「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビューほど楽しいものはない

練習を見つめる河島監督
練習を見つめる河島美絵選手兼任監督(写真左、福岡Jアンクラス)

 スポーツにかかわる仕事につきたいと思った大きな理由のひとつに、厳しい世界で生きていく選手たちの精神的な強さや、生きる信条のようなものに直接触れてみたいというのがありました。彼らの何気ない言葉の端々に感じられる人生の教訓みたいなものを直接聞いてみたいなと。50年近くも惰眠をむさぼってきた私とは違って、1日、1日が勝負のプロ選手の人生観は心を打たれるものばかり。本来ならお金を払っても聞けないような話を仕事として聞けるわけですから、こんないい仕事はないなと(笑)。

 そんなわけで、インタビュー取材というのは緊張もするし、一番の楽しみでもあるわけです。何度やってもドキドキします。現在では、ほとんどの取材対象者が自分より年下なのですが、大先輩と話しているような気持ちになるから不思議なものです。そのたびに、人生はただ長く生きていればいいというものではないなと思い知らされます。それにサッカーというスポーツは、いかに人を育てるのかということも強く実感します。

 ということで、先週末から今週にかけて4本のインタビュー取材をしてきました。福岡の城後寿選手。女子サッカーでは福岡Jアンクラスの河島美絵選手兼任監督。鳥栖の新居辰基選手。そして、新居選手のインタビューを終えた後、先方から気軽に声をかけてくださって、急遽インタビューに応えてくれた松本育夫監督の4人です。キャリアや、立場が違っても、それぞれの言葉は重みに溢れています。そんな言葉を聞いているとインタビューが終わる頃には必ずファンになってしまいます。一体、何人のファンになったんだろう(汗)。

 共通しているのは、大きな夢を持っていること、今の自分に満足していないこと、感謝の気持ちを持っていること、です。そして、自分を見つめなおす、いい1週間になりました。いい気になっていないか、仕事が雑になっていないか、仕事に追われていないか、問題意識は持っているか・・・。そして、いい仕事をするためには頭を休めることも仕事なんだと感じました。4人の皆さんに感謝。そして、よりよい仕事を目指して頑張らねばと思った1週間でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。