「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津戦の3バック

群馬県立敷島公園県営陸上競技場

 草津戦のテーマは「3バックシステムが機能するか」ということでした。草津の出来が悪すぎたということを差し引かなければいけませんが、初めての実践ということを考えれば、まずまずの出来だったと思います。ただ、福岡のフォーメーションを3バックと表現するのは、私には多少違和感があります。いわゆる従来のマンマークを付ける守り方とは違うからです。どちらかと言えば、「4バックの変形」といった方がしっくりするのかなと感じています。

 3枚のDFラインを採用したのは守備の構築が目的ではなく、ゴールを取るために攻撃の人数を増やしたいためです。しかし、守備は本来の4枚によるゾーンディフェンスを変更したくない。そこで、選手の配置を3-1-4-2にして、3枚のDFラインの前にいる布部陽功が、攻撃の時は前をフォローし、相手がサイドへボールを展開した時は、ボールサイドのSBが外へ流れて、空いた中央のスペースへ布部が戻って4枚で守るという形をとっています。

 攻撃面で言えば、スコアが示しているように抜群だったと思います。中盤で常に1人が余る形をとる福岡は、草津のSBが久永辰徳、田中佑昌の突破に対応するために出てきた裏のスペースへ余った1人が飛び出したり、あるいは中盤の高い位置で起点を作ったりと、自由奔放に人とボールを動かして草津の守備網を切り崩しました。あれだけ前を向いて自由にプレーされては、草津はなす術もありませんでした。

 では守備面ではどうか。練習では布部が最終ラインへはいることを繰り返していましたが、実際には布部を中心に臨機応変に対応していたようです。様々なパターンに対応するために、事前に選手同士でかなり話し合いをしたようですが、ゲーム中にもその様子が非常によく感じられました。ただし、十分に機能するかという判断は少し先送りになりました。福岡の守備がまずかったということではなく、草津が攻撃に関して積極的に姿勢を見せなかったからです。

 相手に攻めさせないというのが狙いのひとつですから、そういう意味では上手くいってはいますが、実際に攻めてきたときにどう対応できるかは、もう少し状況のいいチームと試合を重ねる必要がありそうです。守備の基本が大きく変わったわけではありませんが、布部が担う役割が非常に大きいので、彼をどうフォローするかが大きなポイント。布部を含めた4人に負担をかけないよう、前の選手がどれだけ高い位置でプレスをかけられるかが肝になりそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。