「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤の山場。まずは仙台戦

レベルファイブスタジアムの風景

 中3日で迎えるアウェーの仙台戦、そして中2日で迎えるアウェーの甲府戦。福岡は、いきなり第1クールの山場を迎えます。相手はともにJ1昇格を目指すライバルチーム。長いリーグ戦を考えれば、必要以上にナーバスになる必要はありませんが、直接対決で引き離されることだけは絶対に避けなければいけません。ほんの少しと思っていた差が、気がつけば取り返しのつかない差になってしまうのは昨シーズンで経験済み。勝負にこだわった戦いを仕掛けてほしいものです。

 さて、その初戦の仙台戦。ロペス、萬代宏樹らをはじめ14人の選手がチームを離れましたが、ここ2試合を見る限り、先発メンバーは昨シーズンを戦ったメンバーが残っており、基本的な戦い方は変わっていません。高い位置からアグレッシブなプレスを仕掛け、ボールを奪うと一気にスピードを上げてゴールを目指す。両SBはMFかと見間違うほど攻撃的で、前線へ飛び出してくる永井篤志を含めて、ゴール前に人数をかける攻撃は迫力があります。

 ただし、ゲームに緩急と変化を与えていたロペスがいなくなったことで、その攻撃は、より直線的に、より速くなっているようです。奪ったボールは中盤で手間をかけずに中原貴之に向かって縦に送り込み、そこで起点を作って一気呵成に押し上げます。両サイドを広く使った攻撃は、過去2戦ではあまり見られず、とにかく、縦へ、縦へとプレッシャーをかけてきます。戦い方を変えずにロペスが抜けたら、きっとこういうパターンになるだろうと予想していた通りのチームです。

 リズムに変化がない攻撃は守りやすいとも言えますが、やっかいなのは、そのスピードと運動量。対応を誤るとスピードに振り回されてしまいます。特に、両SHと両SBが外へ、中へとポジションをチェンジしながら攻め上がってくる攻撃を防ぐには、ボランチ、SH、SBの連携が不可欠。どこまで付いていくのか。どこでマークを受け渡すのか。注意深く連携しながら、それを90分間続ける必要があります。最終ラインの勝負に持ち込まれたら難しい。しっかりと中盤で受け止めたいところです。

 まずは縦にパスを入れさせないこと。これが最大のポイントだと思います。そのためには、前線からのチェイシングでボールを自由に蹴らせないこと。中盤の連動した守備で縦パスのコースを潰すこと。中原へのロングボールに競り負けないこと。それらが戦いの肝になると思います。逆に言えば、攻め上がってくる後方にはスペースがありますから、仙台からスピードを奪うことができれば、黒部光昭のポストプレーや、スペースへ入り込む大久保哲哉のプレーがチャンスを引き出してくれるはずです。

 完全アウェーの中での難しい戦いになりますが、大人のサッカーで勝ち点を奪ってほしいものです。

2002world.com更新情報
魅せた高橋の2ゴール。熊本、歴史に刻む初勝利。
~2008Jリーグ ディビジョン2 第2節 ロアッソ熊本vs.ザスパ草津
 (取材・文/中倉一志)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。