「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事な試合運び

見事なまでの完勝

 難しい試合になることを覚悟していましたが、見事な戦いぶりでした。勝敗を分けたのは立ち上がりの時間帯。相手が前に出てくるところを下がらずに真っ向から受け止めて、こちらも前に出ることで主導権を奪ったことにあります。3バックに変えてから福岡が求めるスタイルが、より鮮明になってきましたが、守備のために陣形を整えるのではなく、まずは前に出て主導権を握ることで相手に攻めさせないことが福岡にとっての生命線であることを、改めて強く印象づけられました。

 そして、見事な試合運びでもありました。試合途中で4バックに変えて、少し下がったところで深みを持たせてゆったりとボールを回し、相手が喰いついてくれば、そのためにできるスペースを使って前へ出る。しかし、決して攻め急がず。確実に相手陣内の深いところまでボールを運んで時間を使い、隙があると見るや、田中佑昌のスピードを生かして縦へ一気に勝負を仕掛ける。その使い分けが見事でした。

 中盤の流動性も圧巻でした。久藤と宮崎が巧みなポジショニングと仕掛けで中盤にスペースを作り、そのスペースをアレックスとリンコンが使う。あるいは、リンコン、アレックスに入ったボールをサポートして宮崎が自在に前に飛び出す。そして、久藤がワンボランチの位置に入った後半は、久藤のアイデア溢れる配給で山形を翻弄しました。おそらく、ここまでの試合の中で、これほどまでにゲームをコントロールしてしまった試合はなかったように思います。

 意外と言えば意外ですが、ゲームスタッツを見ると、シュート数やGKの数などのほとんどの項目で山形が上回っています。にも拘わらず、90分間を通して安心してゲームが見られたのは、それだけ支配権を握っていたということ。山形のプレーは、そのほとんどが福岡の手のひらの中で泳がされていたといった感じでした。特に2点目を奪ってからは、山形は何もすることがなくなってしまいました。結果、内容ともに満足のいく試合でした。

 福岡好調の最大の原因は、90分間の中で試合の流れを読みながらゲームを運ぶ力が付いてきたということ。上位陣との過去の対戦は、主導権を握りながらも、相手が反撃に出てきたときに自分たちでリズムを崩すというのがパターンでしたが、ゲーム運びの巧みさが出てきたいま、どんな試合運びを見せてくれるのか非常に楽しみになってきました。いま、風は福岡に吹いています。この風を掴むべく、次の試合でも自分たちのサッカーを思う存分披露してもらいたいものです。

コメント

表現は適切でないかもしれないけど、
リンコンのPK、相手のミスをつく2点目、
思わず足がとまるぐらいにオフサイドと
思った3点目、運もついてきたかな~と
思いました。
さあ、次だ~待ってろ京都!と思うといつも、
痛い目にあうので控えめに、大負けしなければ大丈夫としておきましょう(笑)
しかし、林くんの、元気の無さが
気になりました。ここはイケイケ!だと思ったし
例え点がとれなくても、リトバルスキーの言う
ハードワークしていないのじゃないかなって!
失うものはないのだから、走ろうよ!
って思います。ふぁいと~林くん!

>中野さんへ

返事が遅れてすいませんでした。
京都戦の後に、いい返事が書ければと思っていましたが、それも・・・。
けれど、15試合を残しての勝ち点差6は、まだまだ十分に追いつける差。非常に悔しい思いをしていますが、同時に、札幌、京都、仙台にことごとく敗れながら、現在の位置にいるのは、本当についているという気もしています。何度も失敗を繰り返していますが、挽回のチャンスをサッカーの神様がくれている以上、それをものにしなければいけません。

それを実現するには、やはり控え選手の充実は欠かせません。林には、あとがないつもりで頑張ってほしいものです。現実に対する認識が足りないようにも思いますが、これからの自分の人生を決める数カ月になるはずなので、本気で変わる姿を見せてほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。