「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大一番を前に

大一番を待つ博多の森

「私たちにとって、今シーズンの中で最も大切な試合。サポーターの皆さんが博多の森に足を運んでくれることを私は歓迎します。それは私たちにとって本当に大きな力になるはずです」。リトバルスキー監督は、そう言って大一番の前のトレーニングを締めくくりました。J1昇格のために越えなければいけない最初の壁。勝利以外の結果は必要のない試合。サバイバルレースへの生き残りをかけて、福岡は京都との大一番を博多の森で迎えます。

 選手たちも厳しい表情でトレーニングに臨んでいました。リトバルスキー監督とクルークコーチを交えて攻撃陣と守備陣に分かれてのゲーム形式のトレーニングでは、ポジション取りについて選手同士で激しく言い合うシーンも見えました。適当なところで妥協するのではなく、自分たちのやるべきことを徹底的に追求しあうこと。納得がいくまでとことんぶつかり合うこと。その姿勢はプラスになることはあっても、マイナスになることはないはずです。

 京都との過去3試合を見れば内容は紙一重。3連敗の結果は守備の乱れによる自滅と言っていいと思います。今回も激しい攻め合いが予想されますが、最大のポイントはこの部分。福岡の時間帯もあれば、京都の時間帯もある。互いにゴールを奪い合う試合の中で、悪い流れの時にどこまで持ちこたえられるか。中盤からのチャレンジ&カバーを徹底し、アンドレとパウリーニョをフリーにしないことができるか。それが勝利を呼び込む最大のポイントです。

 だからと言って、守備的に戦ったのではサッカーの神様はほほ笑んではくれません。基本は、あくまでも高い位置からボールにアプローチして攻撃を仕掛けることです。特に福岡の右サイドでの攻防が試合の行方を左右するのではないかと見ています。京都の左SBの中谷は攻撃的な選手。相手も仕掛けてくる分、田中佑昌が走り込むスペースがあります。積極的に仕掛けてサイドの攻防を制することができれば、試合全体を有利に進められるはず。互いにとって譲れない攻防になるはずです。

 さて、京都戦のために戦った天皇杯は結果として消化試合のような内容。福岡が狙ったことの全てができたわけではありませんでした。しかし、それが却って選手たちに緊張感を与えているように思います。その危機感が試合に漂うのであれば、それは福岡の力になると思っています。なぜなら、連携不足による守備の乱れも、分かっていながら同じことを繰り返したのも、ベテランの頑張りがチーム全体に浸透となかったのも、危機感が欠けていたことと無関係ではないからです。ここまでとは違った試合を見せてくれるのではないか。大一番を前に、そんなふうに感じています。

「大一番。痺れる試合ができるのは現役選手として嬉しいこと。それを力にして勝利をもぎ取りたい」(布部陽功)
 あとは全力を挙げてぶつかるだけ。自分たちの力の全てを見せるだけです。その先にある勝利を信じて。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。