「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジアムグルメ 熊本・KKWING編

一押しの一品、ロアッソブレッドボルケーノ

 さて、先日足を運んだKKWING。試合も楽しめましたが、もちろんスタジアムグルメも堪能してきました。メインスタンド側のコンコースに集中している売店のメニューはなかなか豊富。しかし、胃袋はひとつしかないので(汗)、極力、ここでしか食べられないものをと物色していると、ありました。その名も「ロアッソブレッドボルケーノ」。“熊本=火の国”ということで、火山をイメージして作った自慢の一品とのことでした。

 内容は、フランスパンをくりぬいた器の中に、赤ワインで煮込んだ馬肉と野菜がたっぷり入ったシチューを注いだもの。写真には映っていませんが、くりぬいた部分は蓋になっていて、意外とボリューム十分。まずはおおぶりの具とシチューを堪能し、最後はシチューが意味込んだフランスパンをガブリ。量といい、味といい、これで500円は安い。見た目は男の人には少ないかなという気もしましたが、お腹を充分に満足させてくれました。

熊本といえば「いきなり団子」
サツマイモの上に餡子を乗せて蒸し上げたもの。素朴な味が魅力です
 そして、熊本に来たら絶対に外せないのが「いきなり団子」。九州以外の方には見慣れないものでしょうが、熊本では、お母さんやおばあちゃんが作る「自家製おやつ」として親しまれていたもの。今では、熊本ならずとも、九州内ではあちこちの店先で見かけることができます。

 さつまいもを輪切りにしたものに餡子を乗せて、それを小麦粉の生地で包んで蒸し上げたもので、写真の黒いのは小倉あん、白いのが白あん。素朴な甘さが、初めて食べた人にも懐かしさを感じさせてくれる一品です。

 メインディッシュを食べて、デザート(?)を食べてさすがにお腹は一杯。それでもネタ探しに歩いていると、面白いものを見かけました。それが左下の看板。山形のNDソフトスタジアムでは、具にアウェーチームのホームタウン特産品を入れたカレーパンを個数限定で売っていますが、その熊本版です。名づけて「馬かったパン」。味を確かめることはできませんでした値段も手ごろ。次に取材に行った時には試してみようと思います。

 他にもタコス、ケバブ、とり飯等々、目を引くものがたくさん。「ロアッソブレッドボルケーノ」の隣で売っていたタコライス(写真した中央)も食べてみたいメニューの一つでした。そして、思わずシャッターを切ったのが「勝つカレー」(写真下右)。そんなものどこでも食べられると言ってしまえばそれまでですが(汗)、大盛りのライスの上に大きなカツ、そして、たっぷりと煮込んでドロリとしたカレールーは実においしそう。500円という値段の安さも申し分ありません。やっぱり、次のファーストチョイスはこれかな(笑)。

「馬勝ったパン」を食べて相手を食おう タコライスも捨てがたい これは旨そう「勝つカレー」。このボリュームで500円





コメント

う、美味そう・・・。素敵なレポートありがとうございます。

スタジアムでの飲食関係って、以前は『高かろう&不味かろう』が多かったんですけど、
少しずつ改善されてきているはうれしい限りです。

Jリーグが多くの観客を集めるために必要なこと・・・
それはワクワクするようなゲームをすることが第一です。
しかし、それだけではプロの興行としては成功しないことをプレミアリーグが証明したと思います。

サッカーを知らない人もスタジアムへ足を運びたくなる。
そんな付加価値を付けることが今のJリーグに必要なのだと思います。
スタジアムの飲食販売を魅力的なものにすることもその一つですね。

え~と、・・・少し硬い文書になってしまいましたね。ゴメンナサイ。

>全開! さんへ
すっかりレスが遅くなって申し訳ありませんでした。

 以前、福岡をいつも応援している方から(敢えてサポーターとは書きません)、こんなことを言われたことがあります。

「サッカーのスタジアムってサッカーしかないんですよね。勝っても、負けても、サッカーだけ。もちろんサッカーを楽しみに来るんだけれど、スタジアムそのものに足を運ぶ楽しさもほしい」

 私は、サッカーの楽しみ方にはいろんなスタイルがあると思っています。チームを支えるサポーターはもちろん必要だし、いつもニュートラルな立場でサッカーを楽しむ人もいる。試合を含めて、スタジアム全部を満喫する人もいる。おっしゃる通り、試合が中心であることに間違いはありませんが、その付加価値をどう付けるかというのは絶対に必要なことだと思います。

 特に日本のスタジアムは、サッカーに限らず飲食することに対して無頓着なところが多すぎると感じています。野球のように相場を無視した高い値段を付けるところもあれば、それしか食べるものがないから仕方がないというようなものしか置いていないところもある。レベスタのバックスタンド側の屋台や、ベアスタの「IBUSUKI HOTDOG」などがデフォルトになってくれればいいなと、いつも感じています。

はっけーん!
ボルケーノを販売しているサカおやぢと申します。
ご紹介くださりありがとうございます。

スタジアムグルメに関しては、フロントの方の熱い思いをお聞きして、これは協力しなければロアッソサポの名がすたる!ということで、快諾させていただきました。

うちのパンは、すべて手作りなので、正直あの値段で提供するのは、厳しいのですが、やはりワンコインで満足いただけるというのがスタグルメの王道ではなかろうか?と勝手に決め込んでやらせていただいてます。

おいしかったよって声を掛けていただいたり、このような形でブログなどで紹介いただくと、本当に良かった!とモチベーションも上がります。

KYU時代からロアッソを応援しているサポーターとしては、ホーム試合をロクに見れないという、つらい環境ではありますが、これもKKを満員にするためと思えば大したことはありません。その分、アウェーでは思う存分応援したいと思います。
鳥栖との九州ダービーでは、思う存分応援したいと思っています。


KKにいらっしゃった際には、ぜひお声掛けください。

毎回、馬勝ったパンには頭を悩ませていますが、サポーターさんの知恵を借りつつ頑張ってます!

では、またKKで!!
長文失礼いたしました。

>サカおやぢ さんへ
初めまして。コメントありがとうございました。
パンの美味しさといい、具だくさんのシチューといい、あの値段で、あれだけのものを提供されていることに驚いていました。本当においしかったです。

アビスパをアウェーまで追いかけているため、なかなかKKWINGに行く機会がないのですが、必ずまた取材に行きたいと思っています。その際は、ぜひ、お声をかけさせてください。

熊本のJ2昇格で九州にはJリーグのチームが4つになりました。残念なのは、大分を除く3チームがJ2にいるということ。切磋琢磨し、刺激しあって、将来は4チームがJ1で戦えるようになることを願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。