「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気を持って

雁の巣の空の下で

 多少過ごしやすくなった今日この頃ですが、雁の巣球技場だけ天気が違うようで(汗)、強い日差しが降り注ぐピッチの上は依然として夏を感じさせます。そんな中でC大阪戦に備えて汗を流す選手たち。京都戦の翌日の気分転換のトレーニングでは笑い声が響くこともありましたが、3連敗中ということもあって思い詰めているような感じも受けます。しかし、昇格争いは大混戦。決して悪い位置にいるわけではありません。とにかく、やるだけです。

 京都戦から続く3試合を見る限り、選手たちは自分たちが戻るところを見つけられないように思います。攻撃的な特徴は試合内容に出ていますが、流れが悪くなったときや、失点したときにチームが動揺しているのが見てとれます。チャレンジしない。負けることを恐れる。それがさらにゲームの流れを悪くするという悪循環に陥っています。前に出ること。トライし続けること。それが福岡のサッカーであることを思い出してほしいと思います。

 そんな選手たちにリトバルスキー監督も檄を飛ばしています。「順位表を見たり、3連敗を喫したということで選手たちは、いろんなことを考えているだろう。しかし、いま必要なことは、悪い流れに反応することではなく、自分自身が何をしなければいけないかということを思い出すこと。自分たちは何を渇望しているのか、そのために何がしたいのか、その気持ちを取り戻すことだ。去年の最終戦で味わった気持ちを忘れかけているのではないか。それは早すぎる」。強い気持ち。それが何よりも必要だと思います。

 そんな状況の中で、MF、DF、GKが集まって選手たちだけのミーティングが行われました。「どこでボールを取りに行くかとか、守備面でバラバラになっていたところがあったので、失点シーンを確認しながら、お互いの意見をぶつけ合った」(宮本亨)。いま求められているのは、仲良くまとまることではなく、厳しくぶつかり合うことで気持ちをひとつにすること。ミーティングの結果を試合で出してくれることを望んでいます。

 首位を行く札幌との勝ち点差は12。残り試合を考えれば届かない差ではありません。2位の京都との7の差は十分に射程圏内です。慌てる必要も、焦る必要もありません。大切なことは、ライバルの動向を気にすることではなく、自分たちが勝っことだけに集中すること。負ける恐怖と戦うのではなく、自分たちのサッカーを表現することと戦うことです。まずはC大阪戦。勇気を持って前に仕掛ける姿勢を見せてほしいと思っています。

コメント

ここのところ見れなかった「仕掛ける姿勢」、これに尽きると思います。

今日はサッカーでサポーターを熱くさせて欲しい。

「フットボールをするだけではなく、ハードワークをしなければいけない。ハードワークすることで、はじめていいフットボールができる。今日の試合は、戦略的なことよりも気持ちが大事。気持で勝ち取る試合だ」

昨日の囲み取材でのリトバルスキー監督の言葉です。その言葉通り、熱い戦いで勝利を掴んでほしいものです。

こんにちは。私はサガンサポの一人ですが中倉さんはサガンの取材も時々されていることもあって、
こちらのブログはよく見ています。
さて、中倉さんも書かれていますが、9月2日のダービーにおいてとても残念なことがおこりました。
本来は下の「納得のいかない九州ダービー 」でコメントすべきなんでしょうが
コメントが増えすぎたようなのでこちらに書かせてもらいます。

-9月2日の試合前後で起きたこと-
1.JR電車内にて集団で騒ぎ立てる(電車でGO!という企画ですね)
2.上記1の後に公道を占拠しての行進、その際に発炎筒や打ち上げ花火を使用。
3.ピッチへのペットボトルの投げ込み
4.メインスタンドと南側サイドスタンドの間に設けられた封鎖区域を突破
5.ピッチへの飛び降り
6.一般観覧者の小学生と接触しケガをさせる
7.試合後、集団で関係者ロビーへの侵入。
  一時、数名がロビー内へ押し入り、警備員および鳥栖スタッフを蹴る。

-その後の経過-
アビスパ福岡のオフィシャルサイト上で今回の件に対する処分や
一部サポのホームゲーム入場自粛について告知される。

-これらの件に関して私が感じた疑問や不満-
・問題を起こした福岡サポーターの一部ははアビスパの運営会社に謝罪しているようだが、
 サガン鳥栖やJRへの謝罪が無い。
・今回の件に対して処分や自粛の発表はあったものの、再発防止に向けた動きは現在のところ無い。

ちなみサガン鳥栖でも昨年の仙台戦で問題行動がありました。
しかし、サポーター会議が行い、クラブからの再発防止策(立ち入り禁止区域を設ける)も発表されました。
5月28日サガン鳥栖ホームゲーム試合終了後の問題
http://www.sagantosu.jp/c/news/contents/20060529184834_346
5月28日サガン鳥栖ホームゲームにおける騒動について
http://www.sagantosu.jp/c/news/contents/20060601202504_360
サガン鳥栖サポーター会議 開催報告
http://www.sagantosu.jp/c/news/contents/20060607235927_383
ホームゲーム時の、お帰りの際の注意事項
http://www.sagantosu.jp/c/news/contents/20060610192409_404

そこで中倉さんにお願いしたいことがあります。
今回の件をジャーナリストの目で振り返っていただけないでしょうか?
ご多忙の中ずいぶんと勝手なお願いだと我ながら思います。
しかし、サガンとアビスパはいい意味での好敵手であって欲しいのです。
その手助けをしていただけないでしょうか?
両チームのサポーターが安心して互いのスタジアムへ行ける・・・そのような関係であって欲しい。
それが私の願いです。

-追伸-
8月21日の「浅草な1日」は楽しく読ませていただきました。
私も8月中旬に東京へ行く用事があったので
上野アメ横でモツ焼き、モツ煮込みを堪能しました。ちなみにお店の名前は「大統領」
また行きたいなあ・・・

長文失礼しました。

>全開さんへ

ご丁寧な書き込みありがとうございました。
また、全開さんのサッカーに対する思いが強く伝わってくるコメントでした。私自身の行動にも強く響くものがあり、いろんなことを考えさせられています。

今回の出来事は、福岡にかかわる当事者として非常に重く私の心にのしかかっています。自分が何かをできなかったのか。これまでの自分の活動の仕方にも問題があったのではないか。いま、自分が何をなすべきなのか。正直に言って、まだ整理しきれていません。「ふがいないぞ」とのご指摘も、今は甘んじて受け入れているのが現状です。

現在の心境を語れば、私も福岡に関わる当事者である以上、高い位置に立って、自分だけが別の人間のように振舞うことは決してやってはいけないことだと考えています。その反面、やはり当事者として、今回の事件について思い悩んでいるサポーターや、ファンと一緒になって起こったことを整理して、再発防止に向けて取り組まなければいけないとの思いもあります。

今すぐ何をするかとお答えできないのは申し訳なく思いますが、いつも自分が言っているように、起こった現実から目をそらさずに、自分の立場で何ができるかを考え、そして行動に移したいと考えています。どういう形になるかはまだ明確ではありませんが、何かをしたいと思います。

全開さんのコメントは、深く、重く受け止めています。ありがとうございました。感謝しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。