「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和戦を終えて

シルバーとネイビーに染めて

 ここ7試合で福岡のベストマッチでした。立ち上がりこそ相手の「個の力」にあたふたとしましたが、時間の経過とともに組織的な守備が機能。浦和の攻撃からリズムが消えていったのは、福岡が浦和の攻撃を組織で寸断した結果でした。現有戦力を最大限に生かすために取った4-5-1の布陣も見事に当たり、今シーズン、リーグ戦初先発を果たした長野も、城後も期待以上の活躍。中村北斗は去年のプレマッチ同様に三都主を抑え、林も有光もいい働きを見せました。福岡は力の限り戦ったと思います。

 試合展開も狙い通りでした。押し込まれても決して引かず、素早いプレスと連携の取れた守備で相手を囲い込んで浦和の特徴を消し、リズムがおかしくなったところをジワジワと手繰り寄せるようにして主導権を握り、そして勝負所で攻勢にでる。林に闘莉王を引っ張らせておいて、トップ下の久藤に前を向かせ、田中佑昌のスピードを生かしてサイドから仕掛ける。もちろんピンチもありましたが、試合は福岡の狙った通りに進んでいました。それは勝利に対する気迫が生んだものでした。

 しかし、結果は終了間際の一発に沈められての敗戦。これが現実でした。「力任せに強引にねじ伏せられた」。私にはそんな風に感じられました。個々の力はともかく、チームの総合力としては、ほとんど互角だったと思います。しかし、過去7戦同様、最後の力強さに欠けました。その部分の差が結果に表われたように思います。これが勝利を挙げるために必要な最後の武器。とにかく、全員で前を向いて突き詰めていくしかありません。

 今日は試合後にある出来事があり不愉快な思いもしましたが、全てをグッと飲み込みました。いい試合をしたけれども負けてしまえば、何を言っても負け惜しみにしかなりません。悔しさを晴らすには勝つことしかありません。そして、その努力を選手たちは精一杯やってくれています。その気持ちがある以上、結果が出ないはずはありません。サッカーの神様が認めてくれないのなら認めさせるまで。足りないものがあるというなら手に入れるだけです。そのための後一歩。今まで以上に全員の力を合わせて踏み出したいものです。

コメント

一言で表現するなら「福岡恐るべし!」。
そんな試合でした。大方の人が「個の力に対して組織の力がどの程度通用するのか?」と思っていたと思います。私もその一人でした。
十分に通用しています。
浦和側でこぶしを掲げ、声を出し試合を見ていて震えを覚えて熱いものがこみ上げてくるのを感じました。
負けたことで自信を失うのではなく、この負けは間違いなく自信にしていいと思います。
福岡の次節以降に期待!

中倉さんがブログやられているの今日気付きました!!
遅くてすみません…

一昨日はお疲れ様でした。
育成派の先輩として福岡の動きは目が離せません。
まだまだ、こんなもんじゃないでしょう。
福岡が何を積んできたのか私だって知ってますよ。
初勝利に向けてまた気持ちを切り替えて戦っていってください。

しかし博多の森に行きたいな~…

いつも楽しみに拝見しています。
浦和戦では、飛車角金銀みんな落ち、みたいなメンバーでも、選手たちは、あの浦和相手に臆することなく堂々と戦っていて、誇らしさに胸が熱くなり、歌えなくなってしまったくらいです。

でも、だからこそ、勝たせたかった・・・勝って、その頑張りを報わせたかった・・・本当に悔しいです。

結局は、開幕からの課題である「得点力不足」と「終了間際の失点」が解決されていなかったからこそ、こういう結果なのではないでしょうか。

やっているサッカーは間違っていないし、選手たちも頑張っていると思います。
でも、勝つことでそのことを客観的に認めさせたい。
1日も早く課題を克服してほしいと思います。

みなさん、コメントありがとうございます。

>博多赤蜂さんへ
久しぶりにレッズの応援を当事者として体感させてもらいました。相変わらずの迫力のある野太い声にレッズらしさを感じました。

「相手を尊重して、謙虚に、しかし自信を持って戦う」
これは、2000~2001年に監督を務めたピッコリ氏がよく口にした言葉で、私の最も好きな言葉です。日曜日に、福岡の選手たちは、この言葉を実践してくれたと思っています。

しかし、善戦はあくまでも善戦。当たり前のことですが敗れたという事実は、やはり「何かが足りない」ということだと思っています。「いいチーム」ではなく、「強いチーム」と呼ばれるように精進したいなと思っています。そういえば、「精進」と言う言葉も、ピッコリ氏が良く使っていました(笑)

挑戦者から好敵手へ。早くそう呼ばれるようになりたいものです。

>笹さんへ
ご無沙汰しています。
多少の困難は承知の上。こんなことでへこんではいられません。長いシーズンは、今まで積み重ねてきたものの重みで結果が決まると思っています。これからです。
「我慢と継続」。シーズン前に誓った言葉ですが、やり続けますよ。

ところで、どこかでお会いするタイミングがあれば、またサッカー談義に花を咲かせましょう。私も何かのタイミングで、私を育ててくれた札幌へ行ってみたいと思っていますので。

>footieさんへ
福岡を追いかけるようになってから今年で8年目ですが、私にとっては9日の試合が最も印象に残る試合になりました。悔しさも今までで一番強く感じています。その悔しさが、自分の「勝ちたい」という気持ちを「勝ってやる」という気持ちに変えてくれました。次はやりますよ。・・・と言っても私がプレーするわけじゃないんですけれどね(笑)。

やはり、どこで点を取るかということに尽きると思います。自分たちの時間帯にゴールを決められれば試合の流れ自体が変わりますから、必然的に終了間際の失点もなくなると思っています。林と有光が可能性を感じてくれましたし、けが人も雁の巣のピッチの上に顔を出すようになりましたから、あと少しの我慢です。

それにしても、とにか勝ち点3ですね。
結果が出れば一気に流れが変わると思います。サッカー事態は間違っていないので。
とにかく今は、精一杯のサポートをしていきたいと思います。頑張りましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。