「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自ら仕掛けろ!

雨の中で激しく競り合う。岐阜戦は勝ち点3以外にない。

 中々暖かくならず、そして、練習見学者も取材に訪れるメディアもめっきり減ってしまった雁の巣球技場。思うように勝ち点を伸ばせないチーム状況も重なって、少しばかりさびしく感じています。しかし、周りの状況に惑わされずに、誰に何と言われようと、自分がやるべきことをやり続けることが何事においても大切なこと。自分の中から聞こえる声に頷きながら選手たちの動きを追っています。その気持ちは選手たちも同じ。徳島戦で味わった悔しさや、情けなさを跳ね返すべく、激しいトレーニングを続けています。

 9日はあいにくの雨模様でしたが、ウォーミングアップを終えた後は各ポジション別に分かれて、徳島戦で見えた課題と反省点を整理しながらのトレーニング。今シーズンは選手と一緒になってボールを蹴ることがなくなっていたリトバルスキー監督も、自らトレーニングの中に入って実践指導し、ボールを追う選手たちの表情には緊張感が浮かんでいました。悔しさと情けなさを次の相手にぶつけて勝利することでしか失ったものは取り返せない。そんな気持ちが滲み出るトレーニングでした。

「我々としては、自分たち自らが行動を起こすことが大事だと伝えた。相手が何かをやってくることに対応するのではなく、自分たちから仕掛けること。相手を受けてはいけない」。徳島戦の反省を踏まえて、そう話すリトバルスキー監督が重点を置いて取り組んでいるのは、中盤の連動性と運動量とスピードのアップ。自ら仕掛けることでスペースを作り、そのスペースを使って素早くボールを運ぶトレーニングを何度も繰り返していました。コンパクトな中盤を作り出すことで攻守において主導権を握ることが狙いです。

 さて、そんな中で迎える岐阜戦。吉田崇弘は次のように話します。「どのチームも昨シーズンとは変わっている。現在の順位が下位のチームだからとか、昨年の成績が自分たちよりも下だったからと言って勝ち点3が約束されている状況ではない。どことやっても簡単な試合はない。その中で、どうやって勝ち点を重ねていくかが大事。愛媛戦のような戦いができるポテンシャルはある。バタバタする必要はない。下を向かずに腰を据えて、自信を持って試合に臨みたい」。

 そして続けてくれました。「少なくとも、選手たちが頑張っている、チームとして一丸となって戦っているという気持ちが、見ている人たちに伝わるゲームをしなければいけない。その上で結果を得ることだと思う」。求められているのは中途半端な戦い方ではなく、福岡らしさを見せた上での勝利。自らの戦いを放棄して喫した敗戦を断ち切り、再びJ1復帰に向けての戦いに参戦するには、自らの手でそれを実践するしかありません。

コメント

こんばんは。

カイザーさんとこのサンドイッチもおいしいですが、
小瀬やポカスタにもおいしそうなパンがいっぱいですね。
今年は小瀬であと1試合あるので、なんとかして甲府に
行きたいと思いました。ちょうどアビスパの優勝が決まる
頃だと思いますし・・・(笑)

明日は岐阜戦。
アビスパのサッカーを展開して無失点で勝つ。
100点満点のゲームをしてほしいです。
それでも前節徳島戦の失態はチャラにはなりませんが、
次の鳥栖戦に勝つ為にも、内容と結果が伴ったゲームを
しないといけないですよね。


その為には、 自ら仕掛けろ! ですね!

>あび☆ さんへ

>ちょうどアビスパの優勝が決まる頃だと思いますし・・・(笑)

そうありたいですね。その時は「全開!さん」お勧めのキヨスクのカップワインでお祝いしたいものです(笑)。

さて岐阜戦。おっしゃる通り100点満点のサッカーを見たいですね。結果が何より重要であることは間違いありませんが、長いリーグ戦を考えたら、私は内容も求められる試合になると思っています。課題というものはいつの試合でも残るものですが、それでも、現時点で最高のサッカーを実現することが次へ向かうステップになるのだと考えていますし、それがなかったら、チームとしての戦い方が確立しつつある鳥栖との試合も厳しいものになると捉えています。

だからこそ、恐れずに仕掛けてほしい。さて、どんな試合をするのか楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。