「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛戦のMVP

愛媛戦のMVPは、この2人

 レベルファイブスタジアムで行われた愛媛戦は、雨による影響は思った以上に大きく、チャンスをミスで逃し続けるという欲求不満が募る立ち上がりでしたが、終わってみれば2-0。大久保の先制ゴールの後は危なげない戦いぶりで、特に後半は愛媛に全くサッカーをさせない完勝でした。オーストラリア3人組の揃い踏み。好調を維持する大久保の2試合連続ゴール。グリフィスの来日初ゴール。そして今シーズン初の完封勝利。最後はゲーム感覚を失わないために黒部光昭、布部陽功、中村北斗を投入する余裕を見せるなど、福岡にとってはいい形で終われた試合でした。

 さて、ゲームレポートはJ's GOALを見ていただくとして、この試合の中で際立った活躍を見せた選手が2人いました。1人は2試合連続ゴールを挙げた大久保哲哉。ゲームの流れを大きく引き寄せる先制ゴールを奪ったことはもちろん、バイタルエリアに巧みにポジションをとり、そこへボールを受けて攻撃の起点を作ることでチームに落ち着きを与えてくれました。バイタルエリアで受けた後にスペースに流れて、そして最後はゴール前に現われてシュートを狙うのがスタイル。その通りの仕事ぶりでした。

 熱いレベスタに最も似合う選手でもあります。ホーム開幕戦後には「バックスタンドが埋まっていてテンションが上がりました。ピッチとスタンドが近いので、声や拍手、ため息なんかが、あちこちから聞こえてくる。こういうスタジアムは少ないけれど、とても雰囲気が良かった」と、すっかりレベスタを気に入っていた様子。この日もテンションは上がりっぱなしだったようです。「次はサポーターが待つ側でゴールを決めます」と話してくれました。

 そして、もう1人は何と言っても久藤清一。信じられないほどの運動量で中盤のスペースを埋め、セカンドボールを拾い、要所を押さえた守備で相手からボールを奪い取り、そして、センスあふれるパスを配り続ける。その獅子奮迅の活躍ぶりは、ただ、ただ、見事としか言いようがありません。タレイのプレーが生きるのも久藤がいればこそ。リトバルスキー監督は、この日の勝因を「MFのハードワークに尽きる」と話しましたが、その中心としてチームを引っ張ったのは久藤でした。

 ヤマハ(JFL)時代を含めて18年目のシーズン。アジアクラブ選手権優勝から、J2でのプレーまで、日本のプロサッカーシーンの全てを経験している貴重な選手。嬉しい思いも、悔しい思いも数え切れないほど抱えているはずです。今シーズンは、そんな思いの全てをピッチで表現しようとしているかのように見えます。そして、何かをピッチの上に残したいという強い思いがプレーのひとつ、ひとつから伝わってきます。いま最も感動を与えてくれる選手。それが久藤清一。これからも素晴らしいプレーを見せ続けてくれることでしょう。

コメント

凄かったです

こんにちは。
ぼっち=宮崎です。
昨日は全員で取った勝利ですが、その中でもひと際輝きを放ったのは「久藤選手」でした。
出来過ぎで恐い位でした。(笑)
凄かったです。

しかし、昨日のサブメンバーの豪華な事。
中払選手や鈴木淳くんも入れない顔ぶれって凄いですねー。
今年のアビスパ期待します!

帰省に合わせ愛媛戦を観戦しました。
あの天気にもかかわらずバックスタンドはほぼ満員。
久しぶりのレベスタに僕も心が躍りました。

そして、ゲームも最高!
中倉さんのブログにもあるように、久藤の素晴らしいプレーを90分堪能でき、嬉しい限りでした。
僕の後ろに座ってた小学生の男の子が、
『なんで久藤は日本代表に呼ばれんっちゃろうね?』
とお父さんに質問していましたが、本当にそう思えるくらいの素晴らしいプレーだったと思います。

この試合を見る限りでは今年は本物の強さを身に付けたのではないかと思います。
笑ってシーズンオフを迎えるのが今から楽しみです!



こんにちは。
愛媛戦 お疲れ様でした!

久藤・・・ ホントに良かったですね!
あんなに活躍されると城後の出番が・・・(笑)

ジャンボ!・・・ 気持ち入ってますねぇ。いい選手です。
オフサイドを恐れずゴールに向かう姿が、さすがストライカー!
と、思わせてくれます。

あと、開幕戦後にスタジアムを半周した黒部、昨日のインタビュー後に
バックスタンドにやって来たジャンボ、フランク過ぎるグリフィス(笑)。
これまでアビには少なかったキャラですよね?
しかも全員ゴールも決めてる。
こんなに早く、FW全員が結果を出した補強がこれまであったでしょうか?

マイクを忘れてた・・・(故障中でしたよね?これから頑張って貰いましょう!)

まだまだ成長過程ですが、クラブ、チーム、選手が、プロの集団になって
きたんだなぁとしみじみ感じた一日でもありました(笑)


中倉です。
いつものことですが、すぐにレスができずに申し訳ありません。そんなことをしているうちに、愛媛戦とは全く別のチームになっての敗戦。何ともコメントのしようがありません。油断したわけではないと信じたいのですが・・・。
さて、まとめてレスさせていただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
>ぼっち さんへ
愛媛戦の久藤は鬼気迫る迫力でした。本人は「いつもと同じプレーをしただけですけれどね」と涼しい顔をしていましたが、「これぞ久藤の真骨頂」というゲームだったと思います。徳島戦ではチームの連携が悪く、久藤の活躍も見られませんでしたが、その分、岐阜戦では意地を見せてほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>yoshitake さんへ
シーズン当初から「福岡は強い」という確信を持っていました。選手が大幅に変わったことで、どういうサッカーをするのかがつかめなかったからかね他のチームや中央マスコミは福岡をノーマークのようですが、それも好都合だと思っていました。

それだけに、徳島戦での敗戦は悔しさを通り越してショックでした。しかし、昨シーズンまでなら、このままズルズルと後退するところですが、今年は次の試合できっちりとお返ししてくれるのではないかと思っています。それが強さを伴ったプロチームだと思うからです。第7節の戦いぶりに注目したいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ
本当にそう感じられるチームになりました。それだけに、徳島戦の内容は目を疑いたくなるようなものでした。でも、ここでズルズルといかないのがプロの集団。その姿を岐阜戦で見せてほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。