「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは全日本女子サッカー準決勝から

元旦決戦はベレーザとTASAKI

 世間が年末年始の休暇に入った28日、私にとっては恒例となった年末年始の遠征取材が始まりました。西が丘で行われる全日本女子選手権準決勝を皮切りに、高校サッカー選手権決勝が行われる14日まで。長く、でも楽しいサッカー取材の旅が続きます。Jリーグとは異なるカテゴリーのサッカーを見ることは非常に刺激的。普段見えなかったものが見えてきたり、自分がサッカーに関わっている原点を感じたりと、毎年、多くの発見があります。

 さて、初日である28日は全日本女子サッカー選手権の準決勝の取材。羽田空港から京急、都営地下鉄と乗り継いで東京・西が丘サッカー場へ行ってきました。第1試合は浦和レッズレディースと日テレ・ベレーザの対戦。ただ、ただ、ベレーザの強さばかりが目立つ試合でした。浦和の個人能力、戦術レベルも高いのは周知の通りですが、ベレーザはさらにその上を行くもの。あれだけのレベルの高さを見せ付けられると、ただ唸るばかりでした。

 私がベレーザの試合を生観戦するのはほぼ1年ぶり。もともと、高い能力を有するチームでしたが、そのレベルは、この1年のうちに大きな進化を遂げているように思えました。それぞれの選手の体つきが違う、キレが違う、そして存在感が違う。多くの選手たちがなでしこジャパンとして世界での戦いを経験し、チームに戻れば高いレベルで切磋琢磨する。この繰り返しが、選手の能力を最大限に引き出すことになっているでしょう。

 そして第2試合はTASAKIペルーレとINACレオネッサの対戦。これまでかというほどにアグレッシブに戦うINACと、派手さはないものの堅実に試合を進めるTASAKIの神戸ダービーとなりましたが、INACの持ち味を完全に消したTASAKIが貫禄勝ちを収めました。ベレーザのように派手さはないものの、したたかにゲームをコントロールして勝ってしまうのもレベルの高さの証明。相手にしてみれば負けた気がしないのに、けれども勝つ要素は全くない。ベレーザとは違う意味で唸る試合でした。

 ベレーザとTASAKIが決勝戦を争うのは2年ぶり5度目。決勝戦の対戦成績は2勝2敗と全くの五分です。なでしこスーパーカップ、リーグカップ、なでしこリーグと、今シーズンの国内タイトルのすべてを獲得しているベレーザにしてみれば、元旦決戦を制してタイトル独占を達成したいところ。リーグ戦では逆転でベレーザにタイトルを奪われたTASAKIにとっては是が非でも雪辱を果たしたいところ。タイプの違うチーム同士が戦う決勝戦は、見ごたえのあるものになりそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。