「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙い通りの結果と、課題が残った内容

春の訪れを感じさせる九州石油ドーム

 大分とのブレシーズンマッチはスコアレスドロー。場合によっては5バックで守り、黒部光昭も、大久保哲哉も低い位置まで戻って守備をするなど、なりふり構わず無失点で抑えるという気持ちを表現した試合でした。「我々にとってはいい結果だった」とリトバルスキー監督は試合を振り返りましたが、相手に得点を与えないサッカーを目指している福岡にとっては、どんな状況であれ、狙い通りの結果を手に入れたことは、ひとつの収穫だったと思います。ゲームの詳細については2002world.comをご覧ください。

 その一方で、それぞれの選手が0で抑えたことを収穫としながらも、やることは山ほどあると口にしていた通り、課題が多く残った試合でもありました。まずは最も気になったのがボランチの位置関係。この試合では城後寿が前線まで出て行ってしまったことで、中盤の底に大きなスペースを作り、前線の黒部光昭、大久保哲哉の動くスペースを消し、さらには、守備をケアするために田中佑昌が低い位置に留まるという状況を作ってしまいました。

 そして、両SBの守備。この試合ではCBが両サイドまで出てくるか、両SHが下がることで相手の攻撃に備えていましたが、あまりにも簡単に裏を取られるシーンが多いように感じました。それでも無失点で切り抜けたのは、全員の守備意識が非常に高かったから。特に後半から出場して中盤の守備を落ち着かせた久藤清一や、我慢しながらサイドの守備に専念した久永辰徳、中払大介らベテランのプレーが効いていたからだと思います。

 攻撃面ではシュート1本に終わりましたが、最優先すべきがJ1相手に無失点で試合を終えることであったことを考えれば仕方ないことだったと思います。それでも注文を付けるのなら、後半にボールを回せるようになった時間帯での攻め方。「むやみに蹴ってボールを失わない」という意識が強すぎて、FWに預けるタイミングを逸してボールを戻すシーンが多くなってしまいました。基本的な約束事を守るのは当然ですが、もう少し、状況に応じた判断が必要だったと感じています。

 改めて印象付けられたのがタレイの能力の高さでした。持ち味である展開力を随所に発揮。中盤の司令塔として十分に働いてくれそうです。そして久藤清一のゲームの流れを読んだプレーは相変わらず。今シーズンはスタートから切れのあるプレーを見せてくれていますが、今年も「いぶし銀」のようなプレーでチームに落ち着きを与えてくれるはずです。そのほかのベテラン選手も「らしい」プレーを見せてくれていますので、あとは、そこへ若手がどう絡むかということでしょう。

 福岡の開幕まで2週間。課題をしっかりと捉えて、いい準備をしてほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。