「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19回目の九州ダービー

九州ダービー。絶対に勝つ!

 決してチームの状況が悪いというわけではない。しかし、終盤戦に向けて万全の態勢が整っているとは言い切れない。このどっちつかずの微妙な状況が今の福岡だと思います。悲観する必要はないけれども、勝ち切れるという強い手応えもない。そんな状況がシーズン当初から続いたまま、現在に至っているという感じを受けています。得点、失点などの数字を見れば、チームが大きく変わったことは明らかなのですが、前に向かう強い推進力のようなものをいまだに感じられずにいます。

 なぜなんだろう。それが最近の私の疑問です。今までに起こったことのひとつ、ひとつには理由があり、それを分析することも、チームが志向するサッカーも、あるいは、戦う上での基本的な考え方も説明することも可能ですが、それは単なる現象面のこと。チームの根底にある「何か」が、どうも見えてこない。決してバラバラにはなっていない。その傾向が見えているわけでもない。しかし、まとまり切れていない。そんな消化不良のような感覚に襲われています。

 往々にして思うように勝てないときはそんなものですが、J1昇格レースが終盤に差し掛かったいま、いつまでもそんなことを言っているわけにはいきません。悪くない状況というのは、あくまでも現在のチーム状況と、残り試合や上位との勝ち点差を比較した中での判断であり、今のチーム状況が変わらないまま試合だけが消化されるのであれば、それは確実に悪い状況へと変わっていきます。とにかく、これまで積み重ねてきた経験や、物事の考え方、試合に臨む姿勢などを統一しなければなりません。

 そんな中で迎える九州ダービー。非常に難しい試合になると予想しています。鳥栖はクラブとして福岡を叩くという姿勢を明確に表しており、クラブが主体になって鳥栖に関わる全ての人たちを巻き込んで戦おうとしているからです。けれど、そういう試合だからこそ、ここでの勝利は単なる1勝ではなく、今の福岡の現状を変えることができる大きな推進力にもなると考えています。厳しい試合は望むところです。

「J1昇格や、九州ダービーとか、いろんなものが重なって意味深い試合になる。相手も福岡に対して他のチームとは違う気持ちでやってくる。それを受けるのではなく、この前敗れているのでチャレンジャーの気持ちでやる」(布部陽功)。サポーターも強い気持を持ち、そして今まで以上に一丸となって鳥栖スタジアムへ集結することを決めています。今シーズンの行方を左右することになるかも知れない意味深い試合。どんなことがあっても、勝ち点3を手にするしかありません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。