「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のJ2

さて、今年のJ2はどんな展開を見せるのか

 せっせと開幕からの35試合のビデオチェックをしていますが、なかなかリアルタイムに追いつきません。予定では今日中に全35試合のチェックが終わるはずだったのですが、原稿があったり、突然の野暮用ができたり、飲み会のお誘いがあったり、それに花見もしたいし(汗)・・・。そんなわけで、DVDレコーダーと格闘する毎日が続いています。予定では来週の中頃にはリアルタイムに追いつく予定。でも予定は未定であって決定ではないし・・・。いやいや、必ず現実に追いつきます(汗)。

 さて、どこが勝つのか最後まで分からないというJ2の傾向は今年も同じ。それどころか、例年以上に混戦になりそうな気配が漂っています。この傾向は毎年感じていることではありますが、その混戦ぶりは年を重ねるごとに激しくなっているようにも思います。99年にJ2が開幕した時には、上位チームにとっては計算できるカードが数多く存在していたのですが、現在では地力の差はありつつも、星勘定ができるチームは全く存在しなくなりました。

 その中で、今シーズンは新たな傾向が見られるように思います。最大の変化は引いて守るチームが、ほとんどいなくなったということ。徳島、水戸、草津、愛媛と、昨年度は下位に甘んじたチームも、今年はパスをつないでビルドアップするアグレッシブなサッカーを展開するチームに変わっています。しかも、前に出る力とレベルは、上位チームにかなり近づいている印象があります。守備面や、メンタル面に課題も抱えてはいますが、それでも、上位チームにとっては侮れないチームが増えたように思います。

 チームとしての強さを感じるのは広島。個人の能力で抜けているのはシーズン前から知られていたことですが、守備意識を高くして徹底的に勝ちにこだわっている姿勢が、現段階では際立った強さを発揮することにつながっています。そして横浜FC。やや引いた布陣を敷いて人数をかけて守りを固め、ボールを奪ったらアンデルソンに預けて攻撃を任せるというスタイルは、昨年までのJ2スタンダード。J2全体のスタイルが変わる中で、その戦い方がどんな結果を残すのか。非常に興味深いところです。

 最も警戒すべきは鳥栖。おごることもなく、そして卑下することもなく、自分たちの力を客観的、かつ正確に把握するチームは、足りないものをカバーし、そして強みを発揮するために、自分たちがいつ、どこで、何をすればいいのかを本当によく知っています。松本前監督(現GM)、岸野監督が二人三脚で指導して3年目を迎えるチームは、ひとつも、ふたつも戦うレベルを上げているように思います。

 今までとは違った形でデッドヒートを繰り広げそうなJ2の2008年シーズン。ここまでを見る限り、サッカーファンにとっては、たまらなく面白いシーズンになりそうな予感がします。

コメント

いつもありがとうございます。

こんにちは。
宮崎です。
昨日も大変お世話になりました。
色々な話が聞けて大変貴重な時間でした。
まだまだ序盤でこれから先何が起こるか判りませんが、自分に出来る事は、選手・クラブを信じて最後まで応援することですんで、12月まで声を出し続けたいと思います。
年末祝杯をご一緒出来ればと思います。

こんにちは。

VTRチェック。。。
今後はなでしこリーグも始まりますし、益々大変になりますね・・・
お体にはくれぐれもお気を付け下さい。


さて、今年のJ2は昇格組みの熊本や岐阜が頑張っている事もあり、
優勝・昇格争いはどのチームにもチャンスがあるように感じます。

大混戦のリーグ戦を終えた時、最後に笑っているのはアビスパだと
信じています。

優勝してJ1に復帰してほしいものですね。

中倉です。
こちらも申し訳ありませんが、まとめてレスさせてください。
--------------------------------------------------------------------------------
>ぼっち さんへ
こちらこそ、声をかけてくださってありがとうございました。
サッカー仲間とサッカー談議に花を咲かせることほど楽しいことはありません。また、見かけたらいつでもお声をかけてください。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ
「貧乏暇なし」という例えがあるように、忙しいのには慣れています(汗)。それに、多くの方たちに支えてもらって、好きなサッカーを見て、語ることを職業にしているのですから本当に幸せ者だと思っています。多少のことでへこたれていたらバチが当たるというものです(笑)。アンクラスも、もちろん行きます。なんとかホームゲームだけでも全試合取材したいと思っています。

アビスパも徳島に敗れてしまいましたが、本当に混戦だと思います。徳島戦でも感じましたが、攻撃力という点では、どのチームも差はないように感じています。差があるのは守備力と、勝利へのこだわりしかないと思っています。徳島戦についてはブログで厳しいことを書きましたが、それを受け止めて、また新たな気持ちで岐阜戦からスタートしてほしいと思っています。それが最後に笑うために必要なことだと感じています。

年末には気持ちよくJ1復帰を祝えることを願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。