「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利あるのみ

勝利あるのみ

「上位チームに対して勝ち点を取らないと差が縮まらない。叩き潰して勝ち点3を取りたい。もう負けることは許されない。1試合、1試合、全力でやるだけ」。中2日で迎える仙台戦を前に、神山竜一が力強く話してくれました。悲壮感ではなく、必ず自分たちの力でJ1復帰を果たすという力強い思いが伝わってくる言葉でした。試合を重ねるごとに逞しさを感じさせるようになってきた神山。仙台戦でも素晴らしいプレーを見せてくれるはずです。

 さて、札幌に負けたことで状況は徐々に厳しくなりつつあります。下位に取りこぼすことは許されず、上位にはは絶対に勝たなければいけない。とにかく勝ち続けるしかなく、相手の結果よりも、まずは自分たちが勝たなければ何も動かない状況になりました。しかし、まだまだ勝負はこれから。目の前の1試合に全ての力を発揮することだけに専念して戦えば必ず道は開けます。あとはやるのか、やらないのか。そういうことだと思います。

 福岡も、仙台も勝ち点3を取らなければいけない試合は激しい攻防になることは間違いありません。仙台は中盤でのパスワークからゴールを陥れるチームですが、実際にはロペス、梁勇基の個人の力をベースにしたチーム。そのキープ力を生かして両サイドが高い位置に張り出し、前がかりになって攻撃を仕掛けます。守備に回った時も、中途半端な位置に残って虎視眈々とゴールを狙っているロペス、梁勇基の動きは要注意です。

 反面、ボールを奪われた時に、ボランチが一度素早く戻るので、中盤には比較的スペースが生まれます。福岡にとってはここが狙い目。ここ数試合を見る限り、福岡は比較的落ち着いてボールを回せるようになっており、ここのスペースを使うことができれば試合を優位に進められるはず。久永辰徳、田中佑昌は好調を維持しており、高い位置取りをする仙台の両サイドの裏は福岡にとっては狙いどころ。サイドでの駆け引きが試合の流れを左右することになるはずです。

 試合は一進一退。どちらにもチャンスがあり、ピンチがあり、最後まで気を抜けない展開になることは間違いありません。攻撃的な姿勢が特徴の仙台は前から出てくるでしょうが、その戦い方に慌てないこと。しっかりと守備を構築さえすれば、仙台は攻め急いで中央からの攻撃が増える傾向もあり、そうなれば守ることはそれほど難しくはありません。あとは、課題であるディテールのところを抑えきれるかどうか。過去2試合は、そこでゴールを奪われましたが、今度はこちらがゴールを決める番。サポーターとともに勝利の雄叫びをあげたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。