「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FW陣の梃入れが全ての鍵

西京極陸上競技場にて
90分間に渡って走り回り、貴重なゴールを挙げた田中佑昌は、試合後、左足に氷をぐるぐる巻きにするという
痛々しい姿で競技場を去りました。その姿を見たFW陣が奮起してくれることを望みたいものです


 ただ、ただ悔しさの残る敗戦でした。
 ゲームの内容なら・・・、やっているサッカーの質なら・・・、相手のパターンは分かりきっていたのに・・・。いろんな言葉が口から出そうになりますが、負けてしまったら何も言えません。だから余計に悔しさだけが心に残りました。選手たちは本当に頑張っていると思います。しかし、いかんせんFW陣が駒不足です。ゲームを支配しても、ゴールにつながるプレーが出来なければ結局はやられる。そんな試合でした。

 失点のシーンも気になりました。右サイドから簡単にクロスを入れられて、中央に入ってくる相手の選手をフリーにしてヘディングでやられる。これは、千葉戦、甲府戦で喫した失点と全く同じ形でした。守備組織全体は崩れているわけではありませんが、クロスをいれさせないことと、ゾーンでの受け渡しが福岡の守備の生命線。すでに3回も繰り返しましたから、間違っても同じことをしないという覚悟が必要だろうと思います。

 引き続き我慢のときです。勝てない原因がサッカーにあるわけではありませんから戦術自体の変更は必要はありませんし、攻撃と違って守備は組織でやるものですから、約束事を再徹底すれば穴が広がることもないと思います。では、どうやったら原因であるFWの駒不足が解消できるのか。補強も含めて、クラブ全員で議論し、それぞれの立場の役割を明確にし、それを全うするしかありません。

 長谷川統括グループ長は補強を考えることを示唆しましたが、現有戦力の1人、1人が自分の置かれている立場と責任を自覚してトレーニングに取り組むことも補強と同じくらいに大事なことです。FWでありながら出場機会を掴めず、回ってきたチャンスにも頑張りを見せられないFWではチームは勝てません。自分のプレーがチームのJ1定着に大きな影響を与えることを、FW陣にはもっと強く自覚してもらいたいと思います。少なくとも去年と同じ気持ちではJ1ではやっていけません。

コメント

初めて投稿させていただきます。埼玉在住のサポーターです。シーズン当初から不安視されてましたFWの駒不足が、これほど早い時期に顕著になるとは思っておりませんでした。しかしそれ以上に、この非常事態に出場機会を得た選手が結果を出せてないばかりか、今後になんら期待を持たせることがなく、奮起を期待できない状況であることが非常に残念です。しかし考えようによってはまだ6試合が終わっただけです。シーズン終盤の大事な時期ではなく、この時期に課題が浮き彫りになったことをプラスと考え、補強を含め打開を図りたいものです。何よりまずは、スタジアムに駆けつけて後押ししたいと思います。自分自身、まだ千葉と甲府で勝ち点2しか獲得できてないですから。

 初投稿、ありがとうございます。

 仰るとおりだと思います。いずれにせよ、グラウシオと田中佑昌だけで1シーズンを乗り越えることなど出来ないわけですから、早い時期に問題が顕在化したことは悪いことではありません。

 いましなければいけないことは、現状を悔やむことよりも、どうやって問題を解決するか、一丸となって取り組むことだと思います。出場機会を得た選手は何が何でも結果を出すこと。フロントは補強に向けて全精力をつぎ込むこと。サポーターは精一杯の声援を送ること。そして、福岡にかかわる全ての人たちが、自分の立場で出来ることを精一杯やることだと理解しています。チームが直面している問題を人ごととして捉えるのではなく、全ての人が自分の問題として捉えて一丸になって前に進むことだと思います。

 私も自分の立場で出来ることを見つめながら、チームと一緒に1年間を戦いたいと思っています。今年も全試合を取材します。試合前には必ずゴール裏に顔を出すことにしていますので、よろしかったら声でもかけてください。サッカーを、アビスパを愛する仲間として精一杯戦いましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。