「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは自分たちのサッカーを貫くこと

クレアコーチの厳しいフィジカルトレはシーズン中も続く

 月曜日は完全休養。火曜日も愛媛戦で長い時間帯をプレーした選手たちは連休と、まずはコンディション調整を中心に考えたメニューをこなした福岡は、水曜日は一部の体調不良の選手を除いて再集合。紅白戦、セットプレー、そしてフィジカルの強化と徳島戦に向けてのトレーニングを開始しました。チームは確実にいい方向へ向かって進んでいますが、それを結果につなげることが何よりも大事。次節の徳島戦も目指す無失点試合で勝ち点3を積み重ねることが求められています。

 さて、開幕から4試合を終えて勝ち星がなかった徳島でしたが、前節は昇格候補に挙げられている湘南に逆転勝ち。アウェーでの戦いながら、90分間に渡ってアグレッシブな姿勢を見せた戦いぶりが印象的でした。開幕以来、中々ゴールが生まれませんでしたが、第4節ではFWドゥンビアがチームの今シーズン初ゴールをゲット。前節はFW阿部祐太郎のゴールをはじめ3ゴールを決めており、チームの調子は上向き。怪我で出遅れていた片岡功二も完全復帰を果たし、ようやく戦える戦力が整ってきたようです。

 基本布陣は4-4-2。ターゲットマンは阿部。その周りをスピードのあるドゥンビアが走り回り、この2人を玉乃淳、片岡が中へ絞ってフォローし、サイドに開けたスペースを両SBが駆け上がります。ボランチの位置から攻撃を作るのは六車拓也。そして米田兼一郎がバランスを整えます。発展途上のチームは守勢に回った時に弱さを感じさせますが、前に出る時の力は上位陣に引けを取りません。弱みをカバーすることよりも、その強みを最大限に生かして積極的に仕掛けることで勝利を得たのが前節の湘南戦でした。

 福岡が警戒すべきはドゥンビア。その縦に抜けるスピードは圧巻。1対1の局面をテクニックで抜け出すタイプではありませんが、スピード勝負なら、どんな相手も置き去りにします。ドゥンビアへのパスを寸断すること、そしてスペースを与えないことが最大のポイントになると思います。そして高さが武器の阿部と、高いテクニックを擁する玉乃も要注意。高さには負けていない福岡の最終ラインと、中盤のバランスを取る久藤清一との駆け引きも、この試合の注目のひとつです。

 しかし、それ以上に大切なことは自分たちのサッカーを貫けるかどうかということ。積極的に仕掛けてくるチームが多くなったJ2では簡単に勝てる相手はなく、受けてしまっては足元をすくわれます。「徳島を意識しすぎるのではなく、まずは自分たちのサッカーを90分間やれるかどうかに集中したい」と久永辰徳も話します。仙台戦ではゲームへの入り方が悪く、甲府戦では終盤に崩れるなど、アウェーの2連戦では全体ではゲームを支配したものの課題も見せた福岡。今度はきっちりと自分たちのサッカーをしたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。