「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形が少しずつ見えてきた (福岡・宮崎キャンプ9日目)

城南一和戦でゴール前に壁を作るアビスパ

 城南一和とのトレーニングマッチは0-0のスコアレスドロー。まだ不十分とは言え、このキャンプで取り組んできたことが最も表現できた試合だったように思います。FWが相手の最終ラインに寄せてサイドへ追い込み、ボールがサイドハーフに出たところへプレッシャーをかけて囲い込むか、相手に縦に蹴らせてボールを奪う。奪ったボールはシンプルに前線に預けて、そこから個人のアイデアでゴールを目指す。その形が随所に出ていました。

 また、この日はタレイがボランチとして初めてトレーニングマッチに登場しましたが、高い守備意識、広い視野、展開力など、さすがと思わせるプレーを見せてくれました。その体系から柔らかなプレーをする選手かなと勝手に想像していましたが、そのイメージに反して、激しく強い守備をする選手です。特に、自分が原因で奪われたボールは、どこまでも追いかけて行って奪い返す姿勢が印象に残りました。守備力と展開力を併せ持ったタレイが中盤を引き締めてくれることは間違いないようです。

 攻撃に関しては現時点ではこんなものかなと思っています。セットプレー以外に攻撃のトレーニングをほとんどやっていない中ではコンビネーションが上手くいかないのはやむを得ないこと。加えて、前線からの守備を求めている以上、攻撃に使う力が減少するのは当然のことだからです。むしろ、そんな状況にもかかわらず、何度かいい形を作り出していたのは、個人の能力が高いことの証。雁の巣に戻ってからの調整で十分に自分たちの形を作れると思います。

 もちろん課題もあります。守備が上手くはまることがある反面、1対1を仕掛けてボールを奪いに行った時に、その選手が交わされてスルスルと抜けられてしまうシーンもありました。そして、最も気になったのが左サイドの守備。この位置での守備が非常に不安定で、簡単に裏を取られたり、1対1で後手を踏む場面が多く見られました。前からプレスをかけたとき、ここへボールを放り込まれることは十分に予想されることで、この位置での守備を安定させることが最も大きな課題のように思います。

 また、この日は布部陽功をCBの位置で試しましたが、リトバルスキー監督の狙いは組織的な守備を機能させることにありました。求めたのは最終ラインから守備組織をオーガナイズさせること。それを実行するには、コーチングができる布部が適任と判断したようです。しかし、逆に言えば、それはCBの位置で全体をコントロールできる選手がいないことを意味するもの。誰をルダンと組ませるかはこれからのトレーニングで見極めることになりますが、これも早急に改善しなければいけない課題だと思います。

 さて、福岡は24日にキャンプを打ち上げましたが、総括は改めて書きたいと思います。もう少しお待ちください。

コメント

甘い評価ですね。明らかに、ハフナーはミスが多いし、チャンスの芽をつぶしてばかり。両サイドは守備に負われ、攻撃の起点になりきれず、守備プラスアルファがみえない。どうやって、1点とるつもりですかね?不安しかない試合でした。個人の集まりでしかないチームとしかみえませんでした。クラブチームというより選抜チームそれも、負けないようにしているだけで、勝ちきれない、勝ち点1のチームとしかみえませんでした。この先の、リティ・マジック?に期待します。っていうか、クルーク・マジックかな?

>へちま さんへ
コメント、ありがとうございました。
サッカーにはいろんな見方があり、いろんな考え方があります。参考にさせていただきたいと思います。いずれにせよ、まだまだチームは未完成。シーズンを乗り切れるかどうかは、これからの3週間の仕上げにかかっていると思っています。

中倉さん、またまた失礼いたしますm(__)m 寒い中、取材お疲れ様です。あと、へちまさん、どうもです!

因みに私は「マジック」は必要ない派ですよ。選手もスタッフも(我々ファンも)、まずは自分の責任を誠実に果たす、実力を出し切るという心掛けが大事で、結果は後からついてくるモノであって欲しいです。それが第三者から見ると魔法のような結果であってもいいですけど、監督やコーチの名を冠したマジックであるべきではないのでは…と。チームですから(笑)。

さて、観戦記を興味深く拝見しました! 個人的にはソンナムイルファをスコアレスに抑えたことに意義を見出したいです。注目のウッフィーことタレイ選手ですが、私は最近友人のツテでシドニー時代の試合の映像を見せてもらいました。トルコで鍛えられたテクニックやハードなディフェンスは見応えありました。中倉さんのブログを拝見しまして、ますます期待が膨らみました。コーチ陣にも彼の持ち味をよく知る人が3人もいますし、こちらで活躍できる要素も多いように思えるんです。

それでは、またお邪魔します。長々と失礼いたしましたm(__)m

>関東者☆ さんへ
タレイのビデオをご覧になったんですね。城南一和戦で初めてタレイの試合でのプレーを見た報道陣も、見かけによらない(失礼)ハードなディフェンスに、いい意味での驚きの声を挙げていました。

関東者☆さんがおっしゃる通り、来日が予定されているグリフィスも含めて外国人3人はコーチ陣らにとっては旧知の仲。そして、新しく獲得した選手たちはリトバルスキー監督や田部GMとともに過ごしたことのある選手が多い。コーチ陣が選手の持ち味を知っているというのも、今年のチームの特長の一つでもあります。そういうことも影響してか、ここまではいい流れで来ているように思います。

でも、やはりここからが勝負ですね。精度や戦術理解度を上げていくことはもちろんですが、徐々にレギュラー陣が固定されていく中で、これまでと変わらぬ気持ちで全員がトレーニングに取り組めるかどうか。次のチェックポイントはそこにありそうな気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。