「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うようにならない時にどうするか

思うようにならない時にどうするか

 サッカーに限らず、「思うようにならない時にどう対応するか」というのは常に我々に課せられている課題のように思います。見て見ぬふりをする者。パニックに陥る者。原因を何かに転嫁する者。逃げだしてしまう者。いろんなパターンがありますが、結局のところ、原因を自分の中に求め、正面からぶつかっていくことでしか解決方法は見つからないものです。そして福岡は、まさに「思うようにならない時にどうするか」ということが問われています。

 アウェー取材に行った時に、J's GOALのホームゲーム担当者と話をするのですが、多くの担当者が「福岡が一番強い」「一番いいサッカーをしている」と言ってくれます。年長である私に遠慮している部分もあるのでしょうが(汗)、上位チーム以外と対戦する時の福岡は確かに強い。先日、あるプレビューで「弱い者いじめ」などと表現されましたが(汗)、思い通りのサッカーを展開する時の福岡は敵なしに見えるものです。

 ところが、互角の相手との戦いでは自分たちの思い通りにできる時間帯は制限されます。それは、福岡にとっても、相手にとっても同じこと。そんな相手を圧倒する試合など、1年のうちに何回もできるものではありません。様々な伏線を張りながら、こまめにジャブを打ちながら、そして相手が仕掛けてくるところを凌ぎながら、自分たちの強みを発揮する方法を探るのが勝利への道です。けれど福岡はそこを抑えられない。リズムが悪くなると自分たちのサッカーができなくなってしまいます。

 草津戦でも、その傾向が見られました。前半は文句のつけようのないサッカーを展開しながら、相手に捨て身で来られた後半は防戦一方。完勝したにもかかわらず、重苦しい気分にさせられたものです。その反面、これまでとは違う印象も受けました。押し込まれる展開ながらも、バラバラになるのではなく、チームとしての約束事を守ろうとする姿勢があったように感じたのです。ミスが多すぎて、その姿勢も功を奏すことはありませんでしたが、何かが変わりつつあるように感じました。

 その印象が本物なのか。それとも私の単なる贔屓目なのか。その答えは今日の東京V戦で見えるかもしれません。フッキがいないとはいえ、東京Vは侮れるチームではありません。草津戦で見せた攻撃の全てが通用するわけではないし、ディエゴを中心にした攻撃にピンチを招くことも少なくないはずです。その中で、全員が最後まで統一感を持って約束事を徹底できれば、今日の試合は大きなターニングポイントになるはずです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。