「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒を飲みながら思うこと

1人深夜に飲む酒は

 お酒は嫌いじゃない方ですが(汗)、なぜか、家ではほとんど飲む習慣のない私。ただ、今日は何となく飲みたい気分になってグラスを傾けています。別にやけ酒とか、悩みを酒でごまかしたいとかいうわけではないのですが、たまには1人じっくりと飲むのも渋いかなと(笑)。深夜に肴も用意せず、ただゆっくりとアルコールを喉に流すのは格別な感じです。青少年も見ているかも知れないブログにこんなことを書いていたら、Jリーグからお叱りを受けるかも知れませんが。

 さて、天皇杯開催のために中断していたJリーグが再開します。今シーズンの残り試合は4。C大阪、徳島、湘南、鳥栖と難しい試合が続きます。ひとつの現実として来シーズンからのJ1昇格という目標は消えてしまいましたが、J1に定着し、いつかは優勝を争えるクラブになるという目標に向けてのチャレンジが終わったわけではありません。やらなければいけないことは、今までも、そしてこれからも変わるものではありません。

 今から20数年前、金融機関のサラリーマンとして営業部門にいた頃、思うように成績の上がらない私に所長がこう話してくれました。
「一生懸命にやっているか?だったら人の目を気にしないで胸を張れ。お天道さんは見ている」
そして、こうも言ってくれました。
「夢は必ず実現する。そのための方法がある。それは夢が実現する日が来るまで絶対に諦めないこと。実現するまではチャレンジの最中と言い張ればいい。そして実現した時に『どうだ夢は実現した』と胸を張れ」

 とっても都合がいいように思いますが(汗)、それ以来、「お天道さんは見ている」「夢は必ず実現する。今はチャレンジしている真っ最中」というのが私の座右の銘になりました(笑)。半世紀も生きていれば、自分の力のなさを痛感することも、理不尽なことも、星の数ほど経験しました。そしてこれからも、同じようなことが繰り返されるはずです。それでも私は「お天道さんは見ている」と自分に言い聞かせ続けます。

 自分の周りにある困難や障害は取り除かなければいけません。けれどその前に、どんな状況に置かれたとしても、自分のやるべきことをとことん追求する姿勢がなければ何も解決はしません。夢など口にすることさえできないような状況に追い込まれたとしても、それでもなお自分のやるべきことを見失わないこと。それが夢の実現に向けての唯一の方法だと私は考えています。

 チームの、選手たちの夢は何か?C大阪戦でそれを表現してくれることを願っています。そして、完全アウェー状態になるであろう長居スタジアムの記者席から、変わらぬ思いをピッチに送りたいと思います。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。