「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得のいかない九州ダービー

やりきれない敗戦

 残念なことだらけの九州ダービーでした。

 絶対に負けられない気持で臨み、その気持ちのすべてを表現したサポーターが、あれだけのことが起こった試合の後で黙って帰れない気持になったのは当然だったと思っています。それでもなお、試合後にメインスタンドに入り込んだこと、ピッチに飛び降りたこと、管理棟に入って抗議行動を行ったことなど、一部のサポーターが起こした行為は許されることではありません。どんなことがあってもルールはルール。それを守れなければ全ては台無しですし、結果的にクラブにとってもマイナスにしかなりません。間近で目撃して何ともやりきれない気持でした。

 もちろん、審判については問題があったと言わざるを得ません。鳥栖との九州ダービーだから言うのではなく、福岡の試合以外でも、今年は疑問を感じざるを得ない判定が多くあります。サッカーがプロとして定着し、サポーターにとって特別なものになっているにもかかわらず、審判の感覚は、サッカーがアマチュアだったころや、観客を意識しないでいい頃と変わっていないように感じます。審判も含めて、ミスがあるのがサッカー。しかし、それでは済まされない状況にきていると思います。

 それと何より納得がいかないのが福岡の戦い方でした。ボールは回すものの縦へ勝負を仕掛ける姿勢に欠け、攻めているようで、鳥栖の思惑どおりにボールを持たされていただけ。湘南戦と同じことを繰り返しました。一番の問題は先制点を喫した後。福岡の落胆ぶりは一目瞭然で、いきなりリズムが変わりました。ハーフタイムを挟んでも、その姿勢は変わらず。チームとしてやるべきことを整理できないままに後半に入り、いつ点を取られてもおかしくないほど、チームはバラバラになっていました。

 パス回しは上手いけれども、走力も、試合運びも、気迫も、鳥栖に劣っていた試合。様々な問題とは関係なく福岡の完敗。私にはそう感じられました。無失点で抑えることは大事なことではありますが、サッカーは点の取り合い。1点を失ったくらいで自分たちを見失ってしまう選手たちを見ているのは情けないものがありました。同じことを、大事に時期になっても、何度も繰り返す。J1復帰を目指すメンタリティに欠けていると言われても仕方のない試合でした。

 それでも、数字の上では昇格の可能性はいくらでも残されています。問題点から目をそらさず、勝つためにしなければいけないことを整理し、互いに厳しく追求しあうこと。それが一丸となって戦うということだと思っています。分からないことは徹底的に話し合い、同じことを繰り返す問題点を厳しく指摘しあい、その上で戦いに臨むこと。それがJ1昇格への唯一の方法であり、鳥栖戦で感じた不条理や、悔しさ、情けなさを晴らす方法だと思っています。

コメント

いや、まったく同じことを考えていました。
もちろん審判もひどかったけれど、
この試合は自滅によるもの。

失点したときこそ、「自分たちの力」を思い出させるような応援をしていかないですね。

湘南戦に続き、コンパクトに守られると崩せませんね。

ボールはキープできているものの、
アビスパの攻撃には怖さを感じませんでした。

次節は5人が出場停止。
また厳しい試合になりそうです。

試合後、関係者出入り口でアビスパサポーターと警備員がもみ合っていました。
気持ちは分かりますが、ああいったことは辞めて欲しいです。

ここ数試合、いや、これまでも上位チームとのゲームはたいてい、相手に合わせた戦術でしかなく、結局、自分たちのサッカーというものが確立されていなく、相手のペースにまんまと乗せられて終わる、そんな展開にしかみえません。

目先の90分のゲームに気を奪われて、偏った選手起用のデメリットの部分に気づかず、その一方で若手育成を怠ってきたこと、のびしろのないチーム作りになってしまっていることを、
主力5人を欠く次節で思い知るのではないかと、いまさらではありますが、そう感じずにいられません。

実は、リティ自身、戦術に限界を感じてて、混沌としているのではないかなぁ・・・。指揮官リティが混沌としてどこつかずでいるから、選手たちの試合運びもどこつかず。
リティがなにをやりたいのかがまったくもって、見えてこないから、選手の動きもまるで、”おかっぴきサッカー”になってしまって・・・ませんか??

サッカーを語る以前に、
数々の事件が起こってきた事に対して、知らんフリしてダンマリを決め込んだお前も同罪

マスコミの端っくれなら問題提起ぐらいやってみろ!!

何が大切な事か分からん奴が物事を公に語るなよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メンタリティの一言で済ませていいんでしょうか? 
上にも書かれているように、私もメンバー発表を見た時、監督自身が弱気になってると思いました。
ここ最近、相手に合わせてDFのところをコロコロ代えていますね。 布部をCBにしたり、久藤下がり目にしたり‥3バックにしてからは中盤の動きも出てきて、いい方向に行っていたような気がしていたのですが‥我慢して続けながら修正していく事はできなかったんでしょうか?
自分達のサッカーを貫き通すと言うのであれば
なぜ日替わりメニューのような事をやるのか?
選手間の意識のズレを大きくするだけじゃないですかね?

中倉です。
みなさんコメントありがとうございます。まとめてレスさせていただきます。私自身への厳しいご指摘もありますが、どのご意見も真摯に受け止めたいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>jay さんへ

どんな時でも自分たちのサッカーをやり抜く強さが欲しいなと感じています。目指すサッカーは攻撃的なサッカー。1点を取られてしまったら、取り返す気概を見せてほしかったと思っています。サッカーにはいろんな形がありますが、困ったときに拠り所に出来るのは自分たちのスタイル。それを忘れないでほしいものです。
--------------------------------------------------------------------------------
>hyak さんへ

ゆったりとしたリズムで回しながらも相手が喰いついてきた時にできるスペースを使うのが福岡のパターンでしたが、鳥栖も、湘南も、福岡のパス回しに食いついてこなかったように思います。やはり、かなり研究されているということなのでしょう。どこかで縦に仕掛ける勇気が必要だと感じています。

5人の出場停止でチームは別の顔になるかもしれません。しかし、ここで踏ん張らなければJ1復帰が難しくなるだけ。何としても勝利するしかありません。昨日のトレーニングマッチでは、FW陣が結果を出しましたが、とにかく、出られるメンバーで全力を尽くすしかありません。厳しい試合を乗り越えてこそのJ1復帰。その気持ちを見せてくれることを願っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>リティ福岡考 さんへ

自分たちの特長を最大限に引き出すために、相手の出方や流れを見るというのが狙いなのですが、結果的に、リティ福岡考さんがご指摘の通り、相手の出方に合わせるところで止まっていて、その先に進めず、自分たちのサッカーができない。それでも、地力の差があるチームに対しては押し切ってしまえるけれど、そうでない相手には通用しない。それが上位チームとの対戦や、大事な試合で勝てない原因だと思っています。

また、意外と思われるかも知れませんが、練習で頑張っている選手をすぐにベンチに呼ぶのがリトバルスキー監督の変わらない姿勢です。それに気づいている選手が試合に呼ばれ、そして気づかない選手には出場機会が回ってこないということだと思います。じゃあ、なぜ気づかない選手を気づかせられないのか。これは単に監督の責任とか、コーチの責任、あるいは選手自身の問題と片付けるのではなく、やはり、クラブ全体の問題として取り組んでいかなければいけないように思います。チームはクラブの持ち物。そこに流れる姿勢はクラブの姿勢そのものだからです。

そして、取材等で監督の話を聞いたり、練習を見ている限りでは、戦い方そのものは全くぶれていないように感じています。また、選手自身も現在のサッカーは受け入れているようにも見えます。ただ、選手たちがどの程度理解しているのかという部分で見ると、個々で理解度に差があり、それがそのままになっているように見えます。

それが、リティ福岡考さんが指摘されている、「選手たちの試合運びもどこつかず。リティがなにをやりたいのかがまったくもって、見えてこないから、選手の動きもまるで、”おかっぴきサッカー”になってしまって・・・ませんか??」ということになっていると私は思っています。まさにリティ福岡考さんがおっしゃる通りだと思います。

伝わらない方にも、伝えられない方にも等しく責任があると思います。このギャップをどう埋めるのかということが、いまの福岡に課せられた大きな課題のように思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>アホか さんへ

厳しいご指摘、ありがとうございました。ご指摘は真摯に受け止め、自分を見つめながら活動を続けていきたいと思います。ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
>管理人閲覧モードでコメントいただいたno nameさんへ

コメントありがとうございました。こちらのご意見も真摯に受け止めさせていただきます。私自身にも言い聞かせなければいけないことでした。
皆さんのコメントを受け止めながら、私自身が、どうすべきかということを日々考えて行かなければと改めて感じいっています。ご意見があったときは、またコメントいただければ幸いです
--------------------------------------------------------------------------------
>だいちゃん さんへ

もちろん、メンタリティだけの問題ではないと思います。技術面や、だいちゃんさんが指摘される戦術面の問題や、選手間の意識のズレ等々、いろんな問題が絡み合っている結果だと思います。私はそういった問題を解決できないことも含めてメンタル面の部分がより大きいように感じましたが、この部分は様々な意見があってしかるべきだと思います。どれかひとつを解決したから良くなるというものではなく、総合的に解決しなければ根本は変わらないように思えます。

3バックへの変更は、自分たちのサッカーを貫き通すための単なるオプションのひとつで、3バックは、相手との力関係の中で結果として上手くいっていたという部分もあり、あれが万全であったのかと問われると、そうとも言い切れないように感じていました。監督も、それは感じていたようで、上手くいっている時も4バックと3バックを相手に合わせて併用することをリトバルスキー監督は口にしていました。

しかし、3バックと4バックを併用することが結果として選手間の意識のズレを大きくさせているようであれば、マイナス効果だったと言わざるを得ないと思います。自分たちのスタイルを貫くために、どうすればいいのかという共通理解を作ること一番大事なことで、選手間の統一感が強く感じられない現状の中では、もっとシンプルに、分かりやすい形で戦うというのも一つの方法かも知れません。

鍋島主審の事は私の応援してるチームでもあった事なので
今更始まった事ではないと思います。
私もこの日は鳥栖サポの友人と見ておりましたが、確かにミスジャッジは多かったですね。
ただ、第3者の立場としては両チームにも後味悪かったと思ってます。

ただ福岡サポのあなたとしては、子供までペットボトルを投げたりしている事実はどう思われますか?
ピッチに入ったサポ数人の姿を見られてどう思われますか?
知人からあの後福岡サポ数人がメイン関係者入り口にたむろってたらしいと聞きました。

確かにチームを愛してるからどうしても偏った書き方をされてるかと思います。
ですがこの事実を見た私にとっては悲しい事です。
今回このような行動をを起こされた人達には十二分に反省してほしいです。
そして投げつけた子供を持った親さんもしっかり反省して叱ってあげて下さい。

ただ、一緒に見ていた友人曰く
「二度と来ないでほしい」と言ってましたが

http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/keigo-yamamoto/

こいつは事の重大さが判っていない
代表として「ごめんなさい」の一言をいえんのか?

こいつは自身が自粛して事件をすませようとする魂胆がみえみえだろ

そしてお前らはこいつらに全く届かない批判を少しだけするだけで
誰一人立ち上がろうとしない

いつもの事だもんな

>uni さんへ

今回の件をきっかけにして、いろんなことを考えています。

どんな立場であれ、どんなスタイルであれ、スタジアムにやってくる人たちは、福岡も、相手も含めて私は等しく好きです。勝負である以上、敗戦の悔しさは感じますが、それでもサッカーの仲間であると考えています。ですから、ご質問にあるような事実には、私もいつも悲しい気持ちでいます。子どもたちがペットボトルを投げているという事実は一切知りませんでしたが、それを知らされて何とも言いようのない気分でいます。ピッチへの飛び降りも、管理棟へ入ったことも、メインスタンドに入り込んだことも、すべては私にとっても悲しい出来事でした。

ですから、uniさんのコメントには返す言葉がありません。通り一遍のレスで申し訳ないのですが、本当に真摯に受け止めるしかないと思っています。

今回の事を貴殿がどのようなレポートを書かれるかを心待ちにしておりました。数々のブログやHPで色々な記述がなされていますが、所詮素人の意見であり、やはり本職のジャーナリストの方のコメントを聞きたいと思っていました。
しかし、正直失望しました。これでは、単なるサッカーフリークの感想文です。
勝負事に勝ち負けはつき物ですし、チームに順逆があるのも尋常の事です。ある意味たいしたことでは
ありません。
審判に問題があるのは、また別の機会に話すべき
ことではないのでしょうか?
とにかく昨日は、鳥栖サポとか福岡サポとか関係なく日本のサッカーファンとして許されない暴挙でした。サッカーを愛するものに対する挑戦です。
世界一安全なスタジアムを目指す。女性や子供が安心してみれるサッカー場を作る、という大切な理想が踏みにじられたのです。ジャーナリストなら何故そのことにしっかりとメスを入れ、毅然とした文章をお書きになられないのですか?
鳥栖側の危機管理能力のなさ、福岡側のサポへの
大甘なこれまでの処分がこんな増長したサポを生み出したことを厳しく糾弾し、サッカーに関係するすべての人間のあるべき姿を示すのがジャーナリストのあるべき姿であり、社会の木鐸のなすべきことでは
ないのですか?
おそらく、昨日初めてサッカーを観戦する人がいたなら、その方はサッカー場は傍若無人の集うところであり、今後一切足を踏み入れまいと思ったことでしょう。公共の交通機関での愚行や駅前での公道での暴挙も見た人なら目を背けたと思います。
昨日の一部のサポたちが行った博多駅からの愚行も取材し、スタジアム関係者から十分な聞き取りをやった上で、すべてを白日の下にさらし、問題点を指摘するのが、貴殿の務めではないのですか?
何か文章を読んでいると、一部のサポグループからの突き上げを怖がり、遠慮されているようにしか思えません。わが身が可愛いのなら職業変えをお勧めします。ジャーナリストとしてのあり方として、いかがお考えでしょうか?九州のサッカーに愛情を注がれている数少ないジャーナリストと思い、毎回ブログを読んでいたものとして、落胆したというのが正直な感想です。
もっとも貴殿が、単なるサッカー評論家であると言われるのなら、このような書き込みは2度といたしません。ご無礼いたしました。

鳥栖で起こった事

詳細な事実を私は知りません。ただ正面玄関で抗議には参加してました。正面に向かう際野次馬連中も集まって来てそんな連中が野次を飛ばし暴動に火をつけようとしてましたが前でかけあった山本君はじめオブリのコアメンバーや他の良心的サポはそうならない様に気を付けてかけあいました。また試合後メインから飛込んだサポはゴール裏からはよく確認できませんでした。その時オブリのコアメンバーはゴールに背を向け落胆や憤って黙ってました。自分が八百長鳥栖や八百長育夫と叫んでたらオブリのコアメンバーから怒られました。試合中に声出しきったら枯れるはずやろうもんて。確かに子供にぶつかったりして打撲でもさせたのは悪いです。でもマスコミにでると過剰反応するの辞めませんか鳥栖版の記者にあおられてオブリの全てを否定するって短絡的です。サポ団体は会社組織じゃないです。全てのメンバーの行動を把握したり完全に抑制するのは不可能です。もちろんそうは言っても謝罪の義務はあるとは思います。私自信も信じられない程の酷い判定の山であったとしても鳥栖や松本さんに対して八百長等言ってあとから自分の人間性に疑問をもちました。次のセレッソ戦見には行きますが立って声だし応援等は自粛します。あと、信じるられないと思われる方がいられればセレッソ戦はバックのAサポのゴールよりの端、通路の下辺りに居ますので声かけて下さい。詳しく話を致します。

中倉さんに対して否定的なことを言ったりする方も出ているようですが、中倉さんは日々アビスパを追い続けて本当に愛を持って取材してくれていると思います。考え方や表現の仕方は人それぞれだと思うし、当たり障りがないつまらない記事を書く記者に比べたら中倉さんの意見はとてもアビスパ愛を感じます。負けてイライラしているのは皆同じですが、だからと言って啀み合わず今こそ団結してサポーターとしてやれるだけやりましょう

>ベスト さんへ

ご丁寧な書き込み、ありがとうございました。痛く心に響いております。
何度も書いておりますが、本当にいろんなことが頭の中を巡っています。自分の心構えや行動、何をなすべきだったのか、これから何をなすべきなのか。自分の行動について見直さなければいけない部分があるのではないか。どこに向かっていけばいいのか。半世紀を生き、その答えを即座に出せない自分を情けなくも感じています。いまはただ、皆さんの意見を真摯に受け止めています。

ですから、ベストさんのご意見、ご指摘に関して、私から反論するものは何もありません。ご指摘を受け止めて、いろんなことを整理しながら、そして、自分のスタイルを見つめて次の一歩が踏み出せればと思います。貴重なご意見、本当にありがたく、感謝しております。ありがとうございました。

ヒロカドさん、ホルへさん、コメントありがとうございました。大変申し訳ありませんが、まとめてレスさせていただきます。
--------------------------------------------------------------------------------
>ヒロカド さんへ

全てのことを含めて、本当に言いようのない試合になってしまいました。悲しいし、情けないし、複雑な気持ちで一杯です。全てのサポーターに問題があるということではないことは、みんな分かっていると思いますし、いろんな出来事が起こった中で、精一杯、自分ができることをしていた方がいらっしゃることも、みんな分かっていると思います。その上で、これからどうするかということが大事なんだと自分に言い聞かせています。
--------------------------------------------------------------------------------
>ホルへ さんへ

もったいないほどの言葉をかけてくださり、ありがたく思っています。また、私の稚拙な態度が原因で、多くの方にご迷惑をおかけして申し訳なく思っています。今回の件で問題となったことに関してはクラブが正式な処分を検討しているようですから、それをしっかりと受け止めた上で、クラブやチーム、サポーターがバラバラにならないことを願っています。

あらしのあとで。
叱咤激励、愛のムチ・・色々な意見が出ていますが皆さんそれぞれ色々な角度、立場から物事の見方をされていますので、違った意見でも納得できるところが多々あります。
又、これまで心が折れそうになった時中倉さんのコメントで何回も勇気づけられました。
これからも、自分が見たこと、聞いたこと、それに基づいて感じた事を、信念を持って私達に発信してください。

大荒れの鳥栖スタジアム、親子で開幕戦の
ような試合を、息を吹き返してくれるアビスパを
見にいきました!
アビスパのサポーター怖い~
という子供の目に、この騒動はかなりの
インパクトで焼き付いたようです。

しかし、ここまで来たらもう失うものは
何も無い!ですよね。
そういう意味で、日曜日は、不謹慎かもしれないけど、楽しみです。選手もあの状態をみて
どう思ったか!どう切り返していくのか!
プロ選手として、どう立て直すのか
真価が問われる一戦です。

ぜひ、みなさん、博多の森にいきましょう!
そして、柳楽選手!どうして、試合にでてもいないのに、自分のことでも無いのにあんなに
熱くなれるのか?決してほめられる行為では
ないけど、チームを思うその気持ち
大事にしてあげたいから、だから次こそ、
勝とう!!!!!

>宝満山 登 さんへ

暖かく、そしてありがたいお言葉をいただき、大変恐縮しています。
少しずつ、少しずつ、自分の中を整理しています。そして、いただいた皆さんのコメントを噛みしめて、自分のあり方、自分らしさとは何かを、自分自身に問いかけています。
まだショックが完全に消え去ったわけではありませんが、自分も前を向いて進んでいこうと思っています。ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
>なかの さんへ

いつもコメントをありがとうございます。
お子さんには強烈なインパクトだったろうと想像します。大人の私でさえ、ショッキングな出来事でしたから。それでも、起こった現実を受け止めて、教訓として生かさなければいけないと考えています。

選手たちは、試合当日も含めて多くを語っていません。悔しさを含め、いろんな感情が渦巻いているはずですが、彼らは、自分たちができる最大の意思表現は勝利することだという強い気持を持っているように感じます。自分たちの真価が問われることも十分に承知していると思います。
5人の欠場というハンデを乗り越えて、「これがアビスパのサッカーだ」というものを見せてくれると信じています。厳しい戦いは覚悟の上。彼らの熱い戦いをしっかりと見届けたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。