「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらぬ姿勢で

ひと足先に、やって来ました

 台風の影響を避けるため、1日早く徳島に来ています。中国・四国地方での台風の影響は昼過ぎから出始めて、岡山から四国へ渡る快速マリンライナーは、14:00以降は運行停止。新幹線に乗るのが後1本遅かったら岡山で足止めされるところでした。今日の予定をいくつかキャンセルしての移動でしたが、関係者の皆様、勝手を許していただいてありがとうございました。現在は強風域にありますが、台風情報からすると何とか試合は開催できそうです。

 さて、今シーズンの福岡は2連勝が4回。それ以上の連勝は1度もありません。この順位にいながら2連勝しかないというのも不思議なものですが、明日は、今シーズン初の3連勝を目指して徳島と戦います。徳島は現在4連敗中。しかも3選手が出場停止ということもあって、福岡有利は動かないようにも見えますが、順位にかかわらず侮れる相手がいないのが今シーズンのJ2の特徴。確実に勝てる相手などは存在しません。前節同様、後がない気持ちで臨まなければいけません。

 リトバルスキー監督も表情を崩していません。「チームは調子を上げている。しかし、矛盾するようだが難しい試合になるのではないか。我々を警戒されて守備を固められた場合、ゴールを奪うことは難しい」。ポイントは、守りを固める相手をサイドからどう崩すかということ。今週の練習は、暑さ対策のためにボールポゼッションする時間帯を増やすことと、サイドでのバリエーションを増やすためのトレーニングメニューが多く取り入れられていましたが、その成果が問われる戦いでもあります。

 そして、もうひとつの注目は、攻撃をやりきってしまえるかどうか。草津、東京Vと内容のある試合をした福岡ですが、相変わらずの課題は、いい形でカウンターを仕掛けながらシュートで終われないこと。シュートを打てないにしても、プレーをきちんと切ってしまわなければ、背負ったリスクは、そのままピンチに変わります。技術はすぐに変化することは難しくても、戦い方は意識次第で変えられるもの。変化が見えることを期待したいと思います。

 少しずつチームに統一感のようなものが見え始めた福岡ですが、1年でのJ1復帰を果たすためには、敗戦はおろか引き分けも許されず、勝ち続けなければいけない状況に変わりはありません。東京V戦の勝利も終わってしまえば過去のこと。単なる勝ち点3という結果を得たということに過ぎず、また、前節の試合が次の試合の勝利を保障してくれるわけでもありません。いつものように、常に目の前の1戦に全力をかけて戦うという気持ちで臨んでほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。