「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニングマッチ3連勝 (福岡・宮崎キャンプ7日目)

FCギフトの試合は1-0で勝利

 2日ばかり更新をサボってしまいました。すいません(汗)

 さて、今日はFC岐阜との試合。結果は1-0の勝利。内容的は前半が福岡、後半が岐阜。全体を通してみれば五分五分。新アビスパらしい部分も、課題も等しくあった試合でした。ただし、今の段階で先のことを判断するには早計だということを理解した上でものを言えば、今年は、今日のような試合内容でも終わってみれば勝っていたという試合が増えそうな予感がします。チームは、いい意味で現実的な側面を強めているように感じました。

 さて、まずは今日の収穫から。一言で言えば、FWの質の高さが感じられたということでしょうか。高い位置でしっかりとキープできるようになったことで、攻めに移るときにポイントがしっかりとでき、無理に前がかりになることなく攻撃を組み立てられています。布部陽功のゴールは中盤の底から長い距離を駆け上がって生まれたものでしたが、黒部光昭が引き出したボールを、大久保哲哉がしっかりとタメることで、駆け上がる時間と、駆け込むスペースを作ったことで生まれたゴールでした。

 セットプレー時の迫力も十分。高さを生かすことだけではなく、相手のマークがそこへ集中することで出来るスペースを使うパターンも生まれています。また、その影響は守備面にも表れています。昨年はクリアボールを拾われて波状攻撃を受けたり、無理につないでボールを奪われることが多かったのですが、明確なターゲットがいるため、シンプルにクリアするシーンが増え、前線でボールをキープすることでラインを上げ直す時間が確保できるようになっています。

 課題は守備。キャンプでは、FWがボールをサイドに追い込み、そこにプレスをかけてボールを奪うか、無理やり蹴ってきたボールを最終ラインが押さえ込むという守備を繰り返し行っていますが、中盤の連動性がいまひとつ。前半は相手を上回る運動量で補っていましたが、運動量が減った後半はさすがにカバーできず。中盤の守備の穴を突かれたことが押し込まれる要因になっていました。まだまだ、守備の整備に力を注ぐ必要があるように思います。

 新外国人選手のタレイは今日は試合に出場せず。昨日から通常のトレーニングに参加していますが、初お目見えは23日の城南一和との試合になりそうです。昨日のトレーニングは軽いものだったので、まだ本当の実力は見えていませんが、ガツガツと動き回って守るタイプではなく、柔らかなボールを回りに配るのが得意な選手のようです。彼の加入で中盤の構成力が上がりそうに思います。

 まだまだやることはたくさんありますが、23日の試合では新・アビスパの概要が見られるはず。楽しみに待ちたいと思います。

コメント

はじめまして

サッカー好きなんですが、見る目がない(サッカー経験がない)ので、いつも自分の評価(試合に対する)が他人(専門家)と比べてどうなのか気になっている中年アビスパファンです。
今日の試合は、専門家はどう感じたのか、検索していたらこちらにたどり着きました。
「お気に入り」に入れさせていただきます。
18日の「手強し甲府」は全く同じ感想でしたので、私も見る目があるかな、とうれしく思いました。
しかし、今日の感想は「J1への道、険し」のような・・・。
大久保だけが頑張っていた気がしました。
昨夜の日中戦といい、今日の試合といい3-0くらいで勝つだろうと思っていたんですが、そこまで甘くないですね。
しかし、今日の主審、、、個人的にはかわいそうでした。
初の大舞台?で舞い上がっていたような気がしました。
それでは。

>shindobat さんへ
コメントありがとうございました。また「お気に入り」に入れていただいてありがとうございます。また、いつでもコメントしてください。お待ちしています。

さて、アビスパの仕上がり具合はまだまだです。「今日のような試合内容でも終わってみれば勝っていたという試合が増えそうな予感がします」というのは、あくまでも私の予感(汗)。現時点では、まだ何も判断できない状況のように思います。それでも、確実に言えるのは、今年も簡単なシーズンではないということ。それは相手が新規参入の岐阜であろうと、熊本であろうと同じだと思います。それでも、現実路線へ切り替えようとしているチームにとっては、そんな状況でも1-0で勝ったという事実が、今は大切なように思います。

ただ、このままならJ1昇格争いを戦うのは厳しいというのも現実です。他のチームよりも1週間長く準備が出来るというアドバンテージを生かして、しっかりとチームを仕上げることが、まずはしなければならないことだと思います。焦ることはない。けれども、やるべきことはたくさんある。それを確実に積み上げていくことができれば、1年後は笑顔でいられるような気がしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。