「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念、東福岡準々決勝で散る

市原臨海競技場のメインスタンドは満員

「PK戦まで行くかもしれんね」。試合前、東福岡サッカー部の写真を撮り続けていらっしゃるカメラマンの方とかわした言葉です。「出来れば、そこまで行く前に」という思いはありましたが、互いの力関係を考えると、そういう結末もあるかなと思っていました。そして、PK戦では2本を止められて東福岡の戦いは準々決勝で終わりました。しかし、PK戦は相手のGKを誉めるべきもの。力を出し切っての敗戦でした。悔しい思いで一杯ですが、胸を張って帰ってきて欲しいと思います。

 この日の東福岡は、いつものように相手の特長を消すサッカーを展開。最終ラインは3枚のDFの後ろに1人があまる形の4バック。加えて、流通経大柏の攻撃の起点を押さえ込むために、宗田堅勇を右サイドに出して流通経大柏の10番大前元紀にマンマークをつけました。この作戦は見事に当たりました。80分間を通して流通経大柏のサイド攻撃はほとんど機能せず。スピードが持ち味の久場光が突破するシーンもほとんど作らせませんでした。

 守備に力を注いだ分だけ攻撃の力が不足することにはなりましたが、大きなサイドチェンジからのワイドな攻撃を随所に見せ、攻撃面でも持ち味は出せたと思います。記者席が一杯だったた、観客席で流通経大柏を応援していると思われる人たちの中に座って試合を見ていましたが、東福岡がサイドチェンジを繰り出すたびに、「やばいよ、やばいよ」と言う声が聞こえてきました。さすがは高校サッカーファン。よく試合を見ているなと思わされました。

 後半は流通経大柏が10本のシュートを打ったのに対し、東福岡は1本も打てないという状況でしたが、決して一方的に押し込まれていたわけではありませんでした。ただ、自分たちの特長を消されている中でもシュートまで持っていく力があるのが流通経大柏の優勝候補と言われる所以。そこに東福岡との地力の差を見たように感じます。その差がPK戦の結果につながったのでしょう。

 さて、熱い戦いを繰り広げてきた全国高校サッカー選手権もベスト4が出揃いました。高校生にとっての「夢の国立」の舞台を踏むのは、高川学園(山口県)、藤枝東(静岡県)、流通経大柏(千葉県)、津工業(三重県)の4校。「優勝候補筆頭」という名前を背負いながら勝ち進んできた流通経大柏に底力のようなものを感じますが、ここまで来れば、どのチームにも優勝のチャンスは等しくあります。クライマックスに向けて、ますます白熱した試合を見ることが出来そうです。

コメント

アビスパ福岡にも、東福岡のやり方を見習ってほしいものです
仮に、アビスパと東福岡のサッカーを観るならば、今ではほとんどが後者と答える人が多いのではないでしょうか?
アビスパも東のやり方をすれば、もっといいサッカーが引き出せると思いますね
リトバルスキー監督は観ているのかな!?

福岡のサッカースタイルとは?

はじめまして。ロッドといいます。よろしくお願いします。
東福岡の路線はリトバルスキー監督になって同じテーマに沿ってチーム作りをしているのではないかと思います。(ポゼッション+サイドいっぱいに使うボール回し)
ここからどうマイナーチェンジを続けていって常勝チームに仕上げていくかだと思います。(プラス個人技術、組織戦術、チームイメージの幅を広げ、深く浸透させる事)
このテーマは東福岡同様に変えてほしくないです。

これは監督一人の課題ではないと思います。
いろいろな面で意見をぶつけなければいけないと思います。

東福岡は、高い位置からの守備が安定していたと思います。サイド攻撃の質は、まだノビシロがあるし、パターン化や固執してしまっている部分も見られたと思います。

ただ高校でどこまで求めていいのかは自分には、よく分からないです。一生懸命頑張る姿を見てこちらが力をもらえましたので。


(申し訳ありません。話しが長く、それてしまったかもしれません。)

取材お疲れ様です。
今年の決勝には九州勢が残れず残念ですね。
先の東福岡対佐賀北戦は複雑な気持ちで観戦しました。
東福岡は我が母校。しかし、サガンサポの私は佐賀北にもがんばって欲しい・・・
そんな板ばさみ状態でした(笑)

さて、現在の高校サッカーは1年に3回の選手権があるわけですが、
この枠組みには少し疑問があります。
トーナメントの大会を年に3回行うよりも、
各県内でリーグ戦を行った方がいいと思います。
そうすればどのような高校(ユースクラブ)でも公式戦の機会が増えて
選手個々の力を伸ばせると思うのです。
そして県リーグ上位のチームによる全国トーナメント大会を年に1回行うだけでいいと思うのですが・・・
以上、単なる妄想です。

-追伸-
取材、執筆とお忙しいでしょうが身体を壊さないようご自愛ください。
昨年の夏東京へ行ったときに重宝したブログを貼っておきます。
でも、深酒はダメですよ(笑)
http://blog.livedoor.jp/furutone/

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
試合を見すぎて、何がなんだか分からなくなりつつありますが(汗)、Jリーグ以外のサッカーを、これほどたくさん見られるのは、この時期に限られるので、しっかりと目に焼き付けたいと思っています。

さて、いつものことではありますが、まとめてレスさせていただきますので、ご了承ください。
--------------------------------------------------------------------------------
>九州っこ さんへ
今年の東福岡は、伝統のワイドな攻撃を守りつつも、現実的な戦いをしていたと思います。特に守備については、3試合ともシステムを変え、自分たちのやり方と言うよりも、相手の出方に合わせているようでした。ただし、監督によれば「相手の良さを消す守備が東の福岡のやり方」ということでしたから、相手に合わせる守備こそ、自分たちのやり方ということにもなるのですが・・・。なんだか日本語は難しいですね。

東福岡のサッカーが面白いのは、複数の選手が動きながら連携してボールをこまかく動かすことと、それとは対極に当たる大きなサイドチェンジを上手く融合させているからだと思っています。そして何より、その戦術を徹底して繰り返すということにあると思っています。どんな戦術であれ、徹底することが出来れば成果も出るし、面白みも出てくるものです。リトバルスキー監督がどんなチームに仕上げるのか楽しみにしたいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
>ロッド さんへ
はじめまして。よろしくお願いします。
ボールをポゼッションしてピッチの横幅を一杯に使うというのは、リトバルスキー監督の基本コンセプトですから、そういう意味では東福岡との共通点はありますね。

「サッカーには正解はない」と言われるように、戦術は山ほどあります。大切なことは選択したものを徹底することだと私は思っています。監督が変わったからといって、戦術が変わってしまったのではチームとしての継続性はいつまでも生まれないので、ロッドさんの言うように、監督だけが考えるのではなく、むしろ、クラブがどんなサッカーを、どういう理由でやりたいのかを明確にして、それを実行可能な監督を探し、そして、監督を交えて細部にわたって徹底することが大事だと思っています。

それと高校サッカー。これについては長くなってしまうので、選手権が終わったら私の考えを整理して書いてみたいと思っています。いつになるかハッキリしませんが(汗)、極力早く書きますので、よろしければ楽しみにしていてください。いろんな意見があるはずですから、それを読んで意見があれば、またコメントをいただければと思います。私も待っています。

東福岡は負けてしまいましたけれど、あの必死な戦いは私も力をもらいました。
--------------------------------------------------------------------------------
>全開!さんへ
今年の九州は全体的に見てレベルは高くなかったようです。まあ、上がったり、落ちたりの繰り返しでチームは強くなっていくものですから、来年以降の巻き返しに期待したいですね。ただ、毎年感じることですが、トップレベルのチームのレベルアップの度合いよりも、そうでないチームのレベルアップの度合いが非常に高く、どこが買ってもおかしくない状況になりつつあるのは確かなようです。

高校サッカーのあり方については、選手権に出場する高校の中でもいろんな考えがあるようです。サッカーに限らず、今の高校スポーツは学校の枠組みで語ることが難しくなっています。それは各校の環境や目指すものが全く異なってしまっているからです。そんな中で、ひとつの答えを出すのはとても難しい問題だと感じています。私もリーグ戦構想は素晴らしいと思いますが、リーグ戦では対応できないという学校があるのも現実です。これからも試行錯誤していかなければならない問題ですね。

それてブログを紹介していただいてありがとうございます。
紹介していただいたブログに掲載されていた、浅草のもつ焼き屋「松楽」には先日行って来ました。前から私も気になっていた店で、予想通り、ディープな店で大満足でした。
体を壊さないように、無駄遣いをしないように、適当に息抜きをしています。また余裕が出来たら、ブログで報告したいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。