「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず2勝目

まずは2連勝

 山形との一戦も難しい試合になりましたが、結果は2-1の勝利。早々と先制点を奪いながら攻めきれずにリズムを崩した前半。難しい時間帯を凌いで追加点を取った後半。ロスタイムに1失点を喫し、ややバタバタした終了間際。課題も収穫も手にしながら、またひとつ大事な勝ち星を重ねました。まだ万全の状態とは言えませんが、何より大事な結果を手に入れたチームは、少しずつ自分たちを取り戻しつつあるように感じています。

 まず攻撃面では、高い位置からプレッシャーをかけて主導権を握る戦いが出来たことが収穫でした。城後寿のボール奪取から始まった先制点はまさに狙い通り。久永辰徳のFKから奪った追加点も、相手を押し込んだところで前からボールを奪いに行ったことが、いい位置でFKを得る事につながりました。また、山形に前を向かせなかった前半の30分くらいまでは、福岡らしい前から行く形が非常に良く出ていました。

 一方、守備面での収穫と言えば、チーム全体にチャレンジ&カバーの意識が徹底されていたことです。「そこは選手間ですごく話し合っている部分。チャレンジ&カバーが上手くいくように、お互いの距離感を試合の中で細かく修正しながらやっていた。今日は話し合った部分ができた。だから悪い時間帯を凌げたというのがある」(久永)。布部陽功が全体をコントロールし、高い位置からプレスに行ったり、ブロックを作って相手を待ち受けたり。中盤から最終ラインにかけての一体感がありました。

 そして課題は、いつ、どこでスピードアップをしてシュートまで持っていくかということと、クロスボールに対して飛び込んでくる選手を誰が捕まえるのかいうこと。特に、相手の決定機のほとんどが、クロスボールに対して、2列目、あるいはファーサイドから飛び込んでくる選手をフリーにしてしまったことによるもの。上位チームは、これをキチンと決めてきますから、この部分の整備が勝ち続けるためには欠かせません。

 この2連勝で強く感じるのは、やはり「勝利は最高の良薬」ということ。ロスタイムの1失点は余分でしたが、攻め急がず、引きすぎず、落ち着いてプレーできるようになってきました。この戦いを上位チームに対して出来るかどうかが、これからの最大のポイント。泣いても、笑っても、あと1試合ずつしか対戦はありませんから、全力を尽くして準備をしてほしいところです。次は天皇杯を挟んで行われる京都戦。ここまで味わった悔しさを晴らさなければいけません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。