「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自覚と責任

いつになったら・・・

 勝てなかったことよりも、あいも変わらず同じことを繰り返す選手たちに空いた口が塞がりませんでした。危機感のなさ、責任感の曖昧さは言うまでもなく、やるべきことを把握できず、チャレンジ&カバーというサッカーの基本すらやらない。しかも、プロとは思えない致命的なミスの数々。試合後、久永辰徳は「本当に昇格したいのなら、あんなミスは絶対にしない」と踊らない選手たちに檄を飛ばしましたが、それも当然のことでした。

 この日は、たとえ失点することがあっても、それを気にするのではなく攻撃的に行くということを、ベテラン勢を中心に確認しての試合でした。練習での修正の甲斐もあって、シュートの意識はいつもより高く、奪った3得点は、いずれもゴールに向かう姿勢が生んだこぼれ球を展開してのもの。1失点を喫したとはいえ、前半は、決して悪い内容ではありませんでした。ところが、いつものように後半の立ち上がりに集中を欠き、同点にされてからはパニックに陥り、そして守備が崩壊しました。

 はかったように後半の頭に集中を切らす。ボールだけしか見ない。マークにつくべき相手をマークしない。カバーの意識がない。原因は、戦術ではなく個々の問題。サッカーをやる上での基本をやらないことにあります。1人がチャレンジしてもカバーがないので抜かれたら終わり。スペースをカバーする意識がないのでスルーパスは出され放題。そして、ボールしか見ていないために前後左右に振り回されて、結局ゴール前の選手をノーマークにする。3失点目はその典型。ここ6試合の失点は同じような形からやられています。

 なぜ繰り返すのか。それは個々の意識の問題としか言いようがありません。選手たちは「ちょっとした部分」と言い続けてきましたが、それは、ちょっとしたミスや意思統一のズレを指すのではなく、それを引き起こしてしまう自分たちの危機感のなさや、精神的な部分での甘さにあるということを強く認識しなければいけません。いま自分たちに問われているのは、選手としての責任と自覚。それを理解しないのであれば、昇格を口にする資格はありません。

 本当に昇格したいのなら、誰が見ても勝ちたいという気持ちが分かるような試合をした上で結果を出すしかありません。チームの力はクラブに関わるすべての個人たちの力の総和。その考えは変わりませんが、どれだけみんなが力を送ろうとも、それぞれの立場で行動を起こそうとも、選手がやるべきことをやらなければ結果が得られるはずもありません。自分のことはもちろんですが、自分たちが背負っているものの大きさも理解して水戸戦に臨んでほしいものです。

コメント

>選手としての責任と自覚
監督にただ与えられてやるんだったら、プロ選手ではないですね
監督の戦術を選手たち全員が自分たちで理解して、話し合って、それをチームとして機能させるなければ、J1昇格は無理ですね
サッカーの精神であるトータルフットボールを選手たちは忘れているんでしょうか?
未熟な選手がいると明言したクラマー氏の眼力はすごいですね

>九州っこ さんへ

すっかり返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

どんなチームも課題を抱えながら戦っているわけですが、アビスパの最大の問題点は、自分たちから積極的に問題に取り組んで、その本質を理解することが苦手だということです。悪い部分が分かっていても互いに指摘し合うことは少なく、指摘するにしても、とことん追求する姿勢に欠けているように見えます。もちろん、私たちの目が届かないところでいろんな話をしているとは思いますが、それが形に現れません。これは松田監督時代から続く課題で、今年のチームを見ていると、2003年頃の精神状態と非常に似ているなと感じています。

言いかえれば、だからJ2にいるのだと言い変えられるかもしれません。俗に言う「勝者のメンタリティ」が足りないということになるのでしょうが、J1昇格争いというのは、まさに「勝者のメンタリティ」を身につける争いでもあります。それができたチームがJ1に上がれるのだと私は感じています。もちろん、アビスパだけの問題ではなく、多くのJ2のチームが同じことを抱えています。だから、どこも抜け出せずに混戦が続いているのだと思います。

残り9試合で、それを身につけることができるのか。
2004年に驚異的なペースで追い上げたときも、2005年にJ1復帰を果たした時も、終盤の戦いでは、一時的にせよ、「勝者のメンタリティ」を身に着けていました。それは苦しい戦いをつづけ、情けない思いをした中で手に入れたものでした。今年も、その再現をしてほしいと願っています。それはチームをJ1に戻すだけではなく、選手1人、1人が大きく成長につながるからです。そういう観点で、今日の山形戦を取材してこようと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。