「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗れるべくして敗れた徳島戦

この2時間後、スタジアムは歓声に包まれた

「力のある湘南、福岡に勝てばサポーターにも喜んでもらえるし、チームとして自信にもなる。自分の中では、今後を見据えた中での大一番になると思っていた」(美濃部監督)。その徳島が用意した戦い方は、リトリートした体制から福岡のロングボール、クロスボールをしっかりと跳ね返して、拾ったセカンドボールをシンプルにドゥンビアに預けてスピードでかき回すというもの。その徹底した戦術に福岡は見事にはまってしまいました。

 もちろん、徳島の出方は事前に十分に予想されていたもので、「ドゥンビアにスペースを与えないようにすること。そのためには彼へのマークも大切だが、そこへ行くパスを狙ってインターセプトすること」(リトバルスキー監督)が、この日の福岡の狙いでした。そのために、中盤をコンパクトに保って相手の中盤にプレッシャーをかけること、いわば、愛媛戦と同じ戦いをすることを確認していました。しかし、それは90分間を通して一度も見られませんでした。

 立ち上がりから運動量もスピードも上がらず、中盤でプレスに行くこともない。前に出ようとする前線と、ドゥンビアを怖がって下がる最終ライン。そして、相手が待ち構えるところへロングボールを蹴っては、それを跳ね返され、間延びした中盤にこぼれるボールをことごとく拾われて、徳島の攻撃にさらされるパターンを繰り返しました。ボールホルダーに対してプレスをかけなければ自在に蹴られるのも当たり前。ドゥンビアの走るコースを開けたままで待ち構えていたのでは止められるわけもありませんでした。

 また、失点シーンは昨シーズンのパターンの繰り返し。あれだけノーマークでシュートを打たれてしまっては吉田宗弘にはノーチャンスでした。中盤を活性化するために途中から出場した田中佑昌は運動量も仕掛ける姿勢も足りず、懸命にボールを追う姿勢は見せた城後寿もチームにフィットしないままでした。「こういう戦いをしていては負けてしまう」(久藤清一)。結果云々を語る前に、やるべきことを何一つやらなければ試合にすらなりません。技術・戦術以前の問題。番狂わせでも何でもなく、負けるべくして負けた試合でした。

 経験のあるベテランが加わり、言いたいことを言いあえるようになったチームには、ゲームの流れを読み、要所を抑える力が着いたと思っていました。ところが、連携もなければ、修正する姿勢も見せず、ただ同じことを90分間繰り返しての敗戦。それは、ズルズルとJ1昇格レースから脱落していった昨シーズンの戦いと同じものでした。まだ先が長いことが唯一の救いですが、これを単なるひとつの敗戦と捉えたら取り返しのつかない事態を招きます。次の試合にチームの姿勢が問われることになりました。

コメント

こんにちは。

四国横断取材旅行、お疲れ様でした。

徳島戦、完敗でした。残念です。
素人の私がこの様な場で戦術や選手起用云々を言うのは
おこがましいのですが、今回の敗戦はスカウティングミスも
あったのではないでしょうか?
ドゥンビアという速くて身体能力が高い選手には、マンマークに
強い柳楽起用という選択肢もあった様に思います。 もしくは亨。

今年は守備重視の筈なのに、これまで無失点は1試合。
ましてや今節の3失点は問題です。

なんとか立て直して、次のレベスタ・岐阜戦では快勝してほしいものです。

こんばんは。いつも試合後は拝見させていただいてます。

あび☆ #- さんと同じ意見です。

守備重視と言ってたわりには失点が多すぎるようですね。

勝利した後、同じ戦法が次の相手に通じるとは思いません。しっかり相手の弱点を分析して虚をつく戦法を考えてほしいと思います。

素人考えで大変申し訳ございません。


中倉です。
あび☆ さん、新宮一刺会 さん、コメントありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ
上位3チームと4位以下のチームの戦績を見ても明らかですが、やはり負けないことが何よりも大事。そのためには守備のあんていは欠かせません。そういう意味ではチームが目指す方向は間違いないのですが、どうにも結果が付いてきません。ポテンシャルは充分にあると思っていますが、結果を見る限り、あと少しの強さが欠けているように思えます。
試合全体は支配出来ても、どうしても勝負所で後手を踏んでいるように思います。それが今のチームの弱さ。それを払拭して岐阜戦では内容も結果も手に入れ欲しいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
>新宮一刺会 さんへ
コメントありがとうございます。
確かに守備が中々安定しませんね。守備そのものに問題があるというよりも、勝負どころでの踏ん張りや、集中力の問題のように思います。ドゥンビアについては1対1を仕掛けられたところで結果が決まったように思います。相手は1対1を仕掛けたかったわけですから、それをさせないように、中盤の主導権を握ってフリーの状態でドゥンビアにボールが渡らないようにすることを徹底しなければいけなかったように思います。
この反省を岐阜戦で、しっかりと生かしてほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。