「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白戦の風景 ~プレイバック宮崎一次キャンプ(1/30)

本番さながらの気合で臨む紅白戦

 ようやく晴れ間が見えた宮崎。風はまだ冷たいものでしたが、強い日差しが宮崎らしさを感じさせてくれる1日になりました。この日はまずは戦術の確認から。黒板を使うのではなく、実際に全員をピッチの上に立たせると、様々なケースを想定して、ポジション、プレスのかけ方、スペースの消し方、マークの受け渡し方等々を、クルークコーチとリトバルスキー監督が指示していきます。声のかけ方から、ボディコンタクトの位置まで、その指示はかなり細部に渡るものでした。

 戦術確認に30分ほど費やした後に軽いウォーミングアップ。そして30分×2本の紅白戦が行われました。このとき、何気なくピッチを眺めていた私の視線がとまりました。選手たちが、それぞれの陣地で円陣を組んだからです。本番同様に厳しい顔で気合をいれ、最後にひときわ高い掛け声をかけてピッチに散っていきます。声を掛け合って確認してから紅白戦に入るのはいつものことですが、実戦同様に気合を入れて臨む紅白戦はあまり記憶にありません。

 その気迫どおり、試合は前々日の紅白戦よりも激しいものになりました。このキャンプには、2日前から福岡U-18所属の選手が4人参加しているのですが、その4人に対しても厳しい声が飛びます。そして、ユースの選手も物怖じせずに声を出し、身振り手振りで指示を出していきます。ユースの選手の堂々とした態度も立派だと思いますが、それよりも、そうすることが当たり前の雰囲気を作り出しているところに、今のチームの良さあります。

 実は、このキャンプを見ていて一番感じるのが、若手、ベテラン、移籍組にかかわらず、互いの間に全く壁がないということです。誰でも率直に自分の考えを伝えられる雰囲気があります。トレーニングが始まる前の時間に、選手たちは「鳥かご」で体を温めるのですが、2人から3人、3人から4人と自然に参加する人数が増えてきます。しかも、誰も遠慮せずに自然と溶け込むように。つい2日前に合流したユースの選手でさえ、誰に促されるわけでもなく、そしてにこやかに自分から輪に加わってきます。

 さて、紅白戦で圧倒的な存在感を示していたのは、布部陽功、久藤清一、久永辰徳のベテラン3人。特に、ボランチの位置でマッチアップする布部と久藤の競り合いは、ただ激しいというだけでなく、互いのサッカー人生をかけてぶつかり合っているような雰囲気さえ感じられました。4-1というスコアに、リトバルスキー監督はゴールを奪ったことよりも、奪われたことに不満を漏らしていましたが、チームの雰囲気が変わらずに続くのなら、守備の形が整うのも遠くはないような気がします。

コメント

おおっ、福大とのトレーニングマッチが楽しみです。

あとは怪我がないことと合意しているという新外国人二人ですね。
ソフトバンクか!!!的な横やりで他に持っていかれないか心配に。

>YOSHI さんへ
お返事が大幅に遅れてお詫びの言葉もありません(汗)。
さて、福大とのトレーニングマッチは、まずまずといった感じでした。まだ物足りないところもたくさんありますが、今の時期は課題を見つけだすことが先決。開幕に向けて少しずつ修正していく時期だと思います。そういう意味ではね次の練習試合が楽しみですね。

それと、新外国人2人は予定通り獲得できそうです。早く姿を現してくれることを期待しましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。