「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次キャンプを終えて (福岡・宮崎キャンプ最終日)

二次キャンプも終了。仕上げは雁の巣球技場で。

 キャンプ最終日となった24日、アビスパは最終日のトレーニングを中止して、各ポジション別に分かれて、ミーティングを行いました。内容はキャンプの総括と、試合のビデオを見ながらの戦術確認。その一部をマスコミに公開してくれたので5分間ほど一緒にビデオを見ることができましたが、クルークコーチの説明を受けながら、食い入るようにビデオを見つめていた選手たちの表情が印象的でした。

 さて、このキャンプでアビスパは大きく変わりつつあります。精神的な面で大きな変化を遂げているのは何度も報告したとおりですが、戦術面においても大きな変更がありました。ボールをポゼッションして攻撃を仕掛けるサッカーから、守備を重視してシンプルに試合を運ぶサッカーへの転身。リスクをできるだけ軽減し、効率的にプレーすることを目指しています。それは「J2はJ1昇格することを目的として戦う場所。無失点がベースになる」という黒部光昭の言葉に象徴されています。

 最も大きく変わったのは最終ライン。これまでのようにゆっくりとボールを回しながらビルドアップの機会を探すのではなく、基本はシンプルに前線に預けること。早めに長いボールをFWに当てて起点を作り、その間に最終ラインを高く上げてコンパクトなゾーンを形成して中盤で守備をすることを狙いとしています。また、一気に裏へ蹴りだしてFWが飛び出していくというパターンも見られそうです。前線にターゲットになれる選手と、キープ力のある選手、そして裏へも抜け出せる選手を補強しているのはそのためです。

 もうひとつの変化はフィジカル面です。こちらは体調を整えるという点で変化が見られました。尿検査や水分補給で徹底的に体調を管理しているのは既に各紙で紹介されていますが、食事の内容、量についても改善がなされ、全てをデータ化して細かくチェックを行っています。体調の改善と管理が実を結ぶのはある程度の時間が必要なので、本当の成果はこれから判断することになりますが、キャンプ中にけが人らしい、けが人が出なかったことは、徹底した管理と関係があるのではないかと思っています。

 今回のキャンプは守備戦術と体調管理について選手たちに徹底することが主な目的でしたが、その導入という意味では一定の成果が得られたと私は考えています。ただし、その完成度を問われればまだまだ。あくまでもエッセンスに触れ、方向性を掴みつつあるというレベルで、それを試合の中で具現化していくには時間が必要だと感じています。そういう意味では、決して安心できるレベルにまでは達していません。他のチームより開幕が1週間遅いメリットを生かしてどこまで高められるか。すべてはそこにあると思います。

コメント

いやー開幕が楽しみですねv-10

けど、いつも思うけどJ2ってほんと大変ですよね。
去年もあれだけ札幌が独走、優勝候補の東京Vが沈んでいたのに、最後は例年のように大接戦ですからね。
今年から博多の森には行けなくなりましたが(宮崎に転勤したため)、スカパーで応援していきますv-90

キャンプ取材お疲れ様でした。
今年も宮崎に行けなかった私には貴重な情報源でした。ありがとうございました。

GMが替わり、色んなコーチがやって来たからなのか、クラブの意識、チームの意識にとても大きな変化が出ているのではないかと感じます。
あとはサポの気持ち。
みんなが悲観的な考えを捨てて、チームを信じて応援すれば、それもチームにとっては大きな力になりますよね?


ハナシカワルケド(分かる方いらっしゃいますか?)先日藤川GKコーチのブログを拝見しました。
ヴェルディにいた時にはそんな印象無かったのですが、とても熱い方です。ビックリしました。

機会がありましたら、藤川GKコーチの記事をお願い致します。


長文失礼致しました。



こんばんは!お疲れ様です。
戦術面で具体的にどう変わっているのか、教えていただいて分かりやすかったです。
ありがとうございます!
ついにアビスパ観に行けそうです☆
大分戦で戦い方等など楽しみにしています。

中倉です。
今年は気合いを入れて、少しでも多くブログを更新しようと思っているのですが、どうにもグータラな性格が邪魔をしてペースが上がらないばかりか(汗)、レスも遅れてしまいました。申し訳ありません。まとめてのレスになりますが、ご勘弁いただければと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>shindobat さんへ
おっしゃる通り、J2は本当に分からないリーグです。今日、広島がゼロックス杯に優勝し、甲府は相変わらずゲバ票が高い。仙台も意外と高評価されているようです。でも、結局のところ、やってみないと分からないのがJ2。スタートダッシュも必要ですが、焦ることなく、しっかりと勝ち点を積み重ねていったチームが最後は笑顔になれるのです。

どんなシーズンになるかはサッカーの神様にしか分かりませんが、アビスパの頑張りを楽しみに開幕戦を待ちたいと思っています。宮崎へ転勤されたとのことですが、宮崎の空の下から福岡へ向けて心を送ってください。お願いします。
--------------------------------------------------------------------------------
>あび☆ さんへ
私の情報が少しでも役に立ったのであれば非常にうれしく思います。私だけに限らず、フリーランスにとってのキャンプ取材とは自主キャンプであって、常に経費との戦いです(汗)。でも、最も力になるのは原稿料ではなく、皆さんからのコメントだったりします(笑)。いつも皆さんから力をもらっていますが、今年も力をお借りして頑張りたいと思います。

さて、アビスパはいま大きく変われるチャンスに遭遇しています。このチャンスを生かすか、殺すかで、これから先のアビスパの進む道が大きく変わるように思います。そして、皆さんのクラブを後押ししようとする思いは、間違いなくクラブを変える大きな力です。

どんな結果になるかは誰にも分かりません。でも、少なくとも悲観的なところからは、いい結果は絶対に生まれません。それはサッカーに限らず、我々の人生そのものにも言えることだと思っています。変わろうとしているのなら、少しでも力になりたい。私はそう思っています。いろんなことが待っていると思いますが、いつも前向きにいたいものですね。
--------------------------------------------------------------------------------
>ひさ さんへ
少しでも私の情報が役に立ったのであれば幸いです。

明日、というか今日は大分戦。まだアビスパはチームを作っている段階ですので、試合の中で、自分たちの狙いとしていることをどれだけ表現できるかがポイントだと思います。まずは、今シーズン最も力を入れて取り組んでいる守備が、どれだけ機能するかを見たいと思います。札幌戦では上手くいきませんでしたが、タレイ、城後のコンビネーションが守備の鍵になるように思います。

また、最終ラインはルダンを除くメンバーを試すことになりそうですが、このポジションは警告をもらうことが多く、1人の選手がフル出場するのはあり得ないポジション。ルダンを含めて、全員に出場のチャンスがあります。CBのレギュラーポジションを取るポイントは1対1の強さと、守備をオーガナイズするコーチングですが、それぞれの選手が、どんなパフォーマンスを見せるか楽しみにしたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。