「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな差を感じた一戦

試合後の長居スタジアム

 シーズン途中でチームを建て直し、いま最も勢いのあるチームと、シーズン途中で失速し、目標を失くしたチームの差がスコアに表われたゲームでした。2失点目を喫した時点で勝負あり。ゴールが欲しいあまりにリスク管理をせずに攻め上がったのでは、鋭いカウンターを繰り出すC大阪の前に追加点を奪われるのは当然でした。ここまで差があるとは思いたくもありませんが、チームの熟成度には大きな差があったことを認めざるを得ませんでした。

 敗因のひとつは前線の力不足。天皇杯同様、長野を前線に上げて早めに高い位置で起点をつくり、そこから展開するという狙いはある程度できたように思います。久しぶりに右サイドで先発した宮崎光平が中へ切れ込んでポイントを作った攻撃は、ここ数試合停滞していた中盤のリズムを作り出していました。ただ、前線でしっかりとボールを納める選手と、ゴールへ向かう怖さをもったFWがいなくては決定機にはつながりません。前線で最も存在感を示したのが長野という現実が、チームのFW不足を物語っていました。

 ふたつ目は守備バランスの悪さ。ファーストディフェンダーの寄せが徹底しないために、自由気ままにボールを回され、あるいは激しく体を寄せたとしても、周りが連動しないために次のプレーで簡単に守備ラインを突破されてしまいました。どこで奪うのかということと、見るべき相手とスペースが曖昧な守備。城後の奮闘振りが生かされませんでした。そして致命的だったのは右サイドの守備。あれだけ簡単にやられてはどうしようもありません。

 そして認めたくはありませんが、個々の選手の能力差も感じました。もちろん、遜色のない働きをした選手たちもいます。そして、気持ちを持って戦っていたことも伝わってきました。本来持っている力の差はここまでではないでしょうし、チームの勢いの差がプレーの勢いに表われた側面はありますが、この日の試合に限っては、力の差は認めざるを得ませんでした。特に前に向かうプレーの怖さには大きな差がありました。

 選手の力がひとつに束ねられていないことと、ここへ来て顕在化しているFWとDFの人材不足がどうしようもなくチームに閉塞感を与えています。クラブ全体の問題点がそのまま強くチームに反映していることを改めて強く感じざるを得ません。シーズンを通しての問題点が簡単に解決しないことは承知の上で、チームには問題点を正面から見つめて遠慮せずに意見をぶつけ合うこと、クラブには全員が同じ船に乗っていることを徹底するための組織作りを早急に行うことを強く望みます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。