「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子サッカーは面白い

女子サッカーは面白い

 高校選手権に続き、ようやく全日本女子ユース(U-18)のレポートを掲載しました。この大会は、中学・高校年代の登録選手を対象とした単独チームの大会で、クラブチームと高校のチームが一同に会して日本一を決定するもので、男子の高円宮杯に相当するものです。予選からの参加総数は341チーム、6538人。男子と比べれば、まだまだ選手数は少ないものですが、日本位置を決定するにふさわしいレベルの高い戦いが演じられています。

 男子と大きく違うのは、中学年代と、高校年代が同じ土俵で試合をするということ。今大会では、クラブチームからは日テレ・メニーナ(関東第1)、浦和レッズ・ジュニアレディース(関東第2)、FCヴィトーリア(関西)、鳴門ポラリスレディースFC(四国)の4チームが出場しましたが、それぞれに中学1年生が選手登録されていましたし、中学校として唯一出場を果たした神村学園中等部(九州第2)の登録選手にも、中学1年生が多くいました。

 中学1年生と高校3年生とのフィジカル的な差は男子では越え難いものがありますが、一般的に発育が早いと言われている女子の場合は、それほど差を感じることはありません。取材している我々も、パンフレットに書かれている生年月日を確認して初めて分かるほどです。もちろん、高校生と混じってプレーできる選手は、それだけレベルが高いからだとも言えますが、全体的に見ても、スピード、身のこなし、テクニック面では、大きな差はないように思います。ただ、ぶつかり合いや持久力という点では、不利な面はありますが・・・。

 さて、まだまだ認知度の低い女子サッカーですが、そのレベルは年々上昇しており、現在では、男子と比較しても遜色はなくなりました。まだ一般的とは言い難いスポーツですが、スピード、キック力、テクニック等、男子と比較しても全く違和感を感じることはありません。もちろん男女の差は存在するわけですが、それは、男子バレーと女子バレー、あるいは男子バスケットと女子バスケットの違い程度のもので、レポートに張ってある写真を見ていただいても分かるように、非常に高いレベルを誇っています。

 その中で女子サッカーに特徴的に見られる傾向として、非常に戦術に忠実に試合を進めるということがあります。そのため、どういうサッカーをしようとしているのかが分かりやすく、試合の流れも理解しやすいという性質を持っています。言い換えれば、観客にとっては非常に分かりやすいスポーツであり、技術レベルが飛躍的に上がった女子サッカーは、いまや見るスポーツとしても充分に存在しうるものになりました。まだ、ご覧になったことがないというあなた。ご近所で女子サッカーの試合があるようでしたら、ぜひ、足を運んでみてください。自分の中の概念が大きく変わるはずです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。