「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒田のホテルで

071001_国体取材のため酒田にいます

 山形から高速バスを乗り継いで、いま酒田にいます。明日から(10/01)開催される秋田わか杉国体・サッカー女子の部を取材するためにやってきました。秋田国体なのに山形に滞在していると言うのも変な話ですが、試合が行われる「仁賀保」と「西目」にはホテルなどほとんどなく、しかも地の利が非常に悪い。ということで、最も便利なところが会場から約60キロほど離れた酒田市。もちろん、国体の匂いなど何処にももありません(汗)。

 さて国体(国民体育大会)とは、戦後の荒廃と混乱の中、スポーツを通して国民に勇気と希望を与えることを目的に1946年(昭和21)に京阪神地区を中心に第1回大会が開催され、その後は、各都道府県が開催地を持ち回る方式で行われています。全日本選手権が個人の資格で参加するのに対し、各県対抗の形で行われるもので、言わば、国内オリンピックのようなもの。各競技毎の表彰の他、それぞれの競技の成績を合算し、男女総合順位の1位に「天皇杯」、女子の総合2位に「皇后杯」が贈呈されます。

 古き、良き(?)アマチュアリズムを遵守する大会であることから、プロ化されているサッカーでは必ずしも国内最高峰の大会ではなくなってしまいましたが、大部分の競技においては全日本選手権と並ぶ二大大会のひとつ。県代表の誇りと責任を背負って戦う名誉は、選手にとっては特別の意味があります。かく言う私も、高校時代には北海道の軟式テニス(今はソフトテニスと言う)代表選手になるべく、真夏のテニスコートでボールを追いかけたものでした。

 各競技ごとに、成年男女、少年男女(18歳以下)の部がそれぞれ開催されますが、サッカーの場合は、少年男子の出場資格が昨年から16歳以下(中学3年生を含む1991.1.1~1993.4.1)に変更されました。これは日本サッカー界の若手育成の考え方を取り入れたもので、高校受験のために中学生3年生が競技生活から離れるのを防ぐための措置として取られたものです。また、女子サッカーでは、中学3年生を含む1993.4.1以前に生まれた選手を対象に女子の部だけが行われます。

 女子の部は明日から4日まで。成年男子、少年男子と同じく、35分ハーフ(インターバル10分)のトーナメント戦で行われ、決着がつかない場合は20分(10分ハーフ)の延長戦を行い、それでも決しない場合にはPK戦で次回戦に進出するチームを決めます。優勝までには4日間で4試合を行うハードな大会ですが、一部のプロ契約選手を除いて日本の一流選手が集結する女子の部は、白熱した試合が見られるはず。今から楽しみにしています。

コメント

はじめまして。
当日の国体女子サッカーは私も見ていました。
実は地元西目出身です。
単身、福島にいますが、今回は稲刈り(カントリーですね)のため、帰っていました。
福島では女子サッカー、マリーゼをよく見てます。秋田ではJFLでTDKが今シーズンから試合を行っています。
元々秋田はスポーツが盛んですが、若い人が県外にでて・・・
今回の国体、地元では感じている人が、少ないかも。それは、他県から見にくる人達のアフターが少ないのでは!?ホテルも「にかほ、西目」には少ないのですが、地元の家に宿泊できるケースもあるみたいです。ただ、宣伝が少ないのかもしれません。
これから、地元が活性化するには、たくさんアピールしないと駄目ですね。
遠いところ観戦に来てくださって、ありがとうございます。秋田を忘れずに!PS.TDKよろしく

>本荘たろう さんへ

コメントありがとうございました。
私自身の国体取材は2回目ですが、国体は私が好きな大会のひとつでもあります。それは、地元の方たちとの触れ合いを感じるからです。試合取材の他にも、その土地に触れ、その土地の人たちと言葉を交わすことは、私にとっての大切なことです。今回も、売店のおばちゃんたちと軽口を交わしながら、つかの間のコミュニケーションを楽しんでいます。そして秋田は間違いなく、私の心にしっかりと刻まれた土地になりました。

さて、他の会場は分かりませんが、女子サッカーに限っては観客も、取材も非常に少ない印象を受けています。反面、近所の(?)おじいさん、おばあさんが多いのも特徴のように思います。女子サッカーを見るのは初めてなのでしょうが、近所で国体があるのなら、ちょっと見ておくかといった感じを強く受けます。宿泊先の件もそうですが、もっとアピールしてくれればと私も感じています。

その反面、スポーツとは縁が深くはないと思われるお年寄りの方たちが、特に構えずにスタジアムに足を運んでくれることは、とても大事なことのように思います。スポーツは性別も、年齢差も、すべての垣根を取り払ってくれます。その中から、スポーツをきっかけにしたコミュニケーションが生まれます。それがスポーツの良さのひとつだと私は思っているからです。

また、私は、東京、札幌、福岡と、いわゆる大都市と呼ばれるところでしか生活をしたことがないので、スポーツ取材を仕事にし、全国各地のスタジアムを歩くようになったことで、日本の実態を強く感じるようになりました。それまでは、町おこしとか、地域の活性化という言葉は、正直に言ってピンとこなかったのですが、いまは本当に大切なことだと痛感しています。私が関わっているスポーツが、少しでも地域活性化に役に立つことが出来ればと願ってやみません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。