「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しさを胸に刻んで

雨のユアテックスタジアム

 福岡にとっては悔しい試合になってしまいましたが、試合そのものは非常に緊張感のある好ゲームでした。仙台も過去2試合と比較して改善された点がありましたし、福岡も前節と比較すれば、その連携は高まっていました。J1昇格のライバルチーム同士の戦いであったこと、地の底から沸きあがるような仙台サポーターの声援があったことなどが、現段階の互いの力をフルに引き出し合うことになり、それが、ゲーム内容に反映したのだと思います。

 PKを取られるまでの時間帯を除けば、試合は福岡の狙い通りの展開。空中戦では長野が中原を抑え、中盤と最終ラインが連携して縦に入ってくるパスコースを消し、SBとSHが協力して仙台のサイド攻撃を封じ込めました。攻めても、相手のサイドバックの裏を突き、そこを仙台がケアすれば、そのことによってできる中央のスペースをタレイ、黒部、大久保らが使ってボールを回すなど、相手の中盤を翻弄する時間帯も多くありました。ただ、仙台の粘り強い戦いも敵ながら見事でした。

 福岡にとっての課題は、攻撃面で最後の部分の精度や連携に欠くということですが、それでも、シンプルに前線にボールを運んで、そこからビルドアップするというチームのベースの部分は明確で、その形から意図的に攻撃を組み立てることが出来ており、必要以上にナーバスになることはないと感じています。あとは時間の問題。長丁場のリーグ戦では、最終的なチームの成熟は対戦相手との戦いの中で生まれてくるものですが、能力の高い選手が揃う今シーズンは、その修正もそれほど多くの時間は必要ないように思えます。

 敗戦という結果は受け入れがたいものがありますが、その一方で、チームの可能性の大きさも感じました。攻め込まれる展開を流れの中で修正し、自分たちに流れを引き寄せたチームは確実に昨年のナーバスなチームとは別物。黒部、大久保、タレイらの技術と戦術眼の高さは、チームの選択肢を大きく増やしています。ただの放り込みと言われたパワープレーも昨年とは迫力が違いました。最後の連携に課題を残す攻撃も、それは問題点というよりも、最後の微調整と言えると思います。

 それでも、敗れたという事実は真摯に受け止めなければいけません。勝負である以上、結果が何よりも優先するからです。自分たちのスタイルを変える必要も、深刻に捉える必要もありませんが、事実を事実として謙虚に受け止めるのも強者の条件。切り替えるのではなく、悔しい気持ちを胸に刻み、その気持ちを次の甲府戦にぶつけることでしか結果を手に入れる方法はありません。下を向いていたわけでも、ショックを受けていたわけでもありませんが、多くを語らずにバスに乗り込んだ選手たちは、そのことを十分に承知しているように見えました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。