「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次に勝ってこそ意味がある

博多の森にそびえる我らが聖地

 久しぶりに何の心配もせずに見られた試合でした。水戸の状態が悪すぎたこともありましたが、90分間にわたってリズムを崩さず、安定した戦いができたことが何よりの収穫でした。これまでなら、3点目を狙うあまりに前がかりになり、自らペースを乱すこともありましたが、水戸が前に出てきた時間帯は、しっかりとした守備からカウンターという定石通りの戦いができていたように思います。内容も、結果も求められる試合で、両方とも答を出したといえる試合でした。

 そんな試合の中で目を引いた選手が2人いました。1人は山形恭平。ここまで攻撃面では良さを発揮するものの、攻めに出た後ろのスペースを突かれることが多かったのですが、ボランチの位置でのプレーでは、全体のバランスに気を配り、攻守に渡って活躍をしてくれました。先日の仙台戦でボランチでプレーしたときも守備での活躍が目立ち、ボランチとしての可能性を感じさせていましたが、十分にこの位置でプレーできることを示したと思います。

 そしてもう1人が田中佑昌です。敗れたC大阪戦の後半から、何やら鬼気迫るものを感じさせるようになっていた田中ですが、いつものように鋭いサイド突破を見せたばかりではなく、ゴールも決め、守備に回っても相手から何度もボールを奪い返すなど、素晴らしい出来だったと思います。リトバルスキー監督も「彼にとっては、これまでで最もいい試合だったと思う」と評価していました。まだクロスボールの精度に課題を残していますが、覚醒まで後一歩。そんな思いを抱かせてくれました。

 ただし、すべての問題が解決したと判断するには早すぎます。ほとんどの選手が水戸のプレスの甘さを口にした通り、自分たちのサッカーが出来たのは、水戸がほとんど前に出てこなかったから。プレスをかけられた時にも、この日と同じ戦い方ができるかどうかが次の課題と言えます。次節から続く湘南、札幌、仙台との3連戦は、福岡にとっての大きな山場。ここで、水戸戦のサッカーを再現できれば反撃態勢が整ったと言えるかも知れません。

 もちろん、選手たちも、そのことは十分に承知しています。「これからが本当の勝負。これを続けないと意味がない。一喜一憂していたらいけない。勝っている時こそ引き締めないと。負けたら意味がなくなってしまう」とは布部陽功。神山竜一も、「湘南を直接たたいて、いい形で第2クールをおえて、第3クールもいい形で連勝できればJ1昇格が見えてくる。もう負けられない」と気持ちを引き締めていました。まずは目の前の湘南戦。しっかりと勝ち点3を手に入れたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。