試合をしてほしいですね。もちろん、応援行きます。佑介、柳楽、城後選手もこれがゴールではありませんから、代表目指して頑張ってほしいです。

やっと引越しの片付けも落ち着きました。
こちらに来てからは、以前にも増して、レポートを楽しみに拝見させて頂いてます。

非常に不安に思う今のアビスパですが、
北斗の代表候補選出のニュースは、すっごく嬉しかったです。
雁の巣で、一人別メニューでリハビリを続ける姿を見ていましたから。
そのひた向きに頑張る姿を見て、ますますファンになりました。

第一報を目にした時は、思わず「よしっ!」とガッツポーズしてしまいました(笑)
まだ今からも大変だとは思いますが、必ず最終メンバーに入れる事を願っています。

そして、いよいよ明日。
何が何でも「勝つ」しかないです!遠くの空から祈ってます。

中倉です。みなさん、コメントありがとうございました。

中村北斗のU-23代表候補トレーニングキャンプメンバー入りのニュースは、福岡に関わる人たちにとって本当にうれしいニュースでした。中村北斗にとっては、まだスタートラインですが、このまま北京まで走り抜いてほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>ルイのママ さんへ

厳しい状況に置かれている福岡にとって、まさしく「希望の光」ですね。
これまでも中村北斗のプレーやトレーニングに取り組む姿は、彼自身をレベルアップさせてきただけではなく、サポーターやチーム、そして我々メディアにさえも力を与えてくれました。今回も、彼とチームにとって前へ進む大きな原動力になればと思っています。そのためにも、鳥栖戦に勝利して送り出してあげたいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ

「以前は代表に行くのが自分の中では当たり前だったけれど、今度は久しぶり。以前の感覚が取り戻せれば、プレーも元に戻ると思う。自分の持ち味を見せることがアピールになると思うので、アピールすることを意識せずに精一杯やってきたい。それが結局はアピールになると思う」(中村北斗)。そして「(鳥栖戦に)負けたら代表合宿には行けないでしょ」とも言っていました。
仲間として、彼を堂々と代表合宿に送り出したいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
>北九州男 さんへ

初めまして。コメントありがとうございました。
年齢から言えば、中村北斗は私の過ごした人生の半分にも満たないのですが、彼の話や姿勢から学ばされることが、いつも多くあります。代表候補にとどまらず、必ず北京へ行き、そして、その先のフル代表まで上り詰めてほしいと願っています。
そして鳥栖戦には中村北斗に加えて、田中佑昌、柳楽智和、城後寿ら、将来が嘱望される若手選手もベンチ入りします。チームは難しい状況にありますが、若い力で、この状況を脱してほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>ひとぽん さんへ

お久しぶりです。新しい町での生活はいかがでしょうか?
私の父が製薬会社、私は元金融会社と転勤の多い職場にいた関係で、現在の私の住まいは19か所目(汗)。平均すると、1か所に2年8か月しかいなかった計算になります。改めて計算すると我ながらすごいなと(笑)。
慣れない大変さもありますが、新たな出会いと発見もあります。新しい場所での生活が素晴らしいものになることを願っています。

さて、20日は大事な、大事な1戦。
中村北斗のためにも、そしてチームのためにも、何が何でも勝利が必要です。気持の見える戦いと、気持ちの見える後押しで、今シーズンの流れを変える1戦にしたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。