「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま思うこと(6) 一丸になって

まだ何も終わっていない

 ある種のショックを受けた仙台戦から中10日。福岡は明日、仕切り直しの1戦を迎えます。下位チームにはもちろん、上位チームにも1敗もできない状況は厳しいと言わざるを得ませんが、他チームの試合結果をコントロールできない以上、福岡がやるべきことは目の前の1戦に全力を尽くすことだけ。ただひたすら勝ち点を積み重ねて、相手の結果を待つだけです。全神経を集中して、すべての力を余すことなく結集しなければなりません。

 まだ半分近くを残す中で、こういう状況に追い込まれていることは本意ではありませんが、これが勝負の世界の厳しさ。この苦しさに負けるようなら、もともとJ1復帰などできないチームだったということです。苦しくなればなるほど、人は本当の姿を見せます。この苦しみに押しつぶされてしまうだけのチームなのか。それとも、跳ね返して再び昇格争いの中心に顔を見せられる力を持ったチームなのか。福岡の真価が問われることになります。

 もちろん、それは監督や現場スタッフ、選手だけに求められているものではありません。いつも言うことですが、チームの力とは、フロント、職員、サポーター、メディア、そして福岡に住む人たちの力も含めて、すべての力の集合体。それぞれの人たちが何を思い、どう行動するかですべてが決まります。批判のための批判を繰り返したり、勝てない不満を爆発させるだけでは前へは進めません。クラブに対する本当の思いが試されています。

 それぞれの立場で、それぞれの責任を力の限りに全うすること。「○○できない」「○○は無理」などと口にせず、やるべきことを、どうやったらできるのかを考えること。それを実行すること。そして互いに妥協を許さないこと。それがすべての人に求められています。出来ないことを許容しながら励まし合うのが一丸となるということではありません。1人、1人がやるべき責任を力の限りに果たすこと、それが一丸となるということです。

 置かれている現状や、済んでしまったことを悔やむだけでは何も生まれません。先のことを考えて不安になるなら戦う資格はありません。結果が出る前から逃げ出す先を見つけようとするなら勝負の世界に身を置くことさえ許されません。勝負には痛みはつきものです。その痛みから逃げて楽になるのか。苦しみに正面からぶつかって美酒を味わうのか。私は後者を選びたいと思っています。そこから得るものが必ずあると信じるからです。
(終わり)

コメント

はじめまして!
・・・と言っても個人的には雁の巣やスタジアムでよくお見かけするので、初めましてという気がしないんですが^^;人見知りでなかなか話しかけれずにいます・・・。先週の日曜日の雁の巣では真後ろに中倉さんが座られて、勝手に緊張してました^^;
今日、J'sサッカーの記事読ませていただきました。中倉さんの記事にはいつも胸をうたれます!!今回の記事も最高でした^^
自分はまだまだアビサポ歴は浅いのですが、12年の歴史で学び、築き上げた福岡のサポーターの在り方をしっかりと胸に今後も応援していきたいと思います!

明日は絶対勝ちましょう!!

>イズ さんへ

初めまして。そしてコメントありがとうございます。
おまけに、ありがたすぎるお褒めの言葉までいただいて、脂汗を流しています(汗)。私は某金融機関のサラリーマンから、この職業に転身しましたが、その後押しをしてくれたのは、福岡のメディアの方たちであり、クラブの方たちであり、そして、多くのサポーターの皆さんでした。皆さんの支えがあって今の自分があると強く感じています。そんなわけですから、よろしかったら、お声をかけてください。大丈夫です。決して睨み返したりなどしませんから(笑)。

さて、明日の大一番に備えて、頭をいつもより2ミリ短く刈ってきました。そして夏の取材用に、新しくネイビーのポロシャツも手に入れました。準備は万端。明日は絶対に勝ちましょう!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。