「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHA-CHA HOUSE COFFEE

移動式カフェ「CHA-CHA HOUSE」。初めて来たのに懐かしいお店。

 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(長い・・・汗)のグルメスポットはメインスタンド正面玄関前に広がるフリースペース。定番の「焼き鳥」や「お好み焼」などの屋台をはじめ、様々な売店が並んでいます。開場後もチケット持参で再入場が可能なため、キックオフ寸前までスタジアムグルメを楽しむ人たちで賑わっています。ユニフォームの関係で、誰が徳島サポーターで、だれが福岡サポーターか見間違えそうになりますが、のどかな空気が漂う鳴門では、それも気になるほどではありません。

一番の売れ筋はこれ。ウインナー1本をクロワッサンで包んだもの。上に乗ったとろけるチーズも美味。
黒板にチョークで書かれた手作りメニューも、いい味を出している。
フローズンジュースのメニューも豊富。
 さて、その中で目を引くのが1967年式VWタイプで営業をしている移動カフェの「CHA-CHA HOUSE COFFEE」。アンティークな雰囲気と、ちょっと洒落た空気が気を引きます。いつ行ってもお客さんが長い列をつくっているのが気になって、この日は自分も列の中へ。車一台でこれだけのものがあるのかと思うほど豊富なメニューですが、車内の厨房の中で調理を担当する男性と、車の外で接客をこなす女性の2人が、次から次へとやって来ては注文をする我々を、いらいらさせることなくテキパキと接客してくれます。

 売れ筋は、ウインナー1本を丸ごと挟んだクロワッサンにチーズを乗せて軽く温めたもの。開店と同時にどんどん売れていきます。他にも、手造りサンドイッチや懐かしい揚げパン、さらにはビスケットやクッキーまで何でもあり。そんなに食べられるわけはないのに、どれにしようかと、ついつい目移りしてしまいます。飲み物も種類が豊富で、まるで街中のオープンカフェに来たような気にさせてくれます。その雰囲気がスタジアムの上に広がる青い空とマッチして、のんびりとした豊かな気持ちにさせてくれるのですが、その空気感が最高です。

 取材を終えてスタジアムから出てくると、まだ営業していたので、もう一度立ち寄って今度はクッキーをゲット。棒が刺さったその姿は、大きさも形もペロペロキャンディに(死語ですね・・・汗)そっくり。適度な硬さが口の中でホロリと崩れる瞬間がいい。上品な甘さと、トッピングのチョコレートの味が口いっぱいに広がります。ショッキングな試合を見て疲れていた心を、そっと癒してくれました。

 大きく広げられた緑色のパラソル。黒板にチョークで書かれたメニューとイラスト。そして、駄菓子屋を思い出させる陳列棚。接客をする女性の穏やかな笑顔が作り出す雰囲気。それらが、初めて来たのに懐かしい、そして、ホッとした気分にさせてくれるお店。食べ物や、飲み物が豊富でおいしいのはもちろんですが、この独特の雰囲気が、CHA-CHA HOUSE COFFEEの最大の魅力のように思います。

こちらは手作りサンドイッチ。 駄菓子屋の陳列棚のようなケースに入った揚げパンが懐かしさを誘う。 クッキー、ビスケットなどのお菓子も盛り沢山。
四国と言えば「讃岐うどん」。腰の強さが魅力。 ファーストチョイスは「かま玉」。卵を絡めただけのシンプルな味が魅力。

 さて、四国と聞いて食べずに帰れないのは「讃岐うどん」。正確には香川県内で食されているのが讃岐うどんなのですが、まあ細かいことは気にしないことにして(汗)、スタジアム内にあった讃岐うどんのスタンドへ。汁物のうどんも捨てがたかったのですが、やはり、うどん本来の味を楽しむために、「かま玉(350円)」をチョイス。暖かいうどんに生卵を絡めて醤油を少々。そして、薬味に葱と生姜を少し加えて一気に喉に送り込みます。

 う~ん、旨い。卵の甘味とうどんの淡白な味が絡み合う素朴な味。「Simple is best」とは、まさにこのことです。そして、ブラブラと歩いていると、正面ゲートを挟んで反対側にも讃岐うどんを発見(写真下)。ここは当然食べ比べないわけにはいきません。こちらでは「ぶっかけ(350円)」をチョイス。「讃岐ではうどんは飲み物だ」という格言(?)にならって、一気にそそります。味も食感も違ううどんでしたが、こちらも十分に楽しめました。どちらが旨いかは好み次第。腰の強さでは最初の店の方が強かったようです。

麺競争はスタジアムでも。食べ比べないわけにはいかない。 麺本来の味を確かめるべく、こちらでは「ぶっかけ」を食べました。

 もちろん、CAFEや讃岐うどん以外にも屋台がずらり。焼き鳥、焼きそば、たこやきなどのいつもの味や、タイ焼も楽しめます。スタジアムによってはコンコース内にお店が集中しているところもありますが、やはり、屋台街は外に並んでいる方が楽しい。青空の下で、これから始まる試合について、あれや、これやとサッカー談議に花を咲かせるのもサッカー観戦の魅力のひとつ。私にとってはスタジアム通いは仕事ではありますが、今回も存分にスタジアムの雰囲気を楽しんできました。

定番の屋台もたくさん。焼き鳥、焼きそばなど、いつもの味も楽しめる。 それにしても、焼き鳥はどこで見ても食欲をそそられる。 こちらも定番の「たこやき」。だんだんと丸く膨らんでくる様子が楽しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。