「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本の天皇杯で

入場ゲートに長蛇の列を作る熊本のサッカーファン

 天皇杯準決勝は熊本のKK WINGへ。天皇杯独特のまったりとした雰囲気の中で(汗)、FC東京vs.広島の試合を取材してきました。Jリーグ開幕以降、その価値が低下してたといわれている天皇杯ですが、この独特な雰囲気はJリーグ開幕以前からのもの。大会そのものが、各クラブのホームタウンと切り離されて運営されるため、スタンドにはチームを鼓舞するサポーターよりも、中立な立場でサッカーを楽しむ地元ファンの方が多いからかも知れません。

 そして、各会場がある地区のサッカーファンにとっては貴重な観戦の時間でもあります。Jリーグが日本のスポーツ界に浸透していること、その数が31クラブになったこと(来シーズンからは33)で、日本中にサッカーが溢れているという錯覚に陥りがちですが、実際にJクラブがあるのは47都道府県中、22都道府県にしか過ぎません。JFL、各地域リーグ、各県リーグなども活性化されてきましたが、普段は、高いレベルのサッカーに直接触れることができないサッカーファンは多いのです。

 来シーズンからロアッソ熊本のJリーグ入りが決まっている熊本県も、今年まではそのひとつでした。毎年行われる天皇杯の試合には、いつも大勢の観客が訪れ、この大会を心待ちにしている様子が手に取るように伝わってくる土地です。今年も会場前に入場ゲートには長蛇の列ができ、スタジアムの周りにある運動場や多目的広場では、子どもたちを対象にしたサッカー教室も行われていました。スタジアムに足を運んだのは5148人。長居、仙台、埼玉と比較すれば少ない数字ですが、それぞれの土地のサッカー成熟度を考慮すれば、決して少ない人数ではなかったと思います。

 そんな中で行われた試合は、本音を言えば少しばかり物足りなさの残る試合でした。バランスの悪いFC東京の中盤を上手く使ってカウンター気味の攻撃から2点のリードを奪った広島でしたが、後半は全員が下がってなりふり構わず前へ蹴り返すだけのサッカー。FC東京はゴールへの意識こそ強かったものの、チームとしてやろうとしていることが感じられず、ただ、それぞれがバラバラにプレーしている感じでした。

 広島がJ2に降格したことで自信をなくしていることや、監督交代、選手の契約・移籍問題などでリーグ終盤からFC東京にまとまりが欠けていたのは理解できなくもないですが、もう少し何とかならないのかというのが率直な感想です。見る側にすれば、年に1、2回しかない生観戦の機会。大会の運営方法の見直しが必要になってきていることは明らかですが、その前に、チームとして、プロ選手としてやるべきことがあるように感じました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。